レンタルサーバーの比較ポイントとは

個人向け・法人向けサーバーの選び方

(画像引用:photo-AC

ブログやアフィリエイトを始める時は、ホームページが必要になります。つまり、最初にレンタルサーバーを用意しなくてはなりません。とはいえ、レンタルサーバーをどのように利用したらよいのか、どのサーバーを選べばよいのかなど、初心者にはわからないことだらけです。

この記事では、レンタルサーバーを利用するにあたり、個人向け、法人向け、それぞれの立場で比較し、選び方のポイントを紹介します。ぜひとも自分に合ったレンタルサーバー選びの参考にしてください。

【個人向け】レンタルサーバーの比較ポイント5選

(画像引用:photo-AC

個人向けのレンタルサーバー選びにおいて重要な比較ポイントを、5つご紹介します。レンタルサーバーについて詳しくない方も、このポイントをおさえておけば大丈夫です。自分に合ったレンタルサーバーが選べるようになります。

サイト規模に対してスペックが十分か

まず大事なことは、運営するサイトの規模に対して、必要な性能を満たしているかどうかです。サイトの規模が大きく、同時に多数の人からのアクセスが予想される場合、耐えられるスペックのサーバーを用意しなくてはなりません。

サイト規模に対して能力が足りないサーバーでは、集中したアクセスを処理しきれず、最悪の場合サーバーがダウンする可能性があります。せっかく訪問してくれたユーザーに目的とする情報を提供できず、企業としても機会損失になってしまいます。

サーバーを決める際には、運営するサイトの規模を考慮し、CPU(サーバーの処理能力)やメモリ(データの一時的な記憶容量)といったスペックを見て決めるようにしましょう。

手軽に導入できる価格かどうか

サーバー選びにおいて、価格は無視できない重要な要素です。レンタルサーバーを利用するためには「初期費用」と「月額費用」という2種類の費用がかかります。提供されるサービスに対して費用が適正かどうか、総額を見て判断しなくてはなりません。

スペックが高くてもあまりに高額すぎるサービスでは継続が難しいです。構築しようとしているサイトの目的や規模を見直し、自サイトに必要で充分な機能が、手軽に導入できる価格で提供されているか見極めましょう。

サポートが充実しているか

初心者がブログやアフィリエイトサイトを構築するとなると、エラーが表示されたり、専門用語が理解できなかったり、サーバーがダウンしたりと、次々に疑問点や問題点が生じることでしょう。

不明点が生じたときに、すぐに電話やメールで問い合わせできると非常に助かりますし、作業がはかどります。サーバー構築に慣れていないうちは、サポートが充実しているレンタルサーバーを選ぶことをオススメします。作業効率にも大きな差が出ます。

WordPressの簡単インストールが可能か

WordPressを使ったブログやアフィリエイトを始めるなら、サーバーにWordPressをインストールするところから始める必要があります。簡単にインストールできるかどうかは重要ポイントです。

簡単インストール機能を持たないレンタルサーバーを選んだ場合、インストール方法を自分で調査して、煩雑で細かい作業を間違えないように作業する必要があります。一つでも間違いがあるとWordPressは動作しないからです。

一方、簡単インストール機能を持ったレンタルサーバーを選べば、初心者でもやり方がわからずに作業が進まないといったことにはならないので安心です。

共有サーバーと専用サーバーの有無

レンタルサーバーには、大きく分けると、サーバーを何人かの利用者でシェアする「共有サーバー」と、自分専用のエリアを単独で借りる「専用サーバー」の2種類があります。

専用サーバーは、借り主が目的に応じて自由に使うことが可能なので、サーバー管理やセキュリティについての知識が豊富であれば使いやすいサービスです。

一方共有サーバーは契約者がシェアして使用するもので、サーバーの管理は業者におまかせできます。サーバーについての知識が豊富でなくても安心して使えるところがメリットです。一般的には、サイトの規模が小さい場合は手間の少ない共有サーバー、大きい場合は自由度が高い専用サーバーが向いています。ただサイト規模が小さい場合でも専用でないと実現できないサービスがありますので、目的に応じた使い分けが必要です。

