利用規約

ロリポップ!レンタルサーバー利用規約

ロリポップ!レンタルサーバー利用規約(以下「本規約」といいます。)には、GMOペパボ株式会社(以下「当社」といいます。)の提供するレンタルサーバーサービス「ロリポップ!レンタルサーバー」のご利用にあたり、ユーザー(第2条において定義します。)の皆様に遵守していただかなければならない事項及び当社とユーザーの皆様との間の権利義務関係が定められております。当該サービスをユーザーとしてご利用になる方は、本規約に同意する前に、必ず全文お読みくださいますようお願いいたします。

第1章 総則

第1条 (規約の適用)

1.本規約は、当社とユーザーとの間に生ずる一切の関係に適用されるものとします。ユーザーは、本サービス(第2条において定義します。)のユーザーとして登録することにより、本規約の全ての内容に同意したものとみなされます。

2.当社が本サービスサイト(第2条において定義します。)上で随時掲載する本サービスに関するルール、機能説明、利用方法に関する説明、注意事項及び制限事項等は本規約の一部を構成するものとしますが、本規約とそれらの内容が異なる場合は、本規約が優先して適用されるものとします。

3.当社が特定のオプションサービスについてその利用にかかる規約や特約(以下「オプション特約」といいます。)を別途定める場合、当該オプションサービス利用の範囲においては、オプション特約が本規約に優先し適用されます。但し、オプション特約に特段定めのない事項については、本約款が適用されます。

4.当社はユーザーに承諾を得る事無く、本サービスや本規約を変更する場合が有り、ユーザーはこれを承諾するものとします。当社は、本規約を変更した場合には、本サービスサイト上に変更後の本規約を掲載することによってユーザーに通知するものとし、当該通知後もユーザーが本サービスの利用を継続した場合又は当社が別途定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

第2条 (定義)

本規約等において別段の定めがある場合を除いて、本規約等における用語は、以下の各号に定める意義を有するものとします。

  • (1) 「本サービス」とは、当社が「ロリポップ!レンタルサーバー」の名称を付して提供するレンタルサーバーサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)をいいます。
  • (2)「本サービスサイト」とは、本サービスに関して当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず当社のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)をいいます。
  • (3) 「ユーザー」とは、本規約の諸規定に基づき本サービスの利用を開始し、本サービスの利用者としての登録がなされた個人又は法人をいいます。
  • (4) 「利用契約」とは、当社とユーザーの間で成立する、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約をいいます。
  • (5) 「ユーザー専用ページ」とは、本サービスサイト内において、各ユーザーが本サービスの利用に関する設定・管理を行うページであって、ユーザーが当社所定の方法により設定したパスワードにより閲覧・利用が可能となるページのことをいいます。

第3条 (サービス内容)

1.ユーザーは、利用契約の有効期間内に限り、本規約で認められた範囲で、当社の定める方法に従い本サービスを利用することができます。

2.本サービスの主たる内容は、次の各号に定める通りとします。その詳細は、本サービスサイト上において別途当社が定めるものとします。

  • (1) サーバースペースレンタルサービス
  • (2) メールアカウントレンタルサービス
  • (3) その他本サービスに付随するオプションサービス

3.当社は、本サービスの仕様の改良、追加、削除等により本サービスの内容の変更を行うことがあり、ユーザーは予めこれを承諾するものとします。

第4条 (通知方法)

1.当社からユーザーに対する通知は、本規約に特に定めない限り、ユーザー専用ページに入力されたユーザーの電子メールアドレス宛に、電子メールを送信する方法又はユーザー専用ページに入力されたユーザーの住所宛に郵便物を送付する方法その他当社が適当と判断した方法により行います。

2.当社がユーザーに対して前項記載の方法により通知した場合において、当社からの通知がユーザーに到達しなかったとしても、当該不到達に起因して発生した損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

第2章 利用申込等

第5条 (利用申込)

