ドメインとは?

ホームページを作る上で欠かせない「ドメイン」について、その役割と種類、独自ドメインの取得方法をご説明します。

ドメインについて

概要

ドメインとは、インターネット上の住所のようなもので、ホームページを識別する情報として利用します。重複する住所がないように、同一のドメインは存在しません。

プロトコルとドメイン

補足:IPアドレス

厳密には、そのホームページがどこにあるのかを判別するのは、ドメインに紐づくIPアドレスです。IPアドレスは「000.00.00.00」のような数字で構成される文字列ですが、数字だけの住所は覚えづらいため、ドメイン名に変換してホームページの場所を示します。

000.00.00.00 = example.com

つまりドメインとは「IPアドレスをわかりやすく覚えやすく表示するもの」となります。

ホームページ運営にはドメインとサーバーが必要

使用するドメインと、ホームページの「置き場」であるサーバーが揃ってはじめてホームページが公開できます。

サーバーとドメインが揃うとホームページが公開できる

メールアドレスにも利用

メールアドレスの「@」以降の文字列もドメインです。こちらもホームページと同じで住所の役割を果たします。メールをどこへ送れば良いか、ドメインがあることによって特定できます。手紙にたとえるなら、@以前が「宛名」、@以降が「住所」です。

@の後がドメイン

独自ドメインとは

ドメインの概要は前述のとおりですが、「独自ドメイン」とはなんでしょうか?その解説のためにまず先に「サービス提供のドメイン」についてご説明します。

サービスが無償提供するドメイン

インターネットのプロバイダやレンタルサーバーでは、ドメインを無償提供していることがあります。ロリポップ!の場合は、アカウントに対して1つ「ロリポップ!のドメイン」を提供しています。

申込みフォームのキャプチャ

このようにロリポップ!では、お申込み時に「アカウント名」と「ロリポップ!のドメイン」を決めることで「ホームページURL」として利用できます。

これも「ドメイン」ではありますが、「ロリポップ!のドメインの中の一つ」という位置付けになります。イメージとしては「ロリポップ!が所有する住所(ドメイン)にあるビルの一室を借りている状態」です。

ユーザーがレンタルしている部分はexample.の部分、ロリポップ!が所有しているのはmain.jpの部分

独自ドメインは自身で取得するドメイン

一方で、ムームードメインのような「ドメイン取得サービス」で取得できるオリジナルドメインのことを「独自ドメイン」と呼びます。

独自ドメインでは好きな文字列を指定可能。所有者はユーザー

ロリポップ!では、独自ドメインを設定することが可能です。

補足:「サブドメイン」とは?

独自ドメインを設定すると「サブドメイン」を作成することができます。サブドメインは、以下のように独自ドメインの頭にドットを挟んで文字列を持つドメインのことをいいます。

独自ドメイン
http://example.com
サブドメイン
http://○○○.example.com
http://×××.example.com

サブドメインは、元となる独自ドメインの所有者のみ作成することが可能です。

独自ドメインのメリット

好きな文字列のドメインを使える

カフェの看板の下にドメインを載せて宣伝したり

ロリポップ!のドメインの場合、「example.main.jp」の「main.jp」の部分は多くのユーザーが利用していますが、独自ドメインなら「example.com」のようにオリジナルのドメインを利用することができます。お店の名前やサイトのタイトルをそのままドメイン名にすることで、名刺や広告に掲載する際など、人に伝えるときに覚えてもらいやすいメリットがあります。

また、「info@example.com」のようにメールアドレスとして利用することで、どのホームページに関連するメールであるかが一目瞭然です。

独自ドメインは、プロバイダやレンタルサーバーに依存しないため、もし別のサーバーに移転することになった場合でも、サイトアドレスはそのまま使い続けることができます。

独自ドメインの種類

ドメインは「.(ドット)」で区切られています。「.com」など、一番右側の部分を「トップレベルドメイン」と呼び、その前にあるものを「第2レベルドメイン」と呼びます。

example.の部分が第2レベルドメイン。.comの部分がトップレベルドメイン

gTLDとccTLD

トップレベルドメイン(TLD)は、ドメインは世界中誰でも取得できるもの(gTLD)と、原則としてその国に在籍する人しか取得できないドメイン(ccTLD)の2種類に大別されます。

