初心者でも悩まずできる!ブログの記事構成を作る3ステップを解説

この記事で解決できるお悩み

  • ブログの記事構成を作る方法を知りたい!
  • 検索結果で上位表示される記事を作りたい!
  • ブログの記事構成を作るコツを教えて!

以上の悩みを解決できる記事を用意しました。

本業ではwebマーケ会社でメディアの編集長を勤め、副業では『副業コンパス』というブログで月500万稼いでいるクニトミが解説しますね!

ご紹介する「ブログの記事構成を作る3ステップ」を実践すれば、ユーザーにバッチリ刺さる良質な記事構成を作れますよ。

ブログで月500万円稼ぎ月50万PV達成したクニトミが、普段使っている「記事構成の作り方」を紹介します。

まずは「理解しておくべき基礎知識」から紹介するので、ぜひ読み進めてみてくださいね!

※「すぐにブログの記事構成を作る方法を教えて!」という方は、「ブログの記事構成を作る3ステップ」へ進んでください!

目次

ブログの記事構成とは?最初に理解すべき前提知識3つ

まずは記事作成にあたり、理解しておくべき基礎知識をご紹介していきます。

理解しておくべき基礎知識

  1. 「良い構成」=「読者の悩みを100%解決できる構成」
  2. ブログの記事の3大要素【リード・本文・まとめ】
  3. 記事構成の骨組みになるhxタグ

その1:「良い構成」=「読者の悩みを100%解決できる構成」

そもそもブログでは、「検索エンジンの仕組み」を活用して集客するのが基本でして。

検索エンジンでは、検索キーワードごとに「検索者の悩み解決にマッチする記事」を上位表示してくれます。

検索エンジンの仕組み

  • KW「ブログ 書き方 初心者」⇨初心者向けにわかりやすいブログの書き方を知りたい
  • KW「ブログ 作成 初心者」⇨初心者向けにわかりやすくブログ開設方法を知りたい
  • KW「ブログ 収入 仕組み」⇨ブログで収益が生まれる仕組みを知りたい

なので「読者の悩みを100%解決できる記事構成」=「良い記事構成」ということになりますね。

今回は「検索上位を取るための記事構成の作り方」を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

その2:ブログの記事の3大パート【リード・本文・まとめ】

ブログの記事は、分解すると3つのパートに分かれます。

  • リード:一番最初に書く文、どんな記事かを紹介したりする
  • 本文:読者の悩みを解決するパート、本記事で紹介するパート
  • まとめ:一番最後に書く文、記事をまとめて「具体的な行動」へ促す

上記のようにそれぞれ役割が違いまして、リードとまとめは、本文作成時にそのまま書くことが多いですね。

記事構成というとだいたい「本文」のことを指し、きちんと順序だてしないと作れないパートです。

「ブログ記事の全体像がいまいちわからない」という方は、ぜひ覚えておいてくださいね!

その3:記事構成の骨組みになる「見出しの構造」

検索エンジンに理解しやすいように、Web記事では「見出し(hタグ)」を正しく使う必要があります。

見出しの種類とルール

  • 大見出し(h1):記事タイトルのこと、1記事1回しか使えない
  • 中見出し(h2):記事内で1番大きい見出しのこと
  • 小見出し(h3):記事内で2番目に大きい見出しのこと、h2に属する
  • 小見出し(h4):記事内で3番目に大きい見出しのこと、h3に属する

上記だけだとわかりにくいので、以下に本記事の見出し構造を載せておきますね。

本記事の見出し構造(一部)

