concrete5の設置

web上で直接サイトの編集ができるオープンソースCMSツール『concrete5日本語版』の設置方法をご説明します。

【このマニュアルでの設定】
このマニュアルでは、お客様のアドレスを http://hoge.lolipop.jp
concrete5を http://hoge.lolipop.jp/concrete5/ に設置するものとしてご説明します。

concrete5をご利用になるにはMySQL5のデータベースが必要となります。 MySQL4をご利用の場合は【MySQL5への移行】を行ってください。
データベースは『ロリポプラン』、『チカッパプラン』でご利用いただけます。
『コロリポプラン』の方は【プラン変更】を行ってください。

操作・設定に関しては、【concrete5日本語公式サイト】などをご参考ください。
concrete5の設置には空のデータベーステーブルが必要になります。

データベース作成

データベース作成
【ユーザー専用ページ】へログインし、『WEBツール』から『データベース』を開きます。
データベース作成

作成するサーバー

どのサーバーを選択されてもかまいません。

データベース名

データベース名を入力してください。お好みの名前でかまいません。

接続パスワード

任意のパスワードを入力してください。パスワードは忘れないようにメモすることをお勧めします。


データベース作成完了
作成が完了しますと以下のような画面が表示されます。
『サーバー』、『データベース名』、『ユーザー名』、『パスワード』はconcrete5インストール時に必要になります。
データベース作成

アーカイブの入手

concrete5をダウンロード
【concrete5公式日本語サイト】にアクセスし、ダウンロードボタンをクリックしてください。ダウンロードが始まります。
なお、最新バージョンのファイルをダウンロードすることをおすすめします。
アーカイブの入手

ダウンロードしたファイルの解凍
ダウンロードしたファイルを解凍ソフトなどを利用して解凍します。

ファイルのアップロード

サーバーに接続
お手持ちの FTP ソフト等で、サーバーに接続しましょう。

転送モード

FTPソフトの設定で、『PASVモード』を指定してください。


concrete5を設置するフォルダを作成
ここでは、concrete5本体をhttp://○○○.lolipop.jp/concrete5/に置くことにして説明していきますので、サーバースペース内に『concrete5』フォルダを作ります。
concrete5を設置するフォルダを作成

ファイルのアップロード
アーカイブファイル を解凍してできたファイルやフォルダを全て、サーバー内の『concrete5』フォルダにアップロードします。
この作業にはちょっと時間がかかります。一服しましょう。
ファイルのアップロード

concrete5のインストール

php.iniの設定
【ユーザー専用ページ】へログインし、『WEBツール』から『php.iniの設定』を開きます。下記の内容を設定し、『php.iniを設定する』をクリックします。
php.iniの設定

mbstring.language

『neutral』を選択します。

mbstring.internal_encoding

『UTF-8』を選択します。

default_charset

『UTF-8』を選択します。

safe_mode

『Off』を選択します。

『safe_mode』はphp5.3にてご利用いただけます。
php5.4をご利用の場合、『safe_mode』の設定変更は不要です。

言語設定
http://hoge.lolipop/concret5/にアクセスし、言語設定をします。
『language』で『日本語(日本)』を選択し、『choose language』ボタンをクリックしてください。
設定情報の入力

必須機能の確認
必須機能の確認が行われます。
『インストールを続ける』ボタンをクリックしてください。
設定情報の入力

設定情報の入力
設定情報を入力し、『concrete5をインストール』ボタンをクリックしてください。
『データベース情報』には、先ほど『ユーザー専用ページ』で作成したデータベースの情報を入力してください。
設定情報の入力

サイト名を入力

サイトの名前を入力してください。

メールアドレス

サイトの管理に使用するメールアドレスを入力してください。

パスワード

サイトの管理に使用するパスワードを入力してください。

パスワード確認

上と同じパスワードを入力してください。

サーバー

先ほど作成したデータベースの『サーバー』を入力してください。

MySQLユーザー名

先ほど作成したデータベースの『ユーザー名』を入力してください。

MySQLパスワード

先ほどデータベース作成の際に入力した『パスワード』を入力してください。

データベース名

先ほど作成したデータベースの『データベース名』を入力してください。

サンプルコンテンツ

『ブログ付きサンプルコンテンツ』を選ぶとブログがついたウェブサイトを作成できます。

入力が終わりましたら『concrete5をインストール』をクリックし、インストールを開始してください。

動作確認
http://hoge.lolipop.jp/concrete5/にアクセスし、正常に動作するか確認してください。
また管理画面のアドレスは、
http://hoge.lolipop.jp/concrete5/index.php/login/となります。
ログインの際に必要なユーザーIDは、初期設定で『Admin』となっており、『Admin』と入力しなければログインできません。

ユーザーID

『Admin』と入力してください。

パスワード

インストール時に設定したパスワードを入力してください。

【操作・サイト編集方法】
concrete5の操作・サイト編集方法は【concrete5日本語公式サイトのマニュアル】をご参照ください

マニュアルのトップへ

お申込みはコチラ!無料お試し10日間