60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する

フォームからのメールが迷惑メール判定されたらWP Mail SMTPプラグインを試してみよう

WP Mail SMTPプラグインの設定方法

WordPressに設置した問い合わせフォームを活用されている方は多いと思いますが、フォームからのメールが迷惑メールと判定されてお困りの方はいらっしゃいませんか?
今回はそんな方に一度試してみていただきたい、WP Mail SMTP by WPFormプラグインの設定について画像付きで解説していきます。

ロリポwordpressバナー

WP Mail SMTP by WPFormsをインストールする

まずはWordPressの管理画面からプラグインをインストールします。

WordPress管理画面から「プラグイン」のメニューから「新規追加」を選択し、左上の検索ボックスで「WP Mail SMTP by WPForms」 を検索します。下の画像がWP Mail SMTP by WPFormsのプラグインです。このプラグインをインストールします。

WP Mail SMTP by WPFormsプラグイン

インストールが完了したら、プラグイン一覧画面から有効化します。

プラグインを有効化すると以下のようなセットアップウィザードの画面が自動で表示されますが、この後手動で設定していくので、ここでは何も実行しません。画面の下部の「ダッシュボードに戻る」を選択して元の画面に戻ります。

WP Mail SMTPプラグインセットアップウィザード

セットアップウィザードをキャンセルすると、以下のようなプラグインの設定画面に戻ってくるので、ここから手動で設定を進めていきます。

WP Mail SMTP設定画面1

プラグインの設定を手動で行う

設定画面で「一般」のメニューの下の方にメールの項目があるので、この中身を変更していきます。

  • 「送信元メールアドレス」にメールアドレスを入力します
    • ほとんどの場合、WordPressで使用しているドメインのメールアドレスを指定します。それ以外のドメインを使用する場合は、WordPressに使用しているサーバーでSPFレコードを設定しているドメインのメールアドレスを指定してください。
  • 「このメールを強制使用」にチェックを入れます

WP Mail SMTP設定画面2

  • 送信元アドレスを返信先(return-path)として設定」にチェックを入れます
    • この設定が誤っていると迷惑メールとして判定されてしまう可能性があるので忘れずにチェックしてください
  • 「メーラー」の項目はデフォルトのPHPのままで構いません

WP Mail SMTP設定画面3

ここまで設定が終わったら、一番下までいって「設定を保存」ボタンを押して保存します。設定を保存すると、以下のような注意書きが出ますが、そのまま続けて構いません。

WP Mail SMTP設定画面4

テストメールを送信する

ここまでの設定が終わったら、WordPress管理画面のWP Mail SMTPのメニューから、「メールテスト」を選択し、テストメールを送信してみます。

送信先はご自分の任意のメールアドレスで構いません。テスト送信を行うと、ドメインチェックに関する注意喚起のメッセージが表示されることがありますが、送信に問題はありません。

WP Mail SMTPテストメール送信

受信したメールのヘッダーが正しく設定されているかを確認する

受信したテストメールのヘッダーの「Return-Path」の項目が正しく設定されていることを確認します。プラグインの設定画面で「送信元メールアドレス」に入力したメールアドレスと同じものが差出人(送信元)とメールヘッダーのReturn-Pathの項目に記載されていることを確認してください。

以下はロリポップ!Webメーラーで確認した時のものです。ご利用中のメールソフトによってメールヘッダーの確認方法は異なりますのでご確認ください。

テストメールのヘッダーの確認

必要に応じて、実際のフォームを使っての送信も試してみると良いでしょう。

迷惑メールと判定されてしまう理由

実は昨今、迷惑メールと疑わしきメールをできるだけ受信しないようにする動きが目立っています。今までは普通に送信できていたとしても、受信側のメールサーバーのルールが少し変わるだけで、大切なメールが迷惑メールと判定されてしまうケースもあります。正しいメールの使い方、正しいメールの設定を心がけることで、正常なメールが迷惑メールと判定されるリスクを低下させることが可能です。

迷惑メールについては、以下の記事でも詳しく解説していますので興味のある方はこちらも読んでみてください。

関連記事

迷惑メール(スパムメール)が問題となっています総務省による電気通信事業者10社の全受信メール数と迷惑メール数の割合の調査から、やりとりされているメールのうち、実に4割超が迷惑メールであると報告されています。下のグラフの赤い[…]

SPFレコードってなに?なりすましを防いで 安全にメールを運用しよう
関連記事

迷惑メール(スパムメール)は社会問題になっています必要なメールが迷惑メールフォルダーに振り分けられてしまい受信したことに気づかなかったり、逆に自分の送信したメールが相手に届かなかったりした経験をお持ちの方も多いのではないで[…]

迷惑メールと判定される理由

まとめ

今回は、WordPressのフォームからの送信メールが迷惑メールとして判定されてしまった時に試してみていただきたい、WP Mail SMTP by WPFormプラグインの設定方法についてご案内しました。

メールの正しい設定と合わせて、フォームにはRreCAPTCHAを設定するなど、悪用されにくいサイト作りを心がけるようにしましょう。

ロリポップのハイスピードプランなら、お申込みだけでWordPressのセットアップ、WordPressのテーマのインストールが完了する「ブログ収益化・副業スタートパック(ベータ版)」が使えます。

詳細はロリポップのインフォメーションをご覧ください。

>ブログをはじめるならロリポップ!

ブログをはじめるならロリポップ!

「ロリポップ!レンタルサーバー」なら、WordPressを60秒でインストール。12ヶ月以上契約すると45種類以上のドメインがずっと無料でご利用いただけます。