(h1)初心者も迷わず作成できる!ブログの記事構成を作る3ステップ

(h2)ブログの記事構成とは?最初に理解すべき前提知識3つ

(h3)その1:「良い構成」=「読者の悩みを100%解決できる構成」

(h3)その2:ブログの記事の3大要素【リード・本文・まとめ】

(h3)その3:記事構成の骨組みになるhxタグ

(h2)ブログの記事構成を作る全体像

(h2)ブログの記事構成を作るステップ1:ニーズを分析する

(h3)手順1:対策するキーワードを決める

(h3)手順2:ペルソナ・デモグラフィックを作る

(h3)手順3:Yahoo知恵袋でニーズ調査する

(h3)手順4:競合サイトをリサーチする

(h2)ブログの記事構成を作るステップ2:構成作成の下準備をする

(h3)手順1:「健在ニーズ」「潜在ニーズ」をまとめる

(h3)手順2:入れるべき見出しを選定する

(h4)一目で答えがわかる見出しタイトルにする

(h3)手順3:見出しを最適な流れに整理する

(h5)や(h6)などもっと小さい見出しもありますが、わかりにくくなるので、ブログで使うのは(h4)までがよいですね。

ブログの記事構成を作る全体像

いよいよ本題となりますね!ブログの記事構成を作る全体像は、以下の通りです!

ブログの記事構成を作る全体像

  1. ニーズを分析する
  2. 構成作成の下準備をする
  3. 記事構成の設計書を作る

まずは「ユーザーが悩んでいること」を分析して、その情報をもとに設計する手順となっています。

初心者でもできるように噛み砕いて説明するので、読みながら1記事分作成してみるとよいかもです!

ブログの記事構成を作るステップ1:ニーズを分析する

まずステップ1では、「読者のニーズ」を分解していきます。

前述している通り、ブログでは、検索者の悩みにマッチする記事を書くことになります。

適当に書くと悩みからズレた記事になっちゃうので、「具体的に何に悩んでいるか」を洗い出すイメージですね。

具体的な手順を以下で説明するので、このまま読み進めてみてくださいね。

ニーズを分析する手順

  • 手順1:対策するキーワードを決める
  • 手順2:ペルソナ・デモグラフィックを作る
  • 手順3:Yahoo知恵袋でニーズ調査する
  • 手順4:競合サイトをリサーチする

手順1:対策するキーワードを決める

前提部分となりますが、検索エンジン集客を活用するために、どの検索キーワードで記事を作るか決めましょう。

検索キーワードの例

  • ブログ 書き方:ブログの書き方を説明する記事
  • 一眼レフ おすすめ:おすすめの一眼レフを紹介する記事
  • 副業 おすすめ:おすすめの副業を紹介する記事

上記のようなイメージでして、自分が扱いたいジャンルから、良さげなキーワードを見つけてみてください!

なお「キーワード(テーマ)の探し方がわからない!」という方は、以下記事でやり方をチェックしてみてくださいね。

ブログ ネタがない

手順2:ペルソナ・デモグラフィックを作る

ペルソナ&デモグラフィックとは?

ペルソナ:ブログ記事を読む想定読者のこと。検索したきっかけ、何を知りたいかを書き出す

デモグラフィック:上記ペルソナの詳細なステータスのこと。

検索者の悩みにぴったり合わせるために、上記の「ペルソナ」と「デモグラフィック」を作成します。

わりと適当にやっちゃう方が多いのですが、作らないと微妙に内容がブレてくるので、結構重要なんですよね。

一応以下に、本記事で作った「ペルソナ」と「デモグラフィック」を載せておくので、参考にしてみてください!

本記事のペルソナ・デモグラフィック

ペルソナ

つい2週間ほど前から、副業目的でブログ運営を始めた。

ツイッターでブログは「不労所得に近い収入を得られる!」というのを見て、興味がわいたことがきっかけだ。

色々勉強していくうちに、検索エンジンで上位表示を取るためには「高品質な記事」を作る必要があるとわかった。

だが、今まで文章を書いた経験がほとんどないので、どんな流れで記事を作ればいいのかがいまいち掴めない。ステップとして、まず記事構成を作って、その後本文執筆に入ることは理解した。

「ブログの記事構成っていうのは、どんな風に作ればいいんだろうか?」

「テンプレートやマニュアルみたいなのがあるのかな?」と考え、「ブログ 記事構成」と検索した。

デモグラフィック

年齢:22〜29才                                                        

性別:男                                                        

職業:サラリーマン                                                        

所得:月収25万〜35万ほど                                                        

世帯数:一人暮らし                                                        

学歴:大学卒業(MARCHあたり)                                                        

住所:東京

あくまでイメージでOKなので、30分以内でできるレベルで十分かと思います!