1.本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用を申込むことができます。

2.前項の申込みの後、当社は、登録希望者に対し、お申込み手続きの完了を通知するものとし、当該通知の到達をもってユーザーとしての登録は完了したものとします。

3.前項に定める登録の完了時点又はユーザーがユーザー専用ページを閲覧した時点のうちいずれか早い時点をもって、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約がユーザーと当社の間に成立し、ユーザーは本サービスを当社の定める方法で利用することができるようになります。

第6条 (利用申込の拒絶・取消し)

1.ユーザーの申込み後、ユーザーが以下のいずれかに該当することが判明した場合、当社は、その申込みを拒絶し、又は取り消し、将来にわたってユーザー資格を与えない場合があります。

  • (1) ユーザーが虚偽の内容を記入した場合
  • (2) ユーザーが申込みをした時点で、本規約の違反等によりユーザー資格の停止処分中であり、又は過去に本規約の違反等で除名処分を受けたことがある場合
  • (3) ユーザーが申込みをした時点で、ユーザーの現在使用する本サービスの利用料金の支払を怠っている、又は過去に支払を怠ったことがある場合
  • (4) 申込み内容が明らかに不適切であると、当社が判断した場合
  • (5) ユーザーが未成年者、成年被後見人、被保佐人、被補助人又は法人の代表権を有しない者若しくは法人としての申込み権限を有しない者であり、法定代理人、後見人、保佐人、補助人又は代表権を有する者の同意等を得ていない場合
  • (6) その他、ユーザーが当社の本サービスを利用することにより、当社の本サービス提供に重大な支障をきたすと判断した場合

2.当社は、前項各号の該当性の判断のため、又はユーザーの登録情報の正確性の調査のため、ユーザーに対し、別途当社が指定する情報を提供するよう求めることができるものとします。ユーザーは、当社から必要な情報の提出を求められた場合は、当社の指定する書式、方法及び期日に従って提出するものとします。なお、書類等の提出にかかる費用はユーザーの負担とします。

第7条 (お試し期間)

1.ユーザーは、本規約に基づき本サービスのユーザーとしての登録が完了した日から別途当社が定める期間(以下、「お試し期間」といいます。)は、無料で本サービスを利用することができるものとします。

2.ユーザーは、お試し期間終了後も、本サービス利用の継続を希望する場合には、当社が別途通知する支払期日までに、所定のサービス利用料金を支払うものとします。ユーザーが、お試し期間の満了日までに、前項に従いサービス利用料金を支払わないときは、当社は、当該お試し期間の満了日をもって、本サービスの利用契約を解除するものとします。

第8条 (利用期間)

本サービスの利用期間は、別途当社が本サービスサイト上において定めるところに従い、お試し期間終了日の翌日から1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月のいずれかとします。

第8条の2 (期限を定めない場合の特約)

1.第8条にもかかわらず、ユーザーは、当社が本サービスサイト上において、契約の種類として定める「プラン」のうち、当社が指定する特定のプランについて、本サービスの利用期間を定めないことができるものとします。但し、利用期間を定めないでする契約は、ユーザーのうち自然人のみが申込むことができるものとします。

2.前項に基づきユーザーが利用期間を定めないで利用契約をした場合といえども、以下のうちいずれかが生じたときは、当該事由の発生した日をもって契約が終了するものとします。

  • (1) ユーザーの死亡した日
  • (2) 当社が第11条に定める退会の届出を受領した日
  • (3) 当社が本規約に基づき本サービスの全部若しくは一部を廃止した日

3.利用期間を定めない契約に基づくユーザーの権利は、ユーザーに一身に専属するものとし、当該権利の第三者への譲渡、貸与、使用、転売、承継、相続等は一切できないものとします。

