無料レンタルサーバーのメリット・デメリット8選

利用する際に注意すべき点とは

(画像:ぱくたそ

WordPressなどでブログやホームページを作りたいので、レンタルサーバーを使ってみたい。でも、お金はかけたくない。このように考えている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、無料で利用できるレンタルサーバーのメリット・デメリットを解説します。

レンタルサーバーを検討するうえで、ぜひ参考にしてください。

無料と有料レンタルサーバーの違い

(画像:photo AC

無料と有料レンタルサーバーの違いは、主に次のようになります。

無料レンタルサーバー 有料レンタルサーバー
費用 無料 月額100円〜
サーバーの安定性 不安定 安定
容量 0.003〜1GBと低容量 月額100円で10GB〜
広告表示 自動的に表示* 非表示
独自ドメイン 非対応* 対応
プログラミング言語 PHP・MySQLなどに制限あり 制限なし
商用利用 NG* OK
サポート なし* 充実サポート

*無料レンタルサーバーでも一部、広告非表示・独自ドメイン対応・商用利用OK・サポートありのものもありますが、上記は一般的な仕様を記載しています。

無料レンタルサーバーは、個人がサーバーの勉強のために運営しているケースもあり、不安定な運営や利用条件、制限つきといった特徴があります。

以下では無料レンタルサーバーのメリットとデメリットを解説していきます。

無料レンタルサーバーのメリット

(写真:photo AC

まず、無料レンタルサーバーには、どんなメリットがあるのでしょうか。

サーバーを無料で利用できる

無料レンタルサーバーにおける最大のメリットは、無料、つまり月額費などのサーバー維持費を払わずに済む点です。

ブログなどを本格運用する前に試験的に導入したり、アフィリエイト目的で複数のブログに少量ずつ記事を掲載して、もっともアクセスが伸びそうなブログを見定めたりといった、テスト目的にも活用できます。

無料レンタルサーバーのデメリット

(画像:photo AC

無料レンタルサーバーは無料で使えるのが大きなメリットですが、その分多くのデメリットがあります。

サーバーの安定性が低い可能性がある

レンタルサーバーは、PC1台のハードディスク容量を複数のユーザーで共有します。

利益が出ない無料ユーザーは、少ない容量内にできるだけ多くのデータを保管しがちなので、サーバーも不安定になる場合が多いです。

また、無料レンタルサーバーの場合は個人運営も多いため、ユーザーの容量が許容量を超えたが、サーバーを増強する費用がないなどの理由で突然サービスが終了するケースがあります。

低容量のサービスが多い

無料レンタルサーバーで使える容量は平均0.003〜1GBと、非常に低容量です。

そのため、長期的に運用する場合は、途中で容量が不足してしまう可能性があります。

レンタルサーバーは、コース料金が高いユーザーほど多くの容量を使えるように設計されています。

たとえば、ロリポップ!では月額100円プランのディスク容量が10GBと、月にジュース1本分の費用で使える容量は10倍と大きく増やせます。

広告が自動的に表示される

レンタルサーバー業者がサーバーを維持するには費用が必要なため、利益が出ない一部の無料レンタルサーバーにおいては、ユーザーのブログやホームページに広告を表示して広告収入を得ている場合があります。

そのため、自分のブログやホームページに余計な広告を表示させたくない場合は、広告が表示されない無料レンタルサーバーや、有料レンタルサーバーを選ぶのがよいでしょう。

独自ドメインが利用できない場合がある

ドメインとは、インターネット上における、ブログやホームページのアドレス(住所)です。

特に、自分が好きな文字列で取得したドメインを、独自ドメインと呼びます。

無料ブログなどのアドレスは独自ドメインでないため、サービスが終了すればブログも消滅します。しかし、独自ドメインを持っていれば、ブログサービスを乗り換えてもアドレスは変わりません。

