60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する

独自ドメインとは?メリットや必要性、取得方法を徹底解説

独自ドメインとは、簡単にいうとインターネット上の自分専用の住所のことを言います。住宅に例えるとしたら、戸建てのマイホームです。独自ドメインを使用するメリットは多く、特にブログの収益化を狙っている人には独自ドメインはおすすめです。

今回は、なぜ独自ドメインが良いのか、その必要性やメリットについて解説。独自ドメインの取得方法まで、一緒に勉強していきましょう。

ロリポwordpressバナー

独自ドメインとは

独自ドメインとは

そもそもドメインとは、インターネット上の住所(IPアドレス)を簡易表示したものです。URLでいうと「https://××××.com」の「××××.com」部分を指します。ドメインには独自ドメインと共有ドメインがあり、両者は次のような違いがあります。

種類特徴
独自ドメイン「××××」の部分は自由に決められる。「.com」部分も既存のものから選択可能。取得と更新に費用がかかるが、自分専用のドメインを持てる。メールアドレスにも使える
共有ドメイン無料ブログなどで提供されているドメイン。「サービス名.com」といった形が多く、ドメイン名を自由に決めることはできないが無料で利用できる

ドメインの仕組みや種類に関しては、「ドメイン料金は取得費用と更新費用の2つ。ドメインの仕組みをやさしく解説します。」で詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

独自ドメインを使用するメリット

独自ドメインを使用するメリット

独自ドメインを使うメリットには次のようなものがあります。

  • 他サイトと差別化できる
  • 信頼性が向上する
  • ポータルサイトの影響を受けない
  • 独自ドメインが必要なサービスも利用できる

大きなメリットとしては、独自ドメインは同じものが存在しないことです。それにより他のサイトとの差別化や信頼性の向上など、良い影響を受けられます。

他サイトと差別化できる

無料ブログや独自ドメインを紐付けない共有サーバーのドメインを利用する場合は、サービス側から提供されたドメイン名に統一されます。つまり、同じサービスを利用している人のドメインはすべて同じになるということです。そのため、自分自身はもちろん、読者(ユーザー)からもサイトの区別がつきづらいデメリットがあります。

一方、独自ドメインは早い者勝ちなので、世界に二つと同じものはありません。そのため、他のサイトと区別しやすいメリットがあります。

信頼性が向上する

コーポレートサイトやウェブサービス、個人ブログなどのURLが無料ブログのドメインだった場合、「本物だろうか・・・」と疑念を抱かれやすくなります。その点、唯一無二の独自ドメインであればこうした心配はありません。ドメイン名を会社名やウェブサービス名、ブログ名と同じにしておくと、より信頼感を高められるでしょう。

サービスサイトの影響を受けない

独自ドメインではなく、共有ドメインを提供してくれる無料ブログなどのサービスサイトの場合、突然サービスが終了する可能性があります。この場合、サービス終了に伴い、共有ドメインの利用もできなくなるため、せっかく育てたサイトが一瞬で消えてしまいます。

使用していたURLでもサイトにアクセスできなくなるので、ウェブサービスの利用者に迷惑をかけてしまったり、アフィリエイトをしていた場合は一時的に収益が下がったりしてしまいます。独自ドメインでは、基本的に更新し続ければ継続利用が可能です。途中でサーバーを乗り換えたとしても、ドメインは変更せずに継続して使用できます。

独自ドメインが必要なサービスを利用できる

ウェブサイトやブログに広告を設置して収益化する方法としてアフィリエイトやGoogleアドセンスがありますが、無料ブログ(共有ドメイン)の場合はGoogleアドセンスの利用できないので注意しておきましょう。

正確には共有ドメインでもアドセンスを利用する手段はあります。アドセンスは一度審査に通れば、複数のサイトで審査なしに利用できるのです。ただし、この方法を実行するには結局、独自ドメインを取得してウェブサイトやブログを開設する必要があります。

独自ドメインを使用するデメリット

独自ドメインを使用するデメリット

メリットがある一方で独自ドメインを使用する際は、次のようなデメリットがあることも覚えておきましょう。

  • 費用がかかる

    独自ドメインを使用する場合は通常、取得に1,000円前後、更新料に1,000円から数千円の費用がかかります。ロリポップなら、条件を満たして契約するとドメインを無料で取得でき、ロリポップを契約し続ける限りドメインの更新料金も無料です。

  • 管理が必要

    先に少し触れていますが、独自ドメインは更新が必要になります。この更新を忘れてしまうと権利を失効。失効している間に別の人がドメインを取得してしまい、使えなくなったということもあるので注意が必要です。ずっと使う予定のドメインは、失効を防ぐために自動更新の設定をしておくことをお勧めします。

  • 専門知識が必要になる場合もある

    ドメインとレンタルサーバーを全く別の会社で契約すると、これらの紐付け作業が難航してしまう可能性があります。初心者には難しい作業になるので、できればドメインの取得とレンタルサーバーの契約は同じ会社で行うのがおすすめです。

独自ドメインを取得する必要性

独自ドメインを取得する必要性

「独自ドメインは必要ない」といった意見を見かけることがありますが、長期的なサイト運営を考えている場合や、アフィリエイトなどブログから収益を発生させたい場合は、独自ドメインの取得がおすすめです。

