会社用のホームページを持った時に悩まない!用意すべきコンテンツのヒント

サーバーを契約して、Wordpressでホームページを開設した後に、何からはじめようか?と迷う方も多いのではないでしょうか?今回は、ホームページへの必須記載事項と言えるようなものについて説明したいと思います。

2020-11-5

サーバーを契約して、Wordpressでホームページを開設した後に、何からはじめようか?と迷う方も多いのではないでしょうか? 今回は、ホームページへの必須記載事項と言えるようなコンテンツについて説明したいと思います。

ホームページに用意するべきコンテンツは?

GMOペパボの場合

  • ニュース
  • サービス
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 採用情報
  • サイト内検索

という項目を、弊社では上記のコンテンツをホームページ内に設けています。また、画像のようなメニュー表示のことを「グローバルナビゲーション」と言います。グローバルナビゲーションは全ページに共通して設置されており、これがあることでホームページを訪れた人はそのホームページの概要を把握しやすくなり、目的の情報にたどり着きやすくなります。

また、「採用活動」も新卒・中途ともに積極的に行っているので、グローバルナビゲーションに項目として設けています。

各コンテンツに記載する内容は?

ここではGMOペパボのホームページを参考に、コンテンツの内容を解説していきます。

ニュース

企業から発信したい情報を「ニュース」というコンテンツで表示しています。「新サービスを開始しました。」「セミナー/イベントを行います。」「●●というサービスと連携することになりました。」などのお知らせを伝えていきます。

サービス

自社がどのようなサービスを展開しているのかを、サービスの種類に応じて項目分け(弊社の場合、「ホスティング」「EC支援」「ハンドメイド」「コミュニティ」という項目に分けています)を行い、サービスの具体的なページへと遷移できるようにしましょう。

具体的なサービスを羅列してもいいのですが、こうすることでお客様は利用目的から求めているサービスに到達しやすくなるため、より親切なホームページになります。

企業情報

ご存じですか?ホームページに会社概要と事例が必要な理由!でもご説明した通り、企業情報ページには情報を充足させましょう。

弊社では、会社概要の1つ手前に「トップメッセージ」や「企業理念」などを用意し、またご来社頂く方にオフィスを見つけて頂きやすいように、「アクセス」なども用意しています。

「会社概要」のページでは、「資本金」や「売上」を記載します。

採用情報

企業や組織を大きくするため、人材採用を行う場合は「採用情報」ページを設けることをおすすめします。

大手求人サイトを活用して人材募集を行うという方法ももちろん効果的ですが、求職者の方は「どんな雰囲気の会社なんだろう?」ということを知りたくなり、皆さんの会社のホームページにお越しになられます。

その中でも、採用情報ページ内の働いている人に関するページがガラガラだと、会社のイメージを掴むことが出来ず、思ったように求人応募をしてもらえないため、しっかり社内の雰囲気が伝わるようなコンテンツを充足させましょう。

また、自社では「採用」に力を入れているため、会社用ホームページとは別に、recruit.pepaboという採用情報用のホームページを作成しています。

会社のサービス紹介をしてお客さんになってもらう相手と、採用として会社の魅力を伝える相手は、別であることも多いので、目的に応じてホームページを2つ持つことも手段として考えられます。

顔ともいえる会社用のホームページ

皆さんも、「この会社はどんな会社なんだろう?」と思ったときに、一度は会社名で検索をかけたことがあるのではないでしょうか。その方たちのニーズを考え、「会社基本情報」「事業内容」「アクセス」「最新ニュース」「採用情報(採用をしている場合)」などを設置することは基本とも言えます。

WordPressでホームページを開設した際に、何から用意しようと迷われた時に、ヒントとなるような内容を今回はまとめました。

一気に全ての項目を満たさなくても良いので、まずは「会社概要」などから用意を始めて、どんどん肉付けする形でホームページのコンテンツを充足させて行ってみてはいかがでしょうか?

会社の顔ともいえるホームページは、是非ともロリポップ!でサイト構築に挑戦してみて下さい!

記事一覧に戻る