上記を参考にして、記事ごとにペルソナ&デモグラフィックを設定してみてください!

手順3:Yahoo知恵袋でニーズ調査する

質問サイトの「Yahoo!知恵袋」では、さまざまな質問が投稿されていて、気づかなかったニーズが見つかることもあるんですよね。

記事の回答性を高めるために役立つので、関連しそうな質問をピックアップしておきましょう。

本記事KW「ブログ 記事構成」の場合

  • 記事構成ってどうやって作るの?
  • hタグの正しい使い方は?
  • 同じような構成ってマイナス評価されるの?
  • そもそも記事の全体像を知りたい!

上記のようなイメージで、「あ、これ役立ちそうかも!」っていう内容をメモしておきます。

正直見つからないことも多いので、だいたい5個くらいを目安に探すとよいかもですね!

手順4:競合サイトをリサーチする

すでに上位表示しているということは、読者ニーズにマッチする良い記事であることを意味します。

参考にすることで、「どんな記事にすればいいか」と方針を立てやすくなりますよ。

具体的には、検索エンジンに同じキーワードを入力、上位5サイトの見出しを抜き出してまとめます。ラッコツールを使うのがおすすめ

そして「どんな見出しが入っているかな?」「どんな流れで説明してるかな?」と確認して、記事構成をイメージしてみてくださいね。

内容を丸々パクるのは絶対NGです!!あくまで参考ということで!

ブログの記事構成を作るステップ2:構成作成の下準備をする

ステップ1で洗い出した情報をもとに、どのような内容を書くか固めていきます。

「記事の骨組み」を作成する一番重要なパートなので、ひとつずつ手順をチェックしてみてくださいね。

構成作成の下準備をする手順

  • 手順1:「健在ニーズ」「潜在ニーズ」をまとめる
  • 手順2:入れるべき見出しを選定する
  • 手順3:見出しを最適な流れに整理する

手順1:「健在ニーズ」「潜在ニーズ」をまとめる

調査した情報をもとに、ユーザーニーズを整理しましょう。

顕在ニーズと潜在ニーズについて

  • 顕在ニーズ:一番知りたいこと
  • 潜在ニーズ:まだ本人は気づいていなけど、目的達成のために知った方がいいこと

上記のように2種類のニーズがありまして、どちらにもバッチリ答えてあげる必要がありますね。

なお本記事では、以下のように顕在ニーズと潜在ニーズをまとめました。

本記事で分析したニーズ

  • 顕在ニーズ:ブログの記事構成の作り方を知りたい
  • 潜在ニーズ:記事構成作成時の注意点やコツ、本文を書く方法を知りたい

上記を参考にして、ここまででわかったニーズをまとめてみてくださいね。

手順2:入れるべき見出しを選定する

手順1で整理したニーズをもとに、「入れるべき見出し」を作成していきましょう。

なお参考までに、本記事のニーズ&見出しは、以下の通りですね。

本記事のニーズ&見出し

  • 記事構成を作る方法を知りたい!⇨記事構成を作る3ステップ
  • 記事構成を作るコツを知りたい!⇨記事構成を作るコツ3つ
  • 構成に関する前提知識を知りたい!⇨最初に理解すべき基礎知識3つ
  • 適切な長さとか本文の書き方を知りたい!⇨記事構成に関するQ&A

「このニーズにはこんな見出しを作ればよいかな?」って考えながら、ひとつずつ適切な見出しを書き出していきます。

ニーズだけ見ても漠然としてしまうかもなので、もう一度競合サイトを参考にするとよいですね。

一目で内容がわかる見出しタイトルにする

そもそもWebでは、流し読みするユーザーが大半のため、本文をきっちり読まれることはほぼありません。

なので「見出しで内容・答えがわかるかどうか」は、読者のストレス値に影響する重要なポイントとなるんです。

  1. 内容がわからない見出しタイトル:構成を作る手順1:読者ニーズって重要だよ
  2. 内容がわかるタイトル:構成を作る手順1:読者のニーズをまとめる

ちょっと細かいんですが、ひとつ目だと「読者ニーズがなんなの?なにすればいいの?」って思われちゃうんですよね。

「本文を読めばわかるじゃん」って気持ちは書き手のエゴでして、少しでもイラっとすると、読者はすぐに離脱してしまいます。

パッと見ただけでわかるように、答え・内容が理解できる見出しタイトルをつけましょう!

