60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する

ブログのアクセス数の増やし方|平均と目安、調べる方法も徹底解説

「頑張って運営しているのにアクセス数が増えない」

「ブログを運営してしばらく経つのにアクセス数が増えない」

こうした悩みを抱えるブログ運営者は意外と多くいます。ブログは訪問者数が多ければ多いほど、報酬発生の可能性が上がるので、できればアクセス数を増やしたいところ。そこで今回は、ブログのアクセス数の増やし方について解説します。どういったケースにどういった方法が効果的なのかを探りながら1つずつ試してみてください。

ロリポwordpressバナー

ブログのアクセス数とは

ブログのアクセス数とは

ブログのアクセス数とは、「ブログに訪れた読者数」のことです。一定期間にブログに訪問した数を示す言葉として「PV(ページビュー)数」や「ユーザー数」、「セッション数」があり、アクセス数はPV数、セッション数とほぼ同義と考えられます。ちなみにこれらは下記のような違いがあり、ブログの分析を行う際に必要なので、念のために覚えておくと良いでしょう。

用語意味
PV数一定期間にページが表示された数。ピーブイ数、ページビュー数と呼ばれる。アクセス数とほぼ同義
ユーザー数(ユニークユーザー数)一定期間にブログを訪れた読者の数。ただし、同じ読者が複数回訪れてもユーザー数は1になる(例:Aが2回訪問しても、ユーザー数は1)
セッション数一定期間にブログを訪れた読者の数。アクセス数とほぼ同義

ブログのアクセス数の平均

残念ながらブログのアクセス数の平均に関する有力な情報はありません。2013年にとある企業が公表した調査結果によると、個人ブログの8割において1日の平均アクセス数は50以下だと言われています。ただし現在では調査結果のページ自体が削除されているため、詳細は不明です。

また少し話がズレますが、下記はアフィリエイト収入の分布を示した日本アフィリエイト協議会の調査結果です。アフィリエイトによる収入にはブログによって雲泥の差があることがわかります。これはつまり、一部のブログにアクセスが集中していることを示しており、個人ブログの平均アクセス数を知ったところで参考にならないことがわかるでしょう。

月額アフィリエイト収入(2020)

引用元:日本アフィリエイト協議会

ブログで収入を得たい場合のアクセス数の目安

ブログで収益を上げたい場合においては、次のように収益額に対するアクセス数(PV数)の目安があります。

月の報酬額アドセンス(単価0.25円の場合)アフィリエイト
1万円4万PV1万PV
5万円20万PV10万PV
10万円40万PV30万PV
50万円200万PV100万PV

一般的なアドセンスの収益は1000PVに対して250円です。つまり、1PVあたり0.25円が発生する計算です。そのため、月5万円を稼ごうと思うと、50,000円÷0.25PV=20万PVが最低でも必要です。

アフィリエイトの場合は、ブログに訪問してきた人がブログに設置した広告を経由して「商品を購入したら」報酬が発生する仕組みになっているので、PV数を稼いだところで購入されなければ報酬は発生しません。そのため、PV数は特に気にする必要はありませんが、目安として上記のPV数と報酬額を覚えておくと良いでしょう。

自分のブログのアクセス数を調べる方法

自分のブログのアクセス数を調べる方法

自分のブログのアクセス数を調べるにはGoogleが提供する無料ツール、Googleアナリティクスを使用します。Googleアナリティクスに登録していない人はこの機会に登録を行いましょう。

  1. Googleアナリティクスを開く
  2. 左側にある「ユーザー→オーディエンス」の順にクリックする
Googleアナリティクス

赤枠の右端にある「ページ/セッション」数がいわゆるアクセス数です。そのほかにもさまざまな分析ができますが、初心者のうちはまず、この「ページ/セッション」数の動向を伺いましょう。

ブログのアクセス数が増えない原因

ブログのアクセス数が増えない原因

ブログのアクセス数が増えない原因としては下記のようなものが考えられます。

  • 運用歴が短い
  • ブログのテーマが定まっていない
  • SEOのペナルティ
  • 被リンクが少ない、もしくは全くない

ブログへのアクセスは、ほとんどがGoogleやYahoo!などの検索結果からです。そのため、SEO対策により検索結果の上位に表示されないとアクセス数の増加は望めません。

運用歴が短い

開設したばかりのブログは、検索結果の順位を判断するGoogleからの信用を得にくい傾向にあります。それもそのはず、Googleからしてみればどのジャンルでどの程度の信用がおけるか、まったくわからない新参者だからです。そのため、ブログ開設から3ヵ月~半年間はブログへのアクセスがない状態が一般的です。このアクセスがない期間もコツコツ運用し続けることで、ようやくGoogleに認めてもらえ、検索結果からのアクセス数が増加していきます。

ただし半年程度を経過した時点でアクセス数が変わらない場合は、キーワードの選定や記事の書き方など、ブログの運営方法が間違っているため、記事の質や表示速度、ジャンル選びなどを今一度、見直す必要があります。