一部の無料レンタルサーバーでは、独自ドメイン設定ができない場合があり、サービスが終了すればブログなども消滅してしまいます。

これはブログなどの存続を考えると、致命的なデメリットです。

PHPやMySQLが利用できない場合がある

無料レンタルサービスでは、PHPなどの一部プログラミング言語や、MySQLなどのデータベース機能などが制限される場合が多いです。

プログラミングをしない人にとって、PHPやMySQLなどは不要に思えるかもしれませんが、実はブログやホームページの問い合わせ機能やWordPressの機能などを利用・作成するうえでは必要です。

しかし、サーバーに負荷がかかりやすいため、容量などが制限される無料レンタルサーバーでは対応していないケースがほとんどです。

商用利用ができない可能性がある

一部の無料レンタルサーバーでは、規約によって商用利用が禁止されている場合があります。

商用利用に含まれるのは、ホームページでの商品販売や実店舗のホームページ開設だけではなく、個人ブログでのアフィリエイトも対象です。

本格的なアフィリエイトだけではなく、Google AdSenceやAmazonアソシエイトを利用した、ブログの行間に広告を挟むようなアフィリエイトも含まれるため、ブログの運営がしづらくなります。

サポートに対応していない

無料レンタルサーバーはサーバー業者にとっては利益が出ないため、サポート体制が用意されていない場合がほとんどです。

そのため、何かの原因でブログやホームページにアクセスできないなど、サーバーに問題が起きた場合は、自力で対応する必要があります。

これに対して、有料レンタルサーバーの場合は、電話サポートなども含めた充実したサポート体制を用意しているため、トラブルの対応に自信がない人は有料レンタルサーバーを利用するのがよいでしょう。

サービスが終了する可能性がある

無料レンタルサーバーは有料レンタルサーバーよりも収益性が低いため、サービスが終了してしまう可能性があります。大きな例では、20年近く続いた無料ホームページ作成サービスのYahoo!ジオシティーズが2019年に閉鎖されました。

サービスが終了すると、最悪の場合、ホームページの取り出しができないこともありえます。また、取り出せたとしてもドメインが変わってしまうので、これまで閲覧してくれていたユーザーとの関わりも終了してしまいます。

本格的に運用したいなら有料レンタルサーバーがおすすめ

無料レンタルサーバーにおける「低容量」「独自ドメインNG」「商用利用NG」などのデメリットは、長期的な運用においては支障が出てきます。

そのため、ブログやホームページを本格的に運用したい場合には、有料レンタルサーバーの活用をおすすめします。

ロリポップ!

ロリポップ!

https://lolipop.jp/

有料レンタルサーバー「ロリポップ!」は、17周年目・170万人以上が利用と、長期的に安定した運営をしています。月額たった100円で10GB、人気のスタンダードプラン(月額500円)では120GBと、コストパフォーマンスの高い大容量が特徴です。

初心者には導入が難しいWordPressも、ボタンをクリックするだけで簡単にインストールできます。

安定した高速サーバーと24時間365日受付の充実サポート、さらには独自ドメインOK、広告非表示、商用利用OKと、ブログで手軽にアフィリエイトを始めてみたい人にはうれしいサービス内容です。

まとめ

無料レンタルサーバーは、無料で使えるのが大きなメリットです。

しかし、「サーバーや運営の不安定性」「低容量」「広告の自動表示」「独自ドメインNG」「PHPやMySQLなどの利用制限」「商用利用NG」「サポートなし」などのデメリットも多いです。

ブログなどを長期的に本格運用したい場合には、有料レンタルサーバーの活用を検討することをおすすめします。

ロリポップ!は、200万サイト以上で運営されており、多くの利用実績があります。24時間サポート対応で、一番人気のスタンダードプランでは電話サポートも付いていますので、安心してご利用いただけます。導入に不安があるお客様にはスタンダードプランをおすすめします。

初めの10日間は無料で利用できますので、お気軽にお試しください。

ロリポップ!の詳細はこちら

記事一覧に戻る