Windows版 パソコン用ウイルス対策ソフトの基本操作

Windows版 パソコン用ウイルス対策ソフトエフセキュア PCプロテクション プラスの基本操作についてご説明します。

メイン画面について

エフセキュア PCプロテクション プラスを開きます。

メイン画面について

パソコンを起動するたびにメイン画面を開く必要はありません。
正しくインストールすると、パソコンの起動とともに自動で常駐し、パソコンを保護します。

メイン画面の構成
メイン画面の構成
切替ボタン
「ステータス」、「ツール」、「統計情報」をクリックすると、表示が切り替わります。
リンク
「ヘルプ」、「Contact Support」、「ライセンスを表示」、「本製品について」のリンクをクリックすると、各Webページにアクセスできます。
Online Safety/F-Secure社サイトへのリンク
画面下部には「Online Safety」の画面を開くリンクと、F-Secure社サイトへのリンクが配置されています。

ウイルススキャン

ウイルスに感染した疑いがある場合など、必要に応じてスキャンを実行してください。

スキャン開始
メイン画面にて「ウイルス スキャン」をクリックします。
スキャン開始
パソコンにより異なりますが、スキャンには1時間ほどかかります。
スキャン完了
スキャン終了後、「スキャンレポートを表示」をクリックするとスキャンレポートを確認できます。
メイン画面に戻るには「閉じる」をクリックします。
スキャン完了

オンラインヘルプについて

オンラインヘルプでは、目次やキーワード検索を利用し、読みたいトピックを探すことができます。

オンラインヘルプの表示
メイン画面にて「?」をクリックし、「ヘルプ」を開きます。
オンラインヘルプの表示
トピックの選択
ヘルプの内容がトピックごとに表示されますので、読みたいトピックをクリックします。
トピックの選択
キーワード検索
画面右上の検索フォームにキーワードを入力し、「検索」をクリックします。
キーワード検索
キーワードを含むトピックが表示されますので、読みたいトピックを選択します。
キーワード検索

一時停止方法

エフセキュア PCプロテクション プラスを一時的に停止する必要があるときは、無効機能で停止します。
再び有効にする場合は、デスクトップ上のアイコンをクリックします。

エフセキュア PCプロテクション プラスを停止している間は、パソコンは保護されませんのでご注意ください。
通常、無効機能は、他のアプリケーションをインストールする場合など、停止する必要があるときのみ行います。

無効(一時停止)にする
メイン画面にて「ツール」を開き、「すべてのセキュリティ機能を無効にする」をクリックします。
無効(一時停止)にする
「無効」をクリックします。
無効(一時停止)にする
有効にする
デスクトップ上の「エフセキュア PCプロテクション プラス」アイコンをクリックします。メイン画面が表示され、セキュリティ機能が有効になります。
有効にする

ペアレンタルコントロールの設定

ペアレンタルコントロールはWindowsの管理者権限がある方のみ設定できます。

Online Safetyの画面の表示
メイン画面にて「Online Safety」をクリックします。
Online Safetyの画面の表示
設定画面の表示
設定するユーザを選択し、「設定」をクリックします。
設定画面の表示
ブラウザ保護
「ブラウザ保護」を開きす。
右上のスイッチをクリックし「ON(緑色)」にします。
ブラウザ保護
コンテンツブロック
「コンテンツブロック」を開きます。
右上のスイッチをクリックし「ON(緑色)」にします。
コンテンツブロック
ブロックするコンテンツにチェックを入れます。
コンテンツブロック
検索エンジンのフィルタ
「検索エンジンのフィルタ」を開きます。
右上のスイッチをクリックし「ON(緑色)」にします。
検索エンジンのフィルタ
ブラウザの時間制限
「ブラウザの時間制限」を開きます。
右上のスイッチをクリックし「ON(緑色)」にします。
インターネットを利用できる時間帯と利用合計時間を設定します。
各項目の設定の後、「OK」をクリックします。
ブラウザの時間制限
  • ※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • ※MacはApple Inc.の登録商標です。

パソコン用ウイルス対策ソフトマニュアルのトップへ


マニュアルのトップへ