代表的なgTLD
.com 主に企業を対象にしたドメイン。commercialの略
.net 主にネットワークに関する企業を対象としたドメイン。networkの略
.org 主に非営利団体を対象としたドメイン。organizationの略
.biz ビジネスを目的に利用されるドメイン
.info 情報サイト等を対象としたドメイン。informationの略
.name 個人を対象とした新しいドメイン

※ 以上のような意味をもつドメインですが、それに従う必要はなく世界中の人が個人で自由に取得できるドメインです。

代表的なccTLD
.jp 日本(Japan)を意味するドメイン
.tv ツバル(Tuvalu)を意味するドメイン
.cc ココス諸島(Cocos Keeling Islands)を意味するドメイン
.cn 中国(China)を意味するドメイン
.to トンガ王国(Tonga)を意味するドメイン

※ 原則としてその国に在籍していないと取得できないドメインですが、国籍に関係なく取得できるドメインも増えています。2文字のトップレベルドメインは全て国を表すカントリーコードが使用されます。

属性型JPドメイン

ccTLDの「.jp」ドメインは、さらに3つの種類に区別されます。種類によっては、個人では取得できないものや、取得できる数に制限があります。

汎用・属性型ドメイン
汎用jpドメイン (○○○.jp)2001年2月から登録受付が開始されたJPドメイン。日本に在籍していれば個人でも登録でき、また登録数に制限がありません
属性型jpドメイン
(○○○.co.jp)
(○○○.ne.jp)
(○○○.or.jp)等
「.jp」の前に「co」「or」「ne」等の登録者の組織や団体を表す文字列が使われているドメインです。1組織1ドメインしか取得できません
  • 「.co」…株式・有限会社向け
  • 「.ne」…ネットワークサービス向け
  • 「.or」…会社以外の団体向け
  • 「.ac」…教育機関向け

独自ドメインの取得

ドメイン取得サービス「ムームードメイン」

ドメインの取得には、ムームードメインがおすすめです。ムームードメインは、.com .net .jp .co.jpなど多種多様なドメインを取得・登録できる国内最大級のドメイン総合サービスです。

ムームードメインのページキャプチャ

ロリポップ!で独自ドメインご利用する場合の具体的な作業内容については独自ドメインご利用時の作業内容をご覧ください。

ドメインの更新について

ドメインは一度取得してしまえばずっと自分のもの!…というわけではありません。ドメインには有効期限があり、ドメイン取得時に利用期間を決めることができます。有効期限後も継続してドメインを利用したい場合は、更新費用が必要になります。

DNS設定(ネームサーバー設定)について

DNSとは、ドメインネームシステム(Domain Name System)の略で、数字で構成されるIPアドレスを、人間が覚えやすいように「lolipop.jp」などの「ドメイン名」に置き換えるシステムのことです。DNS設定(ネームサーバー設定)とは、上記のシステムを利用して、ドメインとサーバーを結びつけるために行う設定です。

独自ドメインを取得したら、以下の図のようにDNS設定(ネームサーバー設定)を行い、独自ドメインとロリポップ!のサーバーを結びつける必要があります。詳しい設定については独自ドメインご利用時の作業内容をご覧ください。

DNS(ネームサーバー)はロリポップ!へ向ける

補足:レジストリとレジストラ。ドメイン登録の仕組み

レジストリというドメインを管理している「ドメイン登録管理組織」があります。ドメインは、直接レジストリに申込みをすることはできません。ドメインを取得するには、レジストリに対してドメインを登録作業を行うレジストラ(ドメイン登録業者)に申込むか、そのレジストラに登録申請を行うリセラー(ドメイン取得代行業者)に申込む必要があります。

ムームードメインはリセラーです。ムームードメインでドメインを申込むと、レジストラへの登録申請・レジストリへの登録作業はすべてムームードメインが行うので安心です。

※ JPドメインに関しては、ムームードメインがレジストラとなっています。

レジストリ・レジストラ・リセラーの構造図

ムームードメインで
さっそくドメインを取得しましょう!

ドメインを取得する

マニュアルのトップへ