ブログのテーマが定まっていない

検索結果の順位を判断するGoogleは、検索順位を決める際にE-A-T(専門性・権威性・信頼性)を重視しています。そのため、1つのテーマに絞った「特化ブログ」の方が、専門性や信頼性が高いと判断されるので、検索結果の上位に表示されやすくなります。つまり、アクセス数を稼ぎやすくなるということです。

ブログは基本的に運営者の好きなテーマで発信しても問題ありませんが、アクセス数を増やして報酬を稼ぎたい場合は別です。テーマが決まっておらず、充分なアクセス数を集められていない場合は、1つのテーマに特化した「特化ブログ」に移行してみると良いでしょう。

SEOのペナルティ

Googleでは、下記のようなコンテンツはペナルティの対象となることを発表しています。

対象
低品質なコンテンツ
  • 無断で自動生成されたコピー・重複コンテンツ
  • 内容の薄いアフィリエイトブログ・サイト
  • 誘導ページ
不自然なリンクが設置されたコンテンツ
  • 売買で得たリンク
  • 被リンク獲得を目的に作られた低品質サイトからのリンク
  • 過度な相互リンク

今回紹介しているほか3つに思い当たる節がない場合は、SEOのペナルティを科されている可能性を疑ってみましょう。思い当たる内容がない場合は、知らず知らずの内に品質ガイドラインに違反するような内容の記事を作成していることも考えられます。今一度、Googleが公開している「ウェブマスター向けガイドライン」や「手動による対策レポート」を熟読して、該当のブログがないかどうか、確認することをおすすめします。

被リンクが少ない、もしくは全くない

被リンクとは、外部のブログ・サイトに自分のブログのURLを貼ってもらうことを言います。Googleはこの被リンクをWeb上における「投票」だと判断しています。つまり、被リンクに関して下記のようなことが言えます。

  • 被リンクが多い・・・人気のあるブログ。信頼性の高い内容が記載されたブログ
  • 被リンクが少ない・・・人気のないブログ。内容の信頼性が担保できないブログ

世界的な検索エンジンであるGoogleとしても、利用者(ユーザー)がいなくなれば会社の存続ができなくなります。そのため、ユーザーにとって有益で信頼性の高い情報を記載しているブログ、つまり被リンクの多いブログを上位に表示する傾向にあります。そのため、被リンクが少ない、もしくは全くないブログは検索結果の上位に表示されず、アクセス数も稼げないというわけです。

ブログのアクセス数の増やし方

ブログのアクセス数の増やし方

ブログのアクセス数を増やす方法として考えられるのは以下のようなものがあります。

  • ブログの記事数を増やす
  • 記事の質を上げる
  • 定期的に記事を更新する
  • 適切なキーワードを選定する
  • 記事のタイトルを工夫する
  • 独自性のある内容にする
  • 関連記事のリンクを設定する
  • SNSで記事をシェアする
  • サイトの読み込み速度を改善する

上記の対策は、検索結果の順位をあげるためのSEO(検索エンジン最適化)対策に繋がります。検索結果の順位が上がれば、その分アクセス数の増加が見込めるので、できるところから取り組んでみましょう。

ブログの記事数を増やす

記事数を増やせばその分アクセス数が増えるわけではありませんが、検索結果に表示される記事数が増えればそれだけサイトへの「入り口」が増えることになるので、結果的にアクセス数の増加が見込めます。ブログを開設したばかりで記事数が少ない場合は、まずは100記事を目標に記事数を増やしてみましょう。

なぜ100記事かというと、「入り口」を増やせるのはもちろん、100という途方もない記事数を書いていくうちに、Google検索結果で上位表示されるために必要な「記事の質」や「ライティングスキル」が鍛えられていくからです。より詳細なメリットや100記事書くコツについては「ブログ初心者が100記事を書くコツ5つ|収益化するポイントも紹介」で解説しているので、あわせて参考にしてください。

記事の質を上げる

ブログを書く際にもっとも重要なのが「記事の質」です。記事の質とは、「ユーザーにとって有益性の高いコンテンツ(内容)」であることです。ユーザーがブログに訪問する際は何かしらの課題や悩みを抱えています。その課題や悩みの解決策を提供できる記事が、ユーザーにとって有益性の高いコンテンツです。

Googleがサイトを評価する際にも「有益性が高いかどうか」は重要な要素です。つまり、有益性の高いコンテンツはGoogleから高い評価を得やすいということであり、検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。

定期的に記事を更新する

ブログを数記事書いてそのまま放置していてもアクセス数は増えません。むしろまったく更新していないと、「古い情報しか得ることができない」と思われてサイトの信頼性を失う可能性が高くなります。

現状でアクセス数が増えていないのであれば、既存記事に問題があるということです。つまり、既存記事にある情報はユーザーにとって有益性が高くない、と考えられます。また、定期的に記事を更新する、というのはなにも新しい記事を投稿することだけではありません。既存記事のリライトを行い、記事の質を上げて再投稿することで検索順位が上がる場合もあるので、定期的な新規記事の投稿はもちろん、既存記事のリライトも行うようにしましょう。

