60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する

WordPressのSEO対策におすすめのテーマ|有料・無料、選び方も紹介

スマホの着せ替え機能のようにブログ全体のイメージを変更できるWordPressテーマ。このテーマにSEO対策(検索結果で上位表示させるための策)がしやすいものとそうでないものがあるのをご存じでしたか?特にアフィリエイトなどで、ブログから収益を発生させたいと考えている人の場合は、テーマ選定の際にSEO対策がしやすいかどうかも見ておく必要があります。

そこで今回は、SEO対策しやすいおすすめのWordPressテーマを紹介します。無料と有料でピックアップしているので、それぞれの特徴と合わせてテーマ選びをしてみましょう。

ロリポwordpressバナー

WordPressテーマでSEO対策を行う重要性

WordPressテーマでSEO対策を行う重要性

WordPressのテーマとは、サイト全体のデザインや構成を変更するためのテンプレートです。WordPress自体が他のプラットフォームに比べてSEOに強いとされていますが、それにも関わらずテーマでSEO対策を行った方がよい理由は、下記の2つです。

  • HTMLなどが分からなくても直感的にデザインがしやすい
  • 手動でSEOの内部対策をする必要がない

SEOではあくまでコンテンツの質が重視される傾向にありますが、サイトの構造や見やすさ、表示スピードといった内部対策も判断基準の重要な要素です。これを手動で行うのは素人にはハードルが高く、設定するのに膨大な時間がかかってしまうため記事を書くどころではなくなります。

また、見やすさといった点ではデザインに注力したいところですが、こちらも手動で行うにはHTMLやCSSなどの専門知識が必要です。知識がない人が対応するのは難しいうえに、下手に触るとデザインが大幅に崩れるなどの問題が発生。結果的に「WordPressは難しい」と諦めてしまいかねません。

サイトデザインのカスタマイズを簡単にし、内部対策を補強してSEO対策をしやすくしてくれるのが、WordPressテーマというわけです。ただし、テーマによっては内部対策が十分でないものもあるので、適当にテーマを選ぶことはやめておきましょう。

WordPressがSEOに強いと言われる理由は「WordPressはSEOに強いのか?検索流入を意識したWordPressブログの作り方」で解説しているので合わせてご確認ください。

【無料】SEO対策におすすめのWordPressテーマ

【無料】SEO対策におすすめのWordPressテーマ

それではまず、SEO対策におすすめの無料のWordPressテーマから紹介します。

  • Cocoon
  • Lightning
  • Arkhe

有料テーマよりは機能が少ないものが多いですが、個人ブログをはじめるには充分でしょう。テーマとはどういったものか試してみたい、極力お金をかけずにブログを始めたい、という人におすすめです。

Cocoon(コクーン)

Cocoon(コクーン)

引用元:Cocoon

Cocoonは今回紹介している無料テーマのなかでも、高機能を備えたテーマです。機能開発や更新が多く、ユーザーの利便性を高めようとする開発者の姿勢が窺える点でもおすすめできます。また、テーマのマニュアルもあるので、初心者でも安心して利用可能。コクーン独自のブロックもあり、ブログのカスタマイズ性が高く、アフィリエイト向けの機能が充実しているという特徴もあります。

ただし、独自機能が多いので、テーマの乗り換えには注意が必要です。また、プラグインが基本いらないほどの高機能ではありますが、テーマ自体が重いので表示速度に難点があることは覚えておきましょう。

■基本情報

会社名/制作者名わいひらさん
価格無料
SEO対策
  • レスポンシブ対応
  • メタタグ編集機能
  • ページ表示速度の高速化
  • アウトラインの最適化
  • 構造化マークアップへの対応
  • HTML5チェックエラーが出ない設計      など
デザイン性シンプル
おすすめの人初心者
サポートフォーラム
公式サイトCocoon

ロリポップならお申し込みだけでCocoonを自動セットアップ!

ロリポップでは、ハイスピードプラン12ヶ月以上をお申し込みの方限定で「ブログ収益化・副業スタートパック」を提供しています。スタートパックへお申し込みいただくと、Cocoonの自動セットアップをはじめ、ブログをスタートするためのさまざまな特典をご利用いただけます。

アフィリエイトをはじめたいけど、WordPressやテーマの設定など、難しいことは分からないという方におすすめのパックなので、詳細をご確認のうえ、ぜひご活用ください。

Lightning(ライトニング)

Lightning(ライトニング)

引用元:Lightning

LightningはWordPress公式ディレクトリに登録されている信頼性の高いテーマです。クイックスタートデータという、デモサイトと同じ状態がすでにできあがっているデータを無料配布。「ビジネスサイトが5分で作れる」というように、いかに早くサイトを立ち上げられるかに重点を置いて制作されたテーマなので、初心者でも簡単にリッチなブログを構築できます。

