WordPress導入料金を項目ごとに解説!メリット・デメリットも紹介

ホームページ運営が初めての方向けに、WordPress(ワードプレス)の仕組みや料金、メリット・デメリットについて分かりやすく解説します。

(画像:写真AC

ホームページ制作の専門的な知識はないけれど、おしゃれなデザインのホームページを作りたいという方は多いのではないでしょうか。WordPressはそのような人々に広く愛用されています。

この記事では、WordPressの仕組みや料金、メリット・デメリットも含め説明します。Webの初歩的な知識も合わせて説明するので、ホームページ運営が初めての方はぜひ参考にしてください。

WordPress(ワードプレス)とは?

(画像:pixabay

WordPressとは、ブログ・ホームページなどを制作するためのシステムです。世界のホームページの34%がWordPressによって制作され、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)ではNo.1のシェア率を誇ります。CMSとはホームページ構築を自動的に行うシステムで、ホームページ構築の専門知識がなくても管理は簡単です。

WordPressは無償で公開されている「オープンソース」です。コストがかからず個人ブログでの導入も多く、高度な設定変更やアレンジができることから、企業のホームページにも活用されています。

WordPressは無料で使えるの?

(画像:pixabay

導入は無料で、初期費用及び運用の費用もかかりません。ただしWEB上の設置場所として、独自のドメインとサーバーが必要で、これらには費用がかかります。

WordPress利用で料金が発生する項目は?

(画像:pixabay

利用に際して、いくつかの項目でコストが発生します。ここではそれらの項目を解説していきます。

ドメイン・サーバー契約

WordPressの利用ではドメイン取得・サーバー契約が必要になります。両者の初期設定にかかる費用を合計すると、おおよそ1~3万円です。

ドメインの取得

ドメインとは「ネット上でのホームページの住所」です。具体的に「○○○.com」「△△△.net」などのURLを指します。ドメインを取得するためのサービスは多いですが、特にムームードメインは以下の理由でおすすめです。

  1. 400種類以上のドメインを取り扱っている
  2. ドメインの知識がなくても、専門スタッフがサポートしてくれる
  3. ホームページやメールで、取得したドメインをすぐに使える

取得・更新費用は変動する可能性がありますので、詳しくは公式ホームページをご確認ください。

参考:ドメインの価格一覧 ( 取得・更新・移管など ) | ムームードメイン

サーバーの契約

サーバーは、WordPressのシステムや文章、画像などのデータを格納する場所です。一般的に、大型のサーバーを複数のユーザーで共有する「レンタルサーバー」を使います。

レンタルサーバーを選ぶ際には、ます下記を考慮して選びましょう。

  • 処理能力:処理速度が高いほど、ユーザーが利用しやすい
  • 運営実績:長期間運営しているほど、今後の閉鎖リスクも低い
  • セキュリティ:システムが堅固なほど、ハッキングなどの被害に遭いにくい

上記の条件に加え、WordPressを利用する場合「PHP・MySQL」に対応していることが必須条件になります。

  • PHP:WordPressを動かすためのプログラミング言語
  • MySQL:WordPressの文章・画像などを格納するデータベース

ここまで書いた条件をすべて満たすレンタルサーバーでは、特にロリポップ!がおすすめです。ロリポップ!は上記の条件に加え、以下のような強みがあります。

  • 「WordPress簡単インストール」の機能(60秒で導入可)
  • 稼働率99.99%の安定・高速サーバー環境
  • 24時間365日、サポート専用窓口が電話・メールチャットで対応

費用(月額)は以下の通りです。(※2020年1月時点)

プラン 月額
エコノミー 100円
ライト 250円~
スタンダード 500円~
ハイスピード 1,000円~
エンタープライズ 2,000円~

(引用:ロリポップ!・公式ホームページ

一番人気のプランは「スタンダード」です。どのプランも10日間無料でお試しできます。気になる方は、ぜひ公式をチェックしてください。

テーマの選択・作成

WordPressのテーマとは「デザインのひな形」のことです。有料無料があり、多数のテーマから選べます。特に日本向けの有料テーマは「日本語フォントに最適化している」などの点で、有料であっても大きなメリットがあります。

有料テーマの値段は数千円~1万円程度です。しかし、テーマは安価で簡単に導入できる反面「他ホームページとデザインが重複しやすい」というデメリットがあります。他ホームページと重複しない、オリジナルのテーマ作成を制作会社に依頼する場合、下のような費用が目安となります。