4.ユーザーは、利用期間を定めない契約の成立後は、ユーザーの都合によるプランの変更はできないものとします。

5.当社は、ユーザーの承諾を得ることなく、本サービスの内容の一部又は全部の、変更又は廃止を行うことができるものとします。当社は、ユーザーが利用期間を定めない契約に基づき利用しているプランを廃止する場合、既にユーザーが当社に支払った利用料金から、ユーザーが実際に本サービスを利用した日数に応じた利用料金相当額(当該プランの月額利用料金相当額を1ヶ月30日間として日割りした金額に、ユーザーが実際に利用した日数を乗じた金額)を差し引いた金額をユーザーに支払うものとします。但し、利用料金相当額が、既にユーザーが当社に支払った利用料金額を超える場合は、当社はユーザーに対して一切の返金等を行わないものとします。

6.利用期間を定めない契約に関して、第21条ただし書きに基づき当社がユーザーに対して損害を賠償する場合の上限は、当該契約にかかるプランの月額利用料金の12か月分相当額を賠償額の上限とします。

第9条 (利用の停止)

1.以下の場合、当社は理由の如何に関わらずユーザーに対する本サービスの提供をただちに中止し、ユーザーに対しユーザー資格の停止処分又は除名処分を行うものとします。
また、規約違反により当社に損害を与えた場合には当社がユーザーに対し損害賠償請求することができます。

  • (1) ユーザーが当社に対して虚偽の申告をした場合
  • (2) ユーザーが本規約に違反する行為を行った場合
  • (3) ユーザーが本規約第4章(禁止事項)及び別途禁止事項のページに定める内容に抵触する行為をした場合又はするおそれがある場合
  • (4) 本規約第12条に定める通り料金の支払いが無い場合
  • (5) ユーザーが違法、又は明らかに公序良俗に反する内容でサービスを利用した場合
  • (6) 当社がユーザー宛に発送・送信した郵便物・メールが、理由の如何を問わず、当社に返送され、または届かない場合
  • (7) その他当社がユーザーの本サービスの利用について不適切と判断した場合

2.また、上記理由でサービスの提供を中止したことによりユーザーに生じた損害等については、当社は一切責任を負わないものとします。

第10条 (変更の届出)

ユーザーは、本サービスの利用にあたって、当社に届け出た情報(以下「届出情報」といいます。)に誤り・不足等があることが判明し、又は届出情報に変更が生じた場合には、直ちに、当社が別途定める方法で、当社に対して当該変更を届け出るものとします。当社は、ユーザーが本条に定める届出を行わない場合は、届出情報が真正な情報であるとみなすことができるものとし、変更届出が行われないことに起因し又は関連してユーザー又は第三者に生じる結果及び損害について、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

第11条 (退会)

1.ユーザーは本サービスを退会する場合、その旨ユーザー専用ページより届け出るものとします。
当社はユーザーからの退会の届出を受領した場合、ユーザーにその旨を電子メールにて通知することとし、契約の期間満了日をもって契約終了することとします。
但し、利用の如何に関わらず、残り契約期間分の返金はしないものとします。

2.退会時、データのバックアップ等はユーザーの自己責任において行い、当社は退会後のデータ保持に関して何ら関与しないものとします。また、当社はデータのバックアップ等の責任を一切負わないものとします。

第3章 料金等

第12条 (利用料金の支払方法)

1.ユーザーは本サービスの利用料金を、別途注意事項に定める支払方法にて支払うものとします。
また、金融機関に支払う振込手数料その他の費用はユーザーの負担とします。

2.ユーザーは別途注意事項に定めるいずれの支払方法を選択した場合も、支払方法に不備があった場合は、直ちにお問合せフォームにてその旨を当社へ連絡するものとします。

3.ユーザーが、当社の指定した支払方法以外で入金をした場合、又その他ユーザーの責めに帰すべき要因によりユーザーに生じた損害に関して、当社は一切の責任を負わないものとします。

第13条 (利用の継続)

1.ユーザー専用ページよりユーザーからの退会の連絡の無い場合、当社はユーザーに対し契約終了日10日前迄に次回契約更新を電子メールにて通知するものとします。

2.当社が指定した期日までにユーザーが利用料金を支払い、当社がその入金を確認した時点で契約更新の手続きを完了する事とします。

3.自動更新を設定している場合は、当社が指定した期日までにユーザーからの退会の届出が行われない限り契約は自動更新される事を、ユーザーは予め承諾しているものとします。

