各種メールソフトの設定変更方法

各種メールソフトでの設定変更方法、SMTP-AUTH設定方法をご説明します。

[Windows]Thunderbird
アカウント設定変更方法 SMTP-AUTH設定方法
[Windows]WindowsLiveメール 2012
アカウント設定変更方法 SMTP-AUTH設定方法
[Windows]Outlook 2007
アカウント設定変更方法 SMTP-AUTH設定方法
[Windows]Outlook 2013
アカウント設定変更方法 SMTP-AUTH設定方法
[Windows]Becky! ver.2
アカウント設定変更方法 SMTP-AUTH設定方法
[MacOS10.9]MacMail
アカウント設定変更方法 SMTP-AUTH設定方法
[Mac]Thunderbird
アカウント設定変更方法 SMTP-AUTH設定方法

[Windows]Thunderbird アカウント設定変更

アカウント設定の選択
画面右上にあるメニューアイコンをクリックし、『オプション』の『アカウント設定』を選択します。
アカウント設定の選択
受信サーバー設定の変更
『サーバー設定』を選択します。
受信サーバー設定の変更
『サーバー名』をお客様のメールサーバーに変更します。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
この画面でSSL設定も行います。
受信サーバー設定の変更
サーバー名
お客様の『メールサーバー(POP)』を入力します。
ポート
『995』を入力します。
接続の保護
『SSL/TLS』を選択します。
認証方式
『通常のパスワード認証』を選択します。
送信(SMTP)サーバーの設定変更、SMTP-AUTH設定
『送信(SMTP)サーバー』を選択します。
送信(SMTP)サーバーの設定変更、SMTP-AUTH設定
設定を変更する送信サーバーを選択し、『編集』をクリックします。
送信(SMTP)サーバーの設定変更、SMTP-AUTH設定
送信サーバーの設定を行います。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
設定の後、『OK』をクリックします。
送信(SMTP)サーバーの設定変更、SMTP-AUTH設定
サーバー名
お客様の『メールサーバー(SMTP)』を入力します。
ポート番号
『465』を入力します。
接続の保護
『SSL/TLS』を選択します。
認証方式
『通常のパスワード認証』を選択します。

WindowsLiveメール2012 アカウント設定変更

アカウントの選択
編集するメールアカウントを選択します。
アカウントの選択
プロパティの選択
『アカウント』の『プロパティ』を選択します。
プロパティの選択
メールサーバーの設定変更
『サーバー』を開き、『受信メール(POP3)』、『送信メール(SMTP)』を変更します。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
メールサーバーの設定変更
受信メール(POP3)
お客様の『メールサーバー(POP)』を入力します。
送信メール(SMTP)
お客様の『メールサーバー(SMTP)』を入力します。
SMTP-AUTHの設定
『このサーバーは認証が必要』にチェックを入れます(これによりSMTP-AUTHが有効になります)。
SMTP-AUTHの設定
SSLの設定
『詳細設定』を開き、SSLの設定を行います。
設定の後、『OK』をクリックします。
SSLの設定
送信メール(SMTP)
『465』を入力します。
このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要
チェックを入れます。
受信メール(POP3)
『995』を入力します。
このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要
チェックを入れます。

[Windows]Outlook2007 アカウント設定変更

アカウント設定の選択
『ツール』の『アカウント設定』を選択します。
アカウント設定の選択
アドレスの選択
『電子メール』を開きます。
設定を変更するメールアドレスを選択し、『変更』をクリックします。
アドレスの選択
設定の変更
『受信メールサーバー』、『送信メールサーバー』を変更します。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
変更の後、『詳細設定』をクリックします。
設定の変更
受信メールサーバー
お客様の『メールサーバー(POP)』を入力します。
送信メールサーバー
お客様の『メールサーバー(SMTP)』を入力します。
SMTP-AUTHの設定
『送信サーバー』を開き、送信サーバーの認証設定をSMTP-AUTHに変更します。
SMTP-AUTHの設定
送信サーバー(SMTP)は認証が必要
チェックを入れます。
受信メールサーバーと同じ設定を使用する
選択します。
SSLの設定
『詳細設定』を開き、SSL設定を行います。
設定の後、『OK』をクリックします。
SSLの設定
受信サーバー(POP3)
『995』を入力します。
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要
チェックを入れます。
送信サーバー(SMTP)
『465』を入力します。
使用する暗号化接続の種類
『SSL』を選択します。

[Windows]Outlook2013 アカウント設定変更

ファイルの選択
『ファイル』をクリックします。
ファイルの選択
アカウント設定の選択
『アカウント設定』を開き、『アカウント設定』をクリックします。
アカウント設定の選択
アドレスの選択
『電子メール』を開きます。
設定を変更するメールアドレスを選択し、『変更』をクリックします。
アドレスの選択
設定の変更
『受信メールサーバー』、『送信メールサーバー』を変更します。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
変更の後、『詳細設定』をクリックします。
設定の変更
受信メールサーバー
お客様の『メールサーバー(POP)』を入力します。
送信メールサーバー
お客様の『メールサーバー(SMTP)』を入力します。
SMTP-AUTHの設定
『送信サーバー』を開き、送信サーバーの認証設定をSMTP-AUTHに変更します。
SMTP-AUTHの設定
送信サーバー(SMTP)は認証が必要
チェックを入れます。
受信メールサーバーと同じ設定を使用する
選択します。
SSLの設定
『詳細設定』を開き、SSL設定を行います。
設定の後、『OK』をクリックします。
SSLの設定
受信サーバー(POP3)
『995』を入力します。
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要
チェックを入れます。
送信サーバー(SMTP)
『465』を入力します。
使用する暗号化接続の種類
『SSL』を選択します。