また、70,000 以上のインストール実績があるので、トラブルや困りごとがある際にもネット上に情報がある可能性が高いのも嬉しい点でしょう。

■基本情報

会社名/制作者名株式会社ベクトル
価格無料
SEO対策
  • タイトルタグやパンくずリストの最適化
  • レスポンシブ対応
  • メタタグ編集機能
  • メタディスクリプションやnoindex設定が可能
  • HTMLサイトマップ自動出力          など
デザイン性シンプル、おしゃれ
おすすめの人初心者
サポート無料オンライン学習サイト

 

無料オンライン勉強会

フォーラム

Slack

プライベートサポートプラン(有償)

公式サイトLightning

Arkhe(アルケー)

Arkhe(アルケー)

引用元:Arkhe

Arkheは了さんという方が開発したテーマです。Web制作者向けのカスタマイズ前提のテーマなので、デフォルトは至ってシンプル。初心者には少々ハードルが高い可能性がありますが、サイトの運営とともに制作に関する知識を身に付けたい場合は初心者の方にもおすすめできます。

WordPressでのコーポレートサイトの制作を想定して作られたテーマではありますが、ブログを作成するのにも充分に適しています。同じく了さんが開発した無料のプラグイン「SEO SIMPLE PACK」をインストールすれば、メタタグの設定やOGP情報の設定といったSEOに必要な対策が可能。プラグイン自体も軽いため、サイトスピードの改善も見込めます。

■基本情報

会社名/制作者名了さん
価格無料
SEO対策
  • メタ情報の設定
  • OGP情報の設定
  • ディスクリプションの設定
  • 表示速度の最適化               など

※「SEO SIMPLE PACK」インストール時

デザイン性シンプル
おすすめの人中級者~上級者
サポートフォーラム
公式サイトArkhe

【有料】SEO対策におすすめのWordPressテーマ

【有料】SEO対策におすすめのWordPressテーマ

次にSEO対策におすすめの有料テーマを紹介します。

  • SWELL
  • JIN
  • Emanon Pro

有料テーマになると無料テーマよりも機能性が高く、リッチなデザインが可能になります。デザイン性や機能性の面で競合サイトと差別化を図りたい場合におすすめです。

SWELL(スウェル)

SWELL(スウェル)

引用元:SWELL

SWELLは直感的に操作ができるブロックエディタに対応。HTMLやCSSなどの知識がなくても、ブロックエディタやSWELL専用ブロックによりカスタマイズしやすいといった特徴を持つことから、多くのブロガーから「使いやすい」と高い人気を得ているテーマです。

SWELL専用のSEO対策プラグインやエンゲージメントを高めるサイト設計、表示速度が速いなど、SEO対策もばっちり。ABテストや広告タグ管理機能など、標準機能が豊富に備わっている点も魅力的な点です。

■基本情報

会社名/制作者名株式会社LOOS
価格17,600円(税込)
SEO対策
  • メタ情報の設定
  • noindexの設定
  • 構造化データ対応
  • OGP情報設定
  • SNSシェアボタン                 など
デザイン性シンプル、リッチ
おすすめの人初心者~上級者
サポートフォーラム
公式サイトSWELL

JIN(ジン)

JIN(ジン)

引用元:JIN

JINはポップでかわいいデザインが好きな人向きのテーマです。アイコンの種類が豊富で、公式プラグインをインストールすればデザインの幅も広がります。11個のサンプルからデザインを選択するだけで簡単にオシャレなブログができるうえに、公式HPには解説動画もあるので初心者にもおすすめです。

淡めの色使いなので、特に女性向け商品を取り扱うのに最適。開発者はアフィリエイターなので、アフィリエイトやブログにおいて、かゆいところに手が届く機能が充実している点も魅力の一つです。ユーザーも多いので、導入やカスタマイズにおいての疑問を解決しやすい環境が整っているテーマです。

■基本情報

会社名/制作者名CrossPiece
価格14,800円(税込)
SEO対策
  • 表示速度の最適化
  • 関連記事、人気記事の表示
  • 構造化データ対応
  • ディスクリプション、noindexの設定       など
デザイン性ポップ、かわいい
おすすめの人初心者
サポートフォーラム
公式サイトJIN

Emanon Pro(エマノンプロ)

Emanon Pro(エマノンプロ)

引用元:Emanon Pro

Emanon ProはWeb集客に特化したWordPressテーマです。ファーストビューが6種類から設定できるなど、カスタマイズ機能が豊富で競合サイトとかぶりにくいデザインにできます。記事ごとに最適なCTAが設定できるなど、成果の出しやすいブログ構築が可能です。