適切なキーワードを選定する

ユーザーが検索行動を取る際には必ずGoogleの検索窓にキーワードを打ち込みます。たとえば「ブログ アクセス数 増やす方法」といった感じです。アクセス数を稼いで収益化を図りたいのであれば、「キーワードを選んでから記事を作成する」流れが大切です。

たまたま運良く自分が書きたいことを書いた記事が、とあるキーワードで上位に表示されることもありますが、そういったケースは稀です。そのため、戦略的にキーワードを選定して、その検索意図(キーワードに対してユーザーが何を知りたいか)に添って記事を書く必要があります。キーワード選定の際は、検索ボリュームが100~1,000程度のものを選ぶと良いでしょう。ちなみに検索ボリュームは「ラッコキーワード」や「Googleキーワードプランナー」などの無料のツールで調べられます。

記事のタイトルを工夫する

ユーザーは検索結果でタイトルを見て、瞬時に「自分に関係ある記事かどうか」「自分にとってメリットのある記事かどうか」を判断します。つまり、タイトルはアクセス数に直結する部分なので、適当に決めてはいけないということです。一般的にはユーザーが検索するキーワードはタイトルの左側に配置するのが鉄則。キーワード以降は、「さらにユーザーが知りたいと思っている補足情報」を足してあげるとクリック率、つまりアクセス数の増加に期待が持てます。

もし検索結果の上位に表示されているにもかかわらず、アクセス数が伸び悩んでいる場合は、記事のタイトルがユーザーに響いていない可能性を疑いましょう。

独自性のある内容にする

Googleでは下記のとおり、独自性のあるコンテンツの検索順位を上げることを発表しています。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
引用元:Google 検索セントラル ブログ

そのため、オリジナル性の高い記事を制作することで、検索結果の順位が上がる可能性があり、アクセス数の増加も見込めます。ただし、事実無根の情報を記載するのはNGです。虚偽の情報を載せることによって、ユーザーを欺くことになるため、一時的にアクセス数を増やせても長期的には損をするので絶対にやめておきましょう。

関連記事のリンクを設定する

検索順位をあげるためのSEO対策においては、サイト内部のディレクトリー(階層)構造もチェックされます。ディレクトリー構造とは、フォルダやフォルダ群の階層構造のことです。階層構造は関連記事のリンク(内部リンク)によって成り立っています。このフォルダやフォルダ群がカカテゴリーによってきれいに整理されているかどうかで「検索順位を決めるロボットの回遊性=ユーザーの利便性」を測り、検索順位を決める要素の一つとしています。

そのため、この構造を整えるだけでも検索順位が上がり、アクセス数の増加が見込めます。たとえば下記のような感じです。

サイト内部のディレクトリー構造

上記のように大きなカテゴリーから順に関連性のあるカテゴリーを繋ぐことがベストです。その順序や粒度が異なる場合は、SEO的に良くないディレクトリー構造になっているので、内部リンクの修正を行いましょう。

SNSで記事をシェアする

ブログへの流入経路は検索結果からがメインですが、SNSで宣伝することによって、そこからの流入も見込めます。たとえばSNSのプロフィールにブログのURLを貼っておけば、フォロワーが見に来てくれる可能性があります。また、ブログを更新するたびに投稿でお知らせをすれば、気付いたフォロワーがブログに遊びに来てくれることもあるでしょう。

サイトの読み込み速度を改善する

たとえばネットショッピング中に、気になる商品のページをクリックしたけどなかなか表示されないため、購入を諦めた経験がある方は多いのではないでしょうか。これはブログでも同じことが言え、サイトの読み込み速度が遅いだけでアクセス数を損している可能性があります。また、2018年にGoogleは「モバイル検索のランキング要素にページ(サイト)の読み込み速度を追加する」ことを正式に発表しています。つまり、サイトの表示速度はSEOに大きく関係してくるということです。

そのため、アクセス数を確保するためにサイトの読み込み速度の改善は必須です。サイトを読み込むのに3秒以上かかる場合は、読み込み速度の改善を図りましょう。

まとめ

アクセス数は多ければ多いほど、収益化の可能性が高まります。そのため、アクセス数が稼げていないサイトは早めに対処することをおすすめします。サイトによって効果のある対策が異なるので、対策を試す際にはどういったケースの場合に、どの対策の効果があったのかを検証しながら行うと、今後のブログ運営にも役立つでしょう。

ロリポップなら、お申込みと同時にWordPressがセットアップされます。

まずは10日間の無料期間を使って、ロリポップの使い心地を試してみてください。

>ブログをはじめるならロリポップ!

ブログをはじめるならロリポップ!

「ロリポップ!レンタルサーバー」なら、WordPressを60秒でインストール。12ヶ月以上契約すると45種類以上のドメインがずっと無料でご利用いただけます。