手順3:見出しを最適な流れに整理する

手順2で作った見出しを、最適な流れに並べ替えていきます。

ユーザーが理解を深めながら、問題解決できる自然な流れにするイメージです。

本記事の見出しの流れ

  • 構成に関する前提知識を知りたい!⇨最初に理解すべき基礎知識3つ
  • 記事構成を作る方法を知りたい!⇨記事構成を作る3ステップ
  • 記事構成を作るコツを知りたい!⇨記事構成を作るコツ3つ

ケースバイケースなんですが、基本的には「前提知識」「定義レベルの話し」から始まり、本題とかに進む感じです。

競合サイトを参考にしつつ、ユーザーにとって1番良い順番を作ってみてくださいね!

ブログの記事構成を作るステップ3:記事構成の設計書を作る

最後のステップでは、できあがった骨組みを、肉付けしたり調整したりしていきます。

あとちょっとで記事構成ができあがるので、もうちょっとだけ頑張ってくださいね。

記事構成の設計書を作る手順

  • 手順1:各見出しで伝えたいことを書き出す
  • 手順2:重複・不足する内容があれば修正する

手順1:各見出しで伝えたいことを書き出す

各見出しで一番伝えたいこと結論を書いておきましょう。

理由は簡単で、どんな本文にするかを整理しなければ、そもそも良い構成なのかどうかが判断しづらいから。

またそのまま本文を書き始めると、「あ、これ他の見出しでも書くかも!」みたいに内容が重複する場合もあります。

作った構成で間違いないかを確認するために、本文の内容をざっくり整理してみてくださいね。

ひとつの見出しで伝えることはひとつに絞る

基本原則として、ひとつの見出しで伝えることは、ひとつだけに絞りましょう。

理由は別の主張が入ってしまうと、話が散らかりやすく、「何が言いたいのか」がわかりにくくなるから。

もし一緒に伝えたいことがある場合には、小見出しを立てて、内容を区別できるようにするとよいですね。

見出しを立てて分けるイメージ

  • (h3)手順1:各見出しで伝えたいことを書き出す
  • (h4)ひとつの見出しで伝えることはひとつに絞る
  • (h3)手順2:重複・不足する内容があれば修正する

今読んでいるこの見出しも同じなんですが、上記のように(h4)見出しを作るイメージです。

手順2:重複・不足する内容があれば修正する

伝えたい内容を書いた結果、ダブりや漏れがあったら、見出しを修正していきましょう。

具体的には、重複している見出しを削ったり、不足している見出しを追加したりするイメージです。

一度形にしてみないとわからないことも多いので、この段階で修正する場合も多いんですよね。

構成が微妙だと確実に記事クオリティが下がるので、妥協せずに細部をチェックしてみてください!

ブログの記事構成を作るコツ4つ

以下では、ブログの記事構成を作るコツを紹介していきます。

ブログの記事構成を作るコツ

  • コツ1:ペルソナの知識レベルに合わせる
  • コツ2:細かい疑問はQ&Aで回答する
  • コツ3:自分が書きたいことを優先しない
  • コツ4:少し時間を置いてから再確認する

コツ1:ペルソナの知識レベルに合わせる

ペルソナ(想定読者)が理解できるレベルを徹底しないと、「何言っているかわからない。。。」と思われて、離脱される原因になります。

なおレベル感が合っているかは、以下の点をチェックするのがよいかと。

  • 読者が専門用語を理解できるか?
  • 読者に必要ない「高度なノウハウ」を紹介していないか?