  • 既存テーマのアレンジ:10~20万円
  • ゼロから完全なオリジナルを作成:30~50万円

プラグインの導入

プラグインとは「WordPressの追加機能」のこと。通常のWordPressではできない、様々な事ができるようになります。あるセキュリティ系のプラグインは、スパムコメントを非常に高い精度でブロックします。プラグインは無料で使えるものが多いですが、より高機能なものを利用したい場合、有料版を検討するとよいでしょう。

この費用はプラグインによって様々で、月額数百円のものもあれば、買い切りで5,000円~1万円程度のものもあります。

管理画面のカスタマイズ

管理画面の設定を変更したりカスタマイズするメリットは「操作が簡単になる」ことです。具体的には、以下のようなことができます。

  • 不要なメニューを非表示にできる
  • よく使うメニューを目立つ場所に設置できる
  • 初心者でも操作しやすいシンプルな画面になる

ページの作成

WordPressはあくまでホームページの「箱」に過ぎません。その中身となるテキストや画像を用意し、ページが作られます。中身の準備もすべて制作会社に依頼する場合、おおよそ1ページあたり1万円前後を目安にしましょう。自身・自社で作るのであれば、この費用はかかりません。

運用・保守管理

特にセキュリティ対策は重要です。世界的に利用されているWordPressは、外部から侵入しやすく、攻撃方法を研究されている可能性が高いからです。

不安な場合は、制作会社に運用・保守管理を依頼すれば、セキュリティ対策も合わせて任せられます。費用は依頼内容やホームページの規模にもよりますが、おおむね月額5000円~3万円程度が目安です。

制作費用の相場はどのぐらい?

既存のデザイン(テーマ)を応用して制作する場合の費用相場は、制作会社に依頼する場合15万円ほどが目安です。完全にオリジナルのデザインにする場合は、20~50万円程度を想定しましょう。

さらに有料プラグイン・ページ作成サービスなどを追加すると、それらの使用料が別途かかります。

WordPress利用のメリット・デメリットは?

(画像:pixabay

WordPressの利用はメリットもありますが、デメリットもあります。導入前に確認しておきましょう。

メリット

WordPressを利用するメリットは主に4つです。

無料で利用できる

テーマのアレンジや内容の作成などを自分で行うのであれば、全て無料です。

テーマの種類が豊富にある

WordPressのテーマは、世界中のクリエイターが様々なデザインを作っています。無料でも有料でも多くの選択肢があるのが利点です。

ページの更新がしやすい

通常のHTMLを使用したホームページでは「最新記事一覧」などの部分も、手動でいちいち書き換えなければなりません。また、書き換え後にFTPソフトなどでアップロードする作業も必要です。WordPressではこれらの更新作業が、記事の「公開」ボタンを押せば自動で行えます。

自由に機能・デザインをカスタマイズできる

WordPressは無料ブログと違い、機能やデザインを自由にアレンジできます。無料ブログは骨組みとなるプログラムまではいじれませんが、WordPressなら可能です。

デメリット

ここからは5つのデメリットを解説します。

プログラミングの知識がないと難しい

WordPressはPHPというプログラムで動作します。HTML(ホームページの構造を決めるプログラム)とCSS(ホームページの装飾をするプログラム)の知識だけではカスタマイズはできません。高度な設定変更をするには、PHPを習得するか制作会社に依頼しなければなりません。

SEO対策を自身で行う必要がある

WordPressによるホームページの制作では運営を自身・自社で行うことがほとんどでしょう。その場合、毎回アップする記事のSEO対策を自身で行う必要があります。

入念なセキュリティ対策が必要

WordPressは利用者が多いため、多くのハッカーが攻撃対象として研究を重ねています。そのため、セキュリティ対策を入念にする必要があります。

システム・プラグインの更新の手間がかかる

WordPress全体のシステムもプラグインも、それぞれ定期的に更新されます。この最新バージョンをインストールするなどの運用も若干の手間になります。

電話や日本語でのサポートがない

WordPressは無償のオープンソースのため、電話やメールでのサポートを受けられません。利用者が集まる質問フォーラムはありますが、英語のホームページが多く、回答がわかりづらいこともあるでしょう。

まとめ

WordPressは高度なカスタマイズが可能で、日々の更新もしやすい優れたシステムです。個人ブログでも企業ホームページでも、本格的なホームページ運営をしたい方は利用を検討してみると良いでしょう。

WordPressの導入の際のレンタルサーバーは、WordPressに対応しているものが必要です。ロリポップ!なら、UI(操作画面)が使いやすく、24時間365日のサポート対応と初心者でも安心して利用できます。

ロリポップ!は費用も格安なため、低コストでWordPressホームページを作りたい方にも最適です。全プラン10日間無料でお試しできるため、まずはお気軽に登録し、試してみてください。

ロリポップ!の10日間無料お試しはこちら

記事一覧に戻る