WordPressのためのレンタルサーバーの選び方

その比較ポイントとは

WordPressを活用してブログやホームページ運営をしたいと思っていませんか。そう思っていてもWordPressとほかのブログサービスとの違い、WordPressで何ができるか分からない人も多いでしょう。

この記事では、WordPressの特徴やメリット・デメリット、ブログサービスとの比較、WordPress対応サーバーの選び方を紹介します。ぜひブログ運営などの参考にしてください。

WordPressとは

WordPressとは、WordPress Foundationからリリースされているフリーのソフトウェアです。データベースがMySQLで構築されています。ブログだけでなくホームページの構築にも使用されています。WordPressと普通のブログやホームページとの違い、さらにWordPressを使うメリット・デメリットを紹介します。

普通のホームページとの違い

WordPressと一般的なブログサービスは以下の違いがあります。

  • アカウントを取得するのではなく自分で設置する
  • ブログにもホームページ運営にも使える

一般的なブログサービスの利用は、アカウント登録が必要です。一方でWordPressは無料で公開されているソフトです。自分でWordPressを使ってブログを作り、サーバーにアップロードして公開するためアカウントは必要ありません。

ブログサービスはあくまでブログ作成に特化したサービスです。一方でWordPressはブログ作成はもちろん、ホームページ作成も可能です。しかも、ひとつのサイトの枠組み内で複数のブログやホームページ運営もできます。

WordPressを使用するメリット・デメリット

WordPressは無料で使用できるソフトウェアのため、ブログやホームページ作成が気軽にできます。それ以外にもデザイン面やサイトの運営上でも多くのメリットがありますが、同時にデメリットもあります。

これらのメリット・デメリットを、ブログサービスや普通のホームページと比較して解説します。

メリット

WordPressは登録不要で無料で入手できます。さらに、見出しや太字、画像の挿入やリンク付けなどもWordのように操作可能です。「テキストモード」にすればhtmlソースやスタイルシートのコードを直接記述してブログやホームページを構築できます。テンプレートやプラグインも幅広く公開されているため、初心者から上級者まで幅広いユーザーが使えるソフトです。

さらに、WordPressはサーバーにアップして公開するため独自ドメインが使えます。独自ドメインを設定しておけばサーバー乗り換えなどでサイトの引っ越しをしても、サイトアドレスが変わりません。サイトを移動しても、今までのSEO効果や集客には影響が少ないメリットもあります。

デメリット

WordPressを使用するデメリットは、あくまでWordPressはソフトであり、公開するにはハードであるサーバーを用意する必要があることです。なお、WordPressにはブログサービス版の「WordPress.com」がありますが、利便性などを比べると一般的なブログサービスを利用したほうがよいといえるでしょう。

そのため、WordPressの特徴を最大限に活かしてブログやホームページを作るなら、サーバーの用意が必須です。

WordPress対応レンタルサーバーの比較ポイント

WordPressを利用してブログやホームページを運営するなら、サーバーが必要です。自分で構築する必要のないレンタルサーバーなら、気軽にWordPressを使ってのブログやホームページの運営ができます。次に、WordPress対応のレンタルサーバーを選ぶときに重視したい5つのポイントを見てみましょう。

サーバーの使用料

レンタルサーバーは、使用料金がかかります。一般的に容量が大きい、処理スピードが速いなどスペックの高いサーバーはそれだけできることの幅も広がりますし、閲覧者側からの表示スピードも速い、サーバーダウンが少ないなどのメリットがあります。しかし、その分料金も高い傾向にあります。

使用料金が高いほど、サイト運営の負担が大きくなります。まずは自分のサイト規模ややりたいことを考え、容量とコストのバランスが取れたサーバーの使用料のレンタルサーバーを選びましょう。

サーバーのスペック

レンタルサーバーのスペックが高ければ高いほど処理速度や利用できる容量、転送量などが大きくなります。自分が運営したブログやホームページの規模や、やりたいことのあわせてサーバーのスペックを決めるのが重要です。

たとえば、写真や画像などが中心になるサイトなら、閲覧者にストレスを与えないように処理速度の速さが重視されます。無料の音楽ファイル公開サイトなら、それだけ利用できるサイト容量の大きさが求められます。自分がブログやホーページでやりたいことを重視して、スペックを満たしているレンタルサーバーを選びましょう。

セキュリティの高さ

不特定多数の人がアクセスするブログやホームページでは、セキュリティの高さも求められます。レンタルサーバーでもデータを暗号化して送れるSSLや不正アクセスを遮断するファイアウォール、不正に悪意のあるアクセスの侵入を防げる感知システムIDSやIPSなどのセキュリティ対策を施しているレンタルサーバーも多くあります。

閲覧者や自分の保存しているファイル、そしてサーバーのデータベースを守るためにもセキュリティの高さや対策を行っているレンタルサーバーを選びましょう。

サービスの使いやすさ

WordPressをレンタルサーバーにアップロードする際には、ある程度ファイルのアップロードに関する知識、また専用のアップロードソフトが必要な場合があります。レンタルサーバーによってはユーザーインターフェイス(UI)から簡単にアップロードができる使いやすいサーバーもあります。

初めてブログやホームページ運営をしたい初心者なら、UIの使いやすさでレンタルサーバーを選ぶのもポイントです。

MySQLが使えるかどうか

WordPressを使ってブログやホームページを構築するときには、サイト1つにつき「MySQL」というデータベースが1つ必要になります。WordPressを使用するにはMySQLが利用可能なレンタルサーバーを選びましょう。

また、レンタルサーバーによってMySQLの可能設置数が異なります。複数のサイトを運営したいなら、複数のMySQLが設置できるレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

まとめ

WordPressは初心者はもちろん、長くブログやホームページを運営したい人にも向いていますが、アップロードやMySQLの設置が必須なので、サーバーを用意する必要があります。

使いやすいUIと24時間サポートで初心者にも安心のレンタルサーバーがロリポップ!です。ロリポップ!は設定不要で使えるWordPressの簡単インストールサービスがあり、サイトの内容や容量にあわせた料金が選べます。セキュリティ対策も万全で個人はもちろん、店舗や教育機関からの導入実績も豊富になっています。

初めてWordPressを使ってブログやホームページを作りたい人は、ぜひチェックしてみてください。

ロリポップ!について詳しくはこちら

記事一覧に戻る