長期的にサイトを運営していくと、アクセスが増えてきて制限を受けるなどの影響を受けてしまうことがあります。そうした場合はブログサービスの乗り換えやサーバーの引越しを検討することになりますが、共有ドメインだとサービスに縛られているため、また0からサイトを作り直す、もしくはリダイレクト設定を行うことになります。

ブログの運営は継続できますが、サイトのドメインが変わってしまうことになります。今までアクセスを集めていたサイトから引っ越しをすることになるので、アフィリエイトをしている場合は売上の減少が心配されます。独自ドメインであればサーバーの引越時にもこうした影響はなく、共有ドメインよりも自由度の高い運営が可能です。こうした理由により長期的に運営したい場合や収益化を図ろうとしている場合は、独自ドメインの利用がおすすめです。

独自ドメインの取得方法

独自ドメインの取得方法

独自ドメインを取得する方法は次のとおりです。

  1. ドメイン名を決める
  2. ドメイン取得の手続きをする
  3. ネームサーバーを設定する

1.ドメイン名を決める

ドメインを取得する前に、あらかじめドメイン名の候補を決めておく必要があります。ドメイン名の決め方としては次の方法があります。

  • サイトやサービスに関連させる
  • サイトの内容を表現したキーワードを入れる
  • シンプルにする

たとえばテニススクールのホームページの場合、「https://tennis-school.com」といった感じです。ドメインの中でも「.com」部分をTLD(トップレベルドメイン)と呼び、この部分も既存のものから選択可能。「.tokyo」といったTLDもあるので、「https://tennis-school.tokyo」とすれば、一目で「東京のテニススクールのホームページ」であることを伝えられます。

より詳しいドメイン名の決め方は「独自ドメインを取得しよう!あなたに合ったおすすめのドメインをご紹介。」で紹介しているので、参考にしてください。

2.ドメイン取得の手続きをする

ドメイン名の候補が決まったら、ドメイン取得サービスで取得したいドメインがあるかどうかを検索します。ドメイン取得サービスのドメインの検索窓に打ち込むのは、「××××.com」の「××××」部分です。

検索すると、取得可能なドメインとTLDの組み合わせが出てきます。TLDの種類によって金額が変わるので、予算と相談しながらドメインを決めましょう。取得するドメインが決まれば、「カートに追加」や「取得する」ボタンでドメイン取得の手続きを進めます。

3.ネームサーバーを設定する

ドメイン取得後は、サーバーを運用できるようにするためにネームサーバーの設定を行いましょう。ネームサーバーとはインターネット通信を行う際にドメイン名をIPアドレスに変換するサーバーのこと。ドメインはインターネット上の住所と説明していますが、実際は仮の住所です。IPアドレスが本来の住所なのですが、IPアドレスは数字の羅列であるため、人間にとって覚えにくく、識別しにくいという特徴があります。その特徴をカバーするためにドメインが使用されます。

しかし、ドメインは人間向けの住所なので、コンピューターはこれを識別できません。そこでコンピューターに識別させるために必要となるのが、ネームサーバーの設定というわけです。この設定は必ず行っておきましょう。

文字にすると少々難しく感じますが、「【初心者でも簡単】WordPressブログの始め方を徹底解説!」ではドメイン取得からネームサーバーの設定、その後の設定までを写真付きでわかりやすく解説しているので、あわせてご確認ください。

独自ドメイン取得にはムームードメインがおすすめ

独自ドメイン取得にはムームードメインがおすすめ

画像引用元:ムームードメイン

【ムームードメインの特徴】

  • ロリポップの契約でドメイン代が無料になる
  • ロリポップとの連携を簡単におこなえる
  • オプションでセキュリティを強化できる
  • 希少価値の高いドメインを取得できる

ブログの独自ドメイン取得は、GMOペパボが運営するムームードメインの利用がおすすめです。同じくGMOペパボが運営しているロリポップレンタルサーバーと合わせて利用することで、サーバーとの連携が簡単です。また条件を満たすことで、ドメイン取得代と更新料が無料になります。

ほかにもセキュリティ強化オプションや、一般名詞や短い単語で構成されていて覚えやすいなどの理由から希少価値の高いドメインである「プレミアムドメイン」の検索・取得が可能。最短60秒とスピーディーにWordPressサイトを開設できます。10日間の無料期間があるので、ぜひ使用感を試してみてください。

まとめ

共有ドメインでもサイト運営できますが、プラットフォームに依存することになります。サービスが突然終了することも考えられるため、長期的にサイトを運営しようと考えている場合にはおすすめできません。一方で独自ドメインを取得した場合は、更新し続ける限りサイトの運営を継続できます。

費用の問題が出てきますが、ロリポップレンタルサーバーのように契約条件次第でドメイン料が無料になるレンタルサーバー会社もあります。上手く活用すれば永久無料でドメインを使用できるので、サイト長期運営におすすめです。

ロリポップなら、お申込みと同時にWordPressがセットアップされます。

まずは10日間の無料期間を使って、ロリポップの使い心地を試してみてください。

>ブログをはじめるならロリポップ!

ブログをはじめるならロリポップ!

「ロリポップ!レンタルサーバー」なら、WordPressを60秒でインストール。12ヶ月以上契約すると45種類以上のドメインがずっと無料でご利用いただけます。