テーマの容量が比較的小さいので表示速度の最適化も期待できますが、デザイン的には少々ビジネス感が強いので、柔らかい雰囲気にしたいといった場合はCSSで編集する必要があります。

■基本情報

会社名/制作者名株式会社イノ・コード
価格9,800円(税込)
SEO対策
  • 構造化データ対応
  • レスポンシブ対応
  • ページごとのメタディスクリプション、noindexの設定が可能
  • ページ表示速度の最適化           など
デザイン性シンプル、スタイリッシュ
おすすめの人初心者~上級者
サポート設定サポート

 

制作サポート

公式サイトEmanon Pro

WordPressテーマのSEO対策に必要なポイント

WordPressテーマのSEO対策に必要なポイント

SEO対策がしやすいWordPressテーマを選ぶ際には下記のようなポイントを押さえておきましょう。

  • 内部SEO対策が最適化されている
  • レスポンシブ対応のデザインである
  • ページの表示速度が速い

先述したとおり、SEO対策の基本はコンテンツの質です。しかし上記のような特徴を押さえたテーマを導入することで、SEO対策を後押ししてくれるのでブログへの集客力を強化できるでしょう。

内部SEO対策が最適化されている

検索結果の順位を決めるためにはクローラーというロボットの巡回が必要です。このロボットは、リンクを飛んでサイト間やサイト内を移動します。そのため、サイト内のリンク(内部リンク)やカテゴリーなどの階層構造を最適化しておく必要あります。こうした、サイトの内部を対策してSEOで評価されやすくすることを内部対策と呼びます。

内部対策を行うためには、SEOに関する知識が必要不可欠ですが、SEOに強いテーマであれば知識がなくても内部対策を行える状態にしてくれます。

レスポンシブ対応のデザインである

レスポンシブ対応とは、ユーザーが使用するスマホやPCなどのデバイスに合わせて、サイトの表示を自動的に最適化する対応のことです。

スマートフォンユーザーが急増したことを受けて2015年にGoogleがモバイルフレンドリーかどうかを検索順位の要素として加えたこともあり、現在では多くのテーマがレスポンシブ対応しています。しかし、レスポンシブ対応していないテーマがないとは言いきれないので、テーマを選ぶ際の指標にしておきましょう。

ページの表示速度が速い

2018年にスマートフォンの検索結果において、サイトの表示速度もランキングに影響を与える要素とすることをGoogleが発表しています。これはつまり、サイトの表示速度が検索結果の順位に大きな影響を与えることを意味します。この表示速度はインストールするテーマによっても左右されるので、表示速度が速いテーマを選ぶのもSEO対策として重要なポイントになります。

WordPressテーマの選び方

WordPressテーマの選び方

SEO対策のポイントを除いて、WordPressのテーマを選ぶ際のポイントは下記のとおりです。

好みのデザインか
テーマによって可能なデザインが異なります。一口で「シンプル」といっても系統が違うので、自分好みのデザインが実装できる、または競合と差別化が図れるかどうかをデモサイトなどで確認してよく検討しましょう。
機能は十分か
サイトを構築する目的に適した機能が実装できるかどうかも重要なポイントです。機能がない場合はCSSなどで実装することになりますが、知識がない人にはなかなかハードルの高い作業なので、機能面も考慮してテーマを選択しましょう。
定期的に更新されているか
WordPressやGoogleは定期的にアップデートを行っています。それに合わせてテーマもアップデートが必要。アップデートしていないと、サイト自体が機能しなくなったり、SEO対策が追いつかなくなったりするので、「定期的にアップデートを行っているテーマ」という基準でテーマを選ぶのも大切です。
サポートは十分か
テーマを導入すれば構造やデザインも簡単に整えやすいのですが、すべてが思い通りとはいきません。自身が困った際にCSSやHTML、PHPなどのソースコードを見て解決できる力がある場合はよいですが、そうでない場合はサポートが充実しているかどうかもテーマを選ぶ際には注目してみるとよいでしょう。

まとめ

WordPressのテーマはデザインを簡単に変えられるだけではありません。収益化を目的とするブログに必須のSEO対策も強化してくれます。ただし、選ぶテーマによってはSEO対策としての機能面が劣る場合もあるので、内部SEO対策に最適か、レスポンシブ対応が可能かどうかといったポイントを押さえたうえでテーマを選択するようにしましょう。

ロリポップなら、お申込みと同時にWordPressがセットアップされます。

まずは10日間の無料期間を使って、ロリポップの使い心地を試してみてください。

>ブログをはじめるならロリポップ!

ブログをはじめるならロリポップ!

「ロリポップ!レンタルサーバー」なら、WordPressを60秒でインストール。12ヶ月以上契約すると45種類以上のドメインがずっと無料でご利用いただけます。