4.当社が指定した期日に契約更新分の利用料金の入金が確認できない場合、当社は、ユーザーに利用継続の意思がないものと判断し、契約終了することとします。
この時、当社はユーザーに対し契約終了を電子メールにて通知するものとします。
また、当社は入金期日以後のデータ保持に関して何ら関与しないものとし、当社は一切その責任を負わないものとします。

第14条 (ユーザーアカウントの変更)

ユーザーは提供機能の範囲外でユーザーアカウントの変更は出来ないものとします。
但し、当社は、ユーザーの承諾を得ることなく、ユーザーアカウントの変更をする場合があるものとし、この時、当社はユーザーに対し当該変更につきメールにて速やかに通知するものとします。

第15条 (料金改定)

当社は、ユーザーの承諾を得ることなく料金を改訂する場合があり、ユーザーはこれに同意することとします。また、改訂後の料金体系は、更新時に適用されるものとします。

第4章 禁止事項等

第16条 (第三者の利用)

1.ユーザーが、第三者に本サービスの全部または一部を利用させる場合(ユーザーが第三者に対してウェブサイトの制作業務等を委託し、当該委託を受けた第三者がウェブサイトの制作業務等のために本サービスを利用する場合等が想定されますが、これに限りません。)又はユーザーが第三者のために本サービスを利用する場合であっても、ユーザーは、当該第三者に対して本規約に基づいて自らが負担するのと同等の義務を課すものとし、本サービスの利用に関する当該第三者の行為及び結果について一切の責任を負うものとします。
なお、この場合であっても、当社はユーザー専用ページにて登録された情報に基づき、ユーザーのみを利用者として取り扱うものとします。

2.当社は、ユーザーに対し、本サービスの提供に関するいかなる代理権をも付与するものではなく、ユーザーは、第三者に対し当社の代理人として法律行為を行う権限を有するかのような表示を行ってはならないものとします。

3.ユーザーは、第1項の場合において、ユーザーと当該第三者を含む第三者への対応(本サービスの停止、中止又は廃止等に起因するものを含みますがこれに限りません。)及びユーザーと第三者との間で生じる紛争等を全てユーザーの責任において処理するものとし、第三者の利用により当社に損害が生じたときは、当該損害を賠償するものとします。

第17条 (禁止行為)

1.ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

  • (1) 当社又は本サービスの他の利用者その他の第三者の知的財産権、プライバシー権、名誉権、信用、肖像権、その他一切の権利又は利益を侵害する行為
  • (2) 法令に違反する行為、犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為
  • (3) 本サービスの適切な運営・維持を妨げる行為
  • (4) 当社又は第三者の管理する設備等の利用・管理等に支障を与える行為
  • (5) 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度の負担をかける行為
  • (6) 本サービスのネットワーク等に不正にアクセスする行為、コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
  • (7) 本サービスの他の利用者又は第三者になりすます行為
  • (8) 本サービスの他の利用者その他の第三者に対し、不当な宣伝、広告、勧誘又は営業をする行為
  • (9) 当社が提供する情報を改ざん又は消去する行為
  • (10) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずるものを意味します。以下同じ。)の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与をする行為
  • (11) 社会通念上、当社が不適切と判断する行為
  • (12) 第三者に対する勧誘、委託等その方法を問わず、前各号に該当し又はそのおそれのある行為を直接又は間接に惹起し、若しくは容易にする行為
  • (13) 前各号のいずれかに該当し、又はそのおそれのあるサイトへのリンクを掲載する行為
  • (14) 前各号の他、当社が不適切と判断する一切の行為

2.当社は、本サービスにおけるユーザーによる情報の送信行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの利用の停止、利用契約の解除、当該情報の全部又は一部を削除等のいずれか又は全ての措置を行うことができるものとします。
当社は、本項に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第18条 (禁止事項の追加)

