お引越し・出戻りさん 初期費用半額 キャンペーン もうすぐ終了

Win FFFTP(FTPS対応版)の設定

FFFTPは一度開発が終了されましたが、その後有志による開発が行われているFTPソフトです。バージョン1.98cから、FTPSにも対応しました。

ダウンロードは【SourceForge.JPのFFFTPプロジェクト】より行えます。

※1.98cより以前のバージョンはFTPS対応ではありません。

FFFTPを使ったFTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)での設定方法をご説明します。

FTPESをご利用いただくと、暗号化された状態で通信が行われ、データの
送受信をより安全に行うことが可能となります。
ぜひご活用ください。


FFFTPの初期設定

FFFTPを起動
FFFTP

新規ホストを選択
『ホスト一覧』というウィンドウが開きますので、『新規ホスト(N)...』をクリックします。
FFFTPの初期設定

ホストの設定画面でアカウント情報を入力
『ホストの設定』ウィンドウが開きます。ここで図の様にお客様の情報を入力します。お客様のFTPSサーバー、FTP・WebDAVアカウント、FTP・WebDAVパスワードは、【ユーザー専用ページ】の『アカウント情報』に記載されています。
FFFTPの初期設定

ホストの設定名(T)

設定名を入力します。任意です。お好みの名前でかまいません。

ホスト名(アドレス)

お客様の『FTPSサーバー』を入力します。

『FTPサーバー』のアドレスとは違いますので、入力間違いにご注意ください。『FTPSサーバー』のアドレスでないと、暗号化されず安全ではありません。

ユーザ名(U)

お客様の『FTP・WebDAVアカウント』を入力します。

パスワード / パスフレーズ(P)

お客様の『FTP・WebDAVパスワード』を入力します。

ローカルの初期フォルダ(L)

お客様が作成されたホームページデータのあるディレクトリを指定します。任意です。

ホストの初期フォルダ(R)

サーバー側にあるディレクトリを指定します。ここで指定したディレクトリがサーバー側のファイル一覧で最初に表示されます。こちらも任意です。


FTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)の設定
お客様情報を入力後、ホスト設定のウィンドウの「暗号化」のタブから、FTPESの設定を行います。
初期状態では、「暗号化なしで接続を許可」「FTPS(Explicit)で接続」「FTPS(Implicit)で接続」 の3つにチェックが入った状態です。
これを「FTPS(Explicit)で接続」のみにチェックが入っている状態にしてください。これで、FTPESの設定は完了です。
FTPS接続設定
設定が終わりましたら、『ホストの設定』ウィンドウの『OK』ボタンをクリックします。以上で初期設定が完了しました。次の設定にお進みください。

FTPS接続設定

FTPSサーバに接続
『ホスト一覧』ウィンドウに、先ほど設定した項目『LOLIPOP』が追加されています。これを選択し、『接続(S)』ボタンをクリックします。
FTPS接続設定

ファイル一覧の表示
接続に成功すると、以下のようなウィンドウが開きます。
左の枠に、先ほど設定した『ローカルの初期フォルダ』内のファイル一覧が表示されています。右の枠に、FTPSサーバー内のファイル一覧が表示されています。(先ほど「ホストの初期フォルダ」を指定していれば、そのディレクトリ内のファイル一覧が右の枠に表示されます)
接続に失敗する場合…FAQの【FTPに接続ができません。】の項目をご覧ください。
FTPS接続設定
以上でFTPS接続完了です。次の項目にお進みください。

ファイルの操作

ファイルのアップロード
左の枠から転送したいファイルを選択し、右の枠にドラッグ&ドロップします。
ファイルの操作

ファイルのその他の操作
右の枠内の対象ファイルを右クリックする事で各操作が可能です。
ファイルの操作

ダウンロード(D)

ファイルをダウンロードします。

削除(R)

ファイルを削除します。

属性変更(A)

パーミッションを変更出来ます。

FTPソフトの設定方法へ
マニュアルのトップへ
お申込みはコチラ!無料お試し10日間