[Windows]Becky! アカウント設定変更

メールボックスの設定の選択
設定変更を行うメールボックスを選択し、『ツール』の『メールボックスの設定』をクリックします。
メールボックスの設定の選択
メールサーバーの変更
『基本設定』を開き、以下のように設定変更します。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
メールサーバーの変更
POP3サーバー(受信)
お客様の『メールサーバー(POP)』を入力します。
POP3S
チェックを入れることで受信がSSLで行われます。チェックを入れると『ポート番号をSSL/TLS標準の465に変更しますか?』というダイアログが出ますので『はい』を選択してください。
SMTPサーバー(送信)
お客様の『メールサーバー(SMTP)』を入力します。
SMTPS
チェックを入れることで送信がSSLで行われます。チェックを入れると『ポート番号をSSL/TLS標準の995に変更しますか?』というダイアログが出ますので『はい』を選択してください。
SMTP-AUTHの設定
『詳細』を開き、SMTP-AUTH設定を行います。
この画面で先ほど設定したSSLの設定が反映されているかも確認します。
設定、確認の後、『OK』をクリックします。
SMTP-AUTHの設定
SMTP認証
チェックを入れます。
LOGIN
チェックを入れます。

『CRAM-MD5』、『PLAIN』にはチェックは入れません。

ユーザーID
お客様の『メールアカウント』を入力します。
パスワード
お客様の『メールパスワード』を入力します。
ESMTPを使用(SMTP認証には必須)
チェックを入れます。

『POP before SMTPを使用』にチェックがある場合は、チェックをはずしてください。

SSLの設定確認
SMTP
『465』に設定されているか確認します。

異なる場合は『465』に変更してください。

POP3
『995』に設定されているか確認します。

異なる場合は『995』に変更してください。

IMAP4
そのままで結構です。
SSL/TLS関連の設定確認
受信用
『over TLS 1.0』に設定されているか確認します。

異なる場合は『over TLS 1.0』に変更してください。

送信用
『over TLS 1.0』に設定されているか確認します。

異なる場合は『over TLS 1.0』に変更してください。

[MacOs10.9]MacMail アカウント設定変更

環境設定の選択
ツールバーの『メール』から『環境設定』を選択します。
環境設定の選択
『アカウント』を選択します。
環境設定の選択
アカウント情報などの変更
アカウント情報を編集します。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
アカウント情報などの変更
受信用メールサーバー
お客様の『メールサーバー(POP)』を入力します。
『詳細』を開き、詳細設定を行います。
アカウント情報などの変更
ポート
『995』を入力します。
SSLを使用
チェックを入れます。
送信用メールサーバーの変更、SMTP-AUTHの設定
『送信用メールサーバー』の『SMTPサーバーリストを編集』を選択します。
送信用メールサーバーの変更、SMTP-AUTHの設定
サーバー一覧が表示されます。
使用しているアカウントのサーバーが選択されている事を確認し、『詳細』を開き、認証方法を設定します。
設定の後、『OK』をクリックします。
送信用メールサーバーの変更、SMTP-AUTHの設定
カスタムポートを使用
選択し、『465』と入力します。
SSL(Secure Socket Layer)を使用
チェックを入れます。
認証
パスワードを選択します。
ユーザー名
お客様の『メールアカウント』を入力します。
パスワード
お客様の『メールパスワード』を入力します。
送信用メールサーバーの適用の確認
『アカウント情報』の『送信用メールサーバー』にて、送信用メールサーバーにチェックが入っていることを確認します。
設定完了です(保存ボタンはありません)。
送信用メールサーバーの適用の確認

[Mac]Thunderbird アカウント設定変更

アカウント設定の選択
『ツール』の『アカウント設定』を選択します。
アカウント設定の選択
受信サーバー名の変更
『サーバー設定』を選択します。
受信サーバー名の変更
『サーバー名』をお客様のメールサーバーに変更します。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
この画面SSL設定も行います。
受信サーバー名の変更
サーバー名
お客様の『メールサーバー(POP)』を入力します。
ポート
『995』を入力します。
接続の保護
『SSL/TLS』を選択します。
認証方式
『通常のパスワード認証』を選択します。
送信(SMTP)サーバ、SMTP-AUTHの設定
『送信(SMTP)サーバ』を選択します。
送信(SMTP)サーバー、SMTP-AUTHの設定
設定を変更する送信サーバーを選択し、『編集』をクリックします。
送信(SMTP)サーバー、SMTP-AUTHの設定
送信サーバーの設定を行います。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
設定の後、『OK』をクリックします。
送信(SMTP)サーバー、SMTP-AUTHの設定
サーバー名
お客様の『メールサーバー(SMTP)』を入力します。
ポート番号
『465』を入力します。
接続の保護
『SSL/TLS』を選択します。
認証方式
『通常のパスワード認証』を選択します。

マニュアルのトップへ