とくに専門用語は要注意で、わからないレベルなら言い換えるか、補足説明を入れることを考慮しましょう。

構成作成の段階から意識しないと、いざ本文を書くときに困るので、常に「どんな人が読むのか」をイメージしてみてくださいね。

コツ2:細かい疑問はQ&Aで回答する

実際に記事構成を作成してみると、「本題から逸れるけど知った方がいい情報」とかも出てくるものでして。

もしどの見出しにも入れられない場合には、最後にQ&Aを設定するとよいですね。

まさに今説明している、この見出しをイメージしてもらうとわかりやすいかと。

とはいえ絶対に必要というわけじゃないので、方法論のひとつとして認識しておくくらいでOKです!

コツ3:自分が書きたいことを優先しない

得意分野とかで記事を作成すると、「自分が言いたいこと」を書きたくなるものでして。

「自分が言いたいこと」と「ユーザーが求めていること」は、必ずしもイコールじゃないんですよね。

なので「自分のための記事」ではなく、「読者のための記事」であることを忘れないようにしましょう。

コツ4:少し時間を置いてから再確認する

コンテンツ作成にのめり込んでいると、客観性を失うことも多いものでして。

いざできあがっても、冷静に見返すと「なんかちょっと違うな」って結構あることなんですよね。

なので構成作成後、少し時間を置いてから「客観的に見てどうだろう?」とチェックすることをオススメします。

作っている最中には気づかなかったことが見つかるかもなので、数時間後とか1日後とかに確認してみてくださいね。

ブログの記事構成に関する質問2つ

最後に、ブログの記事構成に関するQ&Aを用意しました!

本文中で触れなかった「細かい疑問」に回答しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログの記事構成に関する質問)

  • 質問1:最適な記事の長さはありますか?
  • 質問2:良い本文を書くにはどうしたら?

質問1:最適な記事の長さはありますか?

ユーザーが悩みを解消するにあたって、過不足のない長さが最適ですね。

なのでケースバイケースであり、「長ければ良い」「短ければ悪い」みたいな、短絡的要因で判断するのはやめましょう。

必ず「ユーザーにとってどうか」を基準に考えて、適切な長さの記事を作るようにしましょうね。

質問2:良い本文を書くにはどうしたら?

いろんな書き方がありますが、個人的には、結論から説明する論理展開「PREP法」がオススメ。

Web媒体のユーザーは、「とにかく答えを知りたい!」という傾向が強いので、先に回答を示した方がいいんですよね。

PREP法の例

P結論:PREP法を活用するのがオススメ。

R理由:答えを知りたいユーザーが多いから。

E具体例:PREP法の例文を紹介。

P再結論:ケースバイケースだけど、調整しながら使ってみてね。

上記のように、「結論⇨理由⇨具体例⇨再結論」という流れになります。

全てをPREP法に統一すると機械的になるので、状況に合わせて適宜調整するようにしましょう!

記事の核になる記事構成を徹底的に作り込もう!

ご紹介した「ブログの記事構成を作る3ステップ」を実践すれば、ユーザーにバッチリ刺さる記事構成を作れますよ!

最後に、ご紹介した内容をおさらいしておきましょう。

ブログの記事構成を作る手順

  1. ブログの記事構成を作るステップ1:ニーズを分析する
  2. ブログの記事構成を作るステップ2:構成作成の下準備をする
  3. ブログの記事構成を作るステップ3:記事構成の設計書を作る

上記手順を実践して、良質な記事構成を作ってみてくださいね!

国内シェアNo.1の会社が運営しており、初心者にもおすすめのロリポップ
月額220円からWordPressが利用可能で、インストールも60秒で完了します。
初心者でも簡単にブログやホームページを始めることができます。
まずは10日間無料でぜひお試しください!

>ブログをはじめるならロリポップ!

ブログをはじめるならロリポップ!

「ロリポップ!レンタルサーバー」なら、WordPressを60秒でインストール。 12ヶ月以上契約すると45種類以上のドメインがずっと無料でご利用いただけます。