レンタルサーバーを選ぶおすすめポイント8選

まずは手軽に始められるサービスから

(写真: photo AC

「ホームページ作成やブログを始めたい」と考えている方の中には、レンタルサーバーも検討したいが、数多くの種類があるのでどのように選べばいいのか悩む方も多いでしょう。各サーバーの違いが何なのか分からない人もいるはずです。

この記事では、レンタルサーバーを選ぶ際のおすすめポイントについてご紹介します。自分に最適な1台を選ぶ際の参考にしてみてください。

レンタルサーバーの種類

(写真:photo AC

レンタルサーバーの種類は、コストの有無によって分けられます。有料レンタルサーバーと無料レンタルサーバーではどのような違いがあるのか説明します。

有料レンタルサーバー

有料レンタルサーバーを利用するには、機能や期間によって設定された利用料金が必要です。ビジネスで利用する場合(サイト運営や自社HP、ブログなど)には、有料レンタルサーバーがおすすめです。費用がかかることはデメリットですが、無料レンタルサーバーにはない多くのメリットがあります。例えば、

  • ディスク容量が大きく表示速度も速い
  • 安定しているので維持管理にも不安が少ない
  • ドメインを自由に取得できる
  • 広告表示の有無を選択できる
  • さまざまなCMSを導入できる
  • 他のサーバーからの移動も容易である

このほかにも、サポート体制が整っているため、サーバー管理などの人件費も削減できるのがメリットです。

無料レンタルサーバー

無料レンタルサーバーのメリットは、料金が一切不要であることです。その分手軽にスタートすることができます。

デメリットは、有料レンタルサーバーのような自由度が少ないことです。代表的なレンタルサーバーは、あらかじめ用意された基本的な機能しか使えないことが多いです。また、広告表示がデフォルトの場合も多く信用度も下がりますし、表示速度が遅いなどのケースもあります。

レンタルサーバーを選ぶ際のおすすめポイント8選

(写真:photo AC

レンタルサーバーを選ぶポイントを順番に説明します。

費用が安い

ブログやサイトは一定期間利用することが多いので、運用コストは安ければその分利用しやすくなります。必要な機能を十分理解して選べば、費用を安く抑えながら満足のいく運用も可能でしょう。

しかし、格安だからいいというものでもありません。その分不安定だったりセキュリティ面に不安が大きく、データ消失や改ざんされるリスクもあるからです。

そのため、

  • 自身の目的にあったものを選ぶ
  • 実績があるものを選ぶ
  • 口コミ評価がいいなど信用性のあるものを選ぶ

ことをまず意識しましょう。

管理画面が使いやすい

できるだけシンプルな操作ができるサーバーを選ぶことも継続して運用するためには大切なポイントです。管理画面が複雑なものは、操作を間違えたりすることもあり、思うようなサイトを構築できない場合もあります。

レンタルサーバーを決める前には、まず実際の操作画面を触ってみたりお試しで使用してみましょう。本契約の前に使いやすさや見やすさを確認すれば、契約後にトラブルになることも少なくなります。

WordPressが簡単にインストールできる

WordPressを使ったブログやアフィリエイトを始めるなら、サーバーにWordPressを簡単にインストールできるかどうかも重要なポイントでしょう。

PHPというプログラムが多く稼働するWordPressでは、自分でインストールするためにはそれなりの知識が必要になります。間違ったインストールをしてしまうとWordPressが動作しないからです。

WordPressに対応していてもインストールが手動のレンタルサーバーもありますので、WordPressの使用を想定しているなら、そのような便利な機能を持ったサーバーを選びましょう。

SSL化が無料でできる

サイト構築にはセキュリティに対する意識も欠かせません。一般的にサイトのセキュリティ対策はページをSSL化することであることが多いですが、この機能が有料オプションの場合と無料で提供される場合があります。多くのサービス事業者では有料のケースが多いので、長く運用していくことを考えると、無料でSSL化できるレンタルサーバーであることも利用しやすいポイントになるでしょう。

バックアップ機能が付いている

WordPressを利用してブログやサイト運営をするときには、最初は操作に迷うことも多いものです、まずは、とにかく実際に操作をしてみることが覚える近道ですが、慣れないうちは間違ってデータの消失してしまう事故などもあります。

こんなときに便利なのがバックアップ機能です。バックアップ機能がないと重要なデータが一瞬で消えてしまうリスクがあります。バックアップ機能のあるものを選べば、なにかあった時にも簡単にサイトを復活できるので安心でしょう。

複数のサイトが運営できる

ブログやサイトを運営することに慣れてくると、コーポレートサイトやECサイトなど主となるサイト以外にも複数サイトの運営が必要になってくる場合もあります。一つのサーバーで一つしか運営しかできないと、新たにサーバーを借りることになりコストもかかります。

同じサイトの中でカテゴリを変えたいなど自由な運用をしたいときにもマルチドメインは欠かせません。複数のMtSQLが使用できるなどの機能があれば、複数のサイトの構築も気軽にできます。

サポートが充実している

初心者にとっては、わかりにくいシステム用語などで壁にぶつかることがあります。困ったときに気軽に相談できるサポート体制を持つレンタルサーバーを選びましょう。

Q&Aが充実しているだけでなく、不明な点の問い合わせも、電話やメールなどいくつかの手段があると安心です。最近ではリアルタイムで回答してくれるチャットサービスがある場合もあるので、対応してくれる時間帯などもあわせてチェックしておくとよいでしょう。

サーバーが安定している

アクセス数の増加が予想されたり、ひとつの記事にアクセスが集中したりする可能性がある場合は特に、アクセス数が増えても安定してサーバーが運用できることは重要なポイントです。サーバーの安定を決めるのは転送量で、表示したページの情報量×アクセス数で算出されます。サーバーで設定する転送量の上限を越えてしまうと、アクセス制限を受けたりページが表示されなくなったりしてしまいます。

自身のサイトのアクセス数や流入数を常に把握しておくことも大切ですが、最初からアクセス数が多くても安定して運用できるレンタルサーバーを選ぶことも重要です。より多くのアクセスを目指すなら、サーバーの安定性にも注目しておきましょう。

まずは手軽に始められるサーバーがおすすめ

初心者だけに限らず、手軽に始めるなら費用の負担が少なくサポート体制が整っているサービスを選ぶことが重要です。たとえば、

  • Wordliressの簡単インストール機能があるか
  • マルチドメイン設定が可能か
  • 無料でSSL化に対応しているか
  • バックアップ機能があるか
  • 十分なデータ転送量があるか
  • 電話サポートがあるか

などをポイントに、自分が欲しい機能を備えるサーバーを選ぶとよいでしょう。

まとめ

レンタルサーバーを選ぶポイントを説明しました。レンタルサーバーの種類は豊富にありますので、自分の目的をきちんと理解して、十分な機能を備えたレンタルサーバーを選びましょう。

ロリポップ!は画面がシンプルで、多くの機能が分かりやすく整理されているので、操作に詳しくなくても気軽に使えます。24時間メールでサポートしてくれるのでトラブルの際にも安心です。一番人気のスタンダードプランには電話サポートも付いています。200万サイトが運営されており、安定稼動率は99.99%以上と安心です。

WordPress簡単インストールもご用意していますので、自分にあったレンタルサーバーをお探しの方は、10日間無料体験できるロリポップ!で使いやすさを実感してみてはいかがでしょうか。

ロリポップ!の無料体験はこちら

記事一覧に戻る