【法人向け】レンタルサーバーの比較ポイント5選

(画像引用:photo-AC

法人として、レンタルサーバーを利用する際に、チェックすべき比較ポイントをご紹介します。ぜひ、法人向けレンタルサーバー選びの参考にしてください。

専用サーバーが利用可能かどうか

レンタルサーバーを法人サイト向けに利用する場合は、専用サーバーが利用可能であることがポイントです。共有サーバーは、費用をおさえて利用できる利点があるのですが、複数の利用者で共同利用するため、自分以外の利用者がサーバーのリソースを多く使用してサーバー全体に負荷がかかると、動作が不安定になることがあります。

サーバーがダウンして企業サイトが見えなくなるといった事態は企業の信頼性やコンプライアンスにも影響します。また、悪意ある不正アクセスに対してセキュリティがきちんと配慮されているかも信頼性を失わないために必要でしょう。

その点でも、法人の利用には、できる限り他の利用者の影響を受けない専用サーバーを選んだほうがよいでしょう。

LAMP環境が使えるかどうか

サーバー上にWEBページを展開するためには、まずベースとなる環境を作らなくてはなりません。最近のサイト構築環境の主流が「LAMP」環境です。

LAMPとは「Linux・Apache・MySQL・PHP」の頭文字を取ったもので、OS、WEBサーバーソフト、データベース、開発言語というWEBサイトを構築するために必要な、4つの基本システムの頭文字の組み合わせとなっています。

レンタルサーバーを選ぶとき、LAMP環境が使えるかどうか調べてからサーバーを選定するようにしましょう。

マルチドメインに対応しているか

マルチドメインとは、複数のドメインに対応していることです。サイトの運営をしていると、複数のドメインが必要になることがあります。主となるサイトとは別にECサイトを構築する、臨時のキャペーンサイトを開設する、本番のテスト用サイトを運用するといったケースです。

契約したサーバーがマルチドメインに対応していれば、新規にサーバー契約することなく、複数のドメインサイトを作れます。追加コストをかけずに、新しいサイトを増やすことができます。

常時SSL化できるか

httpsでURLが始まるWEBサイトは常時SSL化されています。情報が暗号化されており、安全に通信できることからユーザーの安心につながります。個人情報をやりとりしなければならないWebサイトでは特に必須の仕様です。

個人情報保護に関わるSSLの対応・非対応を、Googleが厳しくチェックするようにもなり、SSLに対応することは企業として大変重要な項目となりました。契約するレンタルサーバーでSSL化サービスがあるかどうか必ずチェックしましょう。また、SSLサービスには無料と有料があり、対応できる内容も変わるので、こちらもあわせてチェックしましょう。

付属するメールサーバーの規模が適切かどうか

レンタルサーバーに付属するメールサーバーの内容も、重要なチェック項目です。メールサーバーはいったん運用を開始すると、ほかのサーバーサービスへの切り替えは容易ではありません。利用開始前に、メールボックスの容量や、送信できるメール数、添付ファイルの容量上限などを詳しく調べ、条件に合ったものを選ぶようにしましょう。

メールサーバーの規模が自社の利用実態にそぐわないものであった場合、使用時に多くの制限が生じ、業務効率が落ちる可能性があります。

まとめ

レンタルサーバー選びは、個人の場合と、法人の場合ではややポイントが異なります。個人が契約するときに注意するポイント、法人が利用するときに注意するポイントに分けて、レンタルサーバーの選び方を解説しました。

ロリポップ!で一番人気のスタンダードプランは月額500円〜と比較的格安で、多くのお客様にご利用いただいています。独自ドメインも100個まで利用でき、データベースも30個用意しているので、複数サイトの運用にも向いています。
また、スタンダードプランには電話サポートもご用意しておりますので、導入に不安があるお客様にはスタンダードプランをおすすめします。

初めの10日間は無料で利用できますので、お気軽にお試しください。

ロリポップ!の10日間無料お試し利用はこちら

記事一覧に戻る