1.当社は、前条のほか、必要に応じて本サービスサイトにおいて禁止事項を別途定めることができ、ユーザーはこれを遵守するものとします。

2.ユーザーは、本サービス上で商品の販売又はサービスの提供を行う場合には、当社が別途「カラーミーショップ販売禁止商品」 として定める販売禁止商品の販売、提供を行わないものとします。

第5章 管理

第19条 (アカウントとデータの管理)

1.当社は、ユーザーに対して、本サービスの利用に関して、ユーザーと他の利用者等とを区別して識別するために英数字で構成された文字列であるアカウントID及びパスワードを発行します。ユーザーは、自己の責任においてアカウントID及びパスワードの保存・管理を行うものとし、みだりに第三者に知らせてはならないものとします。

2.当社は、アカウントID及びパスワードを使用して本サービスが利用された場合には、ユーザー本人による利用とみなすものとします。アカウントID又はパスワードの忘却、盗用、不正使用その他の事情による本サービスの利用不能又はユーザー本人以外の第三者による利用に起因し又は関連してユーザー又は第三者に生じる結果及び損害について、当社は、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

3.ユーザーが第三者にパスワードを知られた又は知られた可能性がある場合は、速やかにユーザー専用ページよりパスワードの変更を行うものとします。

4.ユーザーのディスクエリア内のデータのバックアップ管理はユーザーが一切の責任を持つものとし、サーバの障害などによってユーザーのディスクエリアのデータが消失しても、当社は故意または重過失によるものを除いて一切の責任を負わないものとします。

第19条の2 (譲渡等)

1.ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、本サービスの利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできません。

2.当社は、本サービスにかかる事業の全部または一部を第三者に移転すること(事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含みます。以下「事業譲渡等」という。)に伴い、本サービスの利用に関する契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録者情報その他の個人情報を当該事業譲渡等の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。

第6章 サービスの運営

第20条 (損害賠償)

ユーザーは、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対し、損害(弁護士費用、証人費用、証拠収集費用及びその他の訴訟遂行上の合理的費用を含みます。)を賠償するものとします。

第21条 (免責)

1.当社は、ユーザーの本サービスの利用に際し、第24条(サービスの停止)に該当する内容やその他、ユーザーに対して発生した損害につき一切の責任を負わないものとします。但し、当社の故意又は重過失と判断された損害についてはこの限りではありません。

2.前項の規定、又はその他の事由により当社が損害を賠償する場合において、当社は、債務不履行、不法行為、その他請求原因の如何を問わず、当該損害発生の原因となった事故発生時の直前の月における当該ユーザーの本サービス利用料金12ヶ月相当額(お試し期間中においては、お試し期間終了後最初の1ヶ月の利用料相当額)を限度として、その損害を賠償するものとします。

3.当社は、本サービスの利用に際し、ユーザーが第三者に与えた損害の一切の責任を負わないものとし、ユーザーが第三者に与えた損害はユーザーの責任と費用をもって解決し、当社に損害を与えることがないものとします。

第22条 (守秘義務)

1.当社はサーバの保守作業上必要な場合、又はユーザーからの依頼等、特に必要のある場合を除きユーザーのサーバースペース上へログインしその情報を入手しないものとします。

2.当社はユーザーから得た一切の情報を第三者に開示又は漏洩しないものとします。
但し、ユーザーが事前に承諾した場合には、その承諾の範囲で第三者に開示できるものとし、また、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他同法の定めに基づく強制の処分が行なわれた場合には当該処分の定める範囲で、また特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合には、当該開示請求の範囲で、ユーザーの事前の承諾なく第三者に開示できるものとします。

第23条 (合意管轄)

ユーザーと当社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の合意専属管轄裁判所とします。

第7章 サービスの提供上の細則

第24条 (サービスの停止)

1.以下の場合、当社の合理的な判断に基づきユーザーに事前に通知することなく、本サービスの運用の全部又は一部を中断・停止することができるものとします。

  • (1) 天災事変、その他の当社の過失に基づかない事由が発生し又は発生するおそれがあり、電気通信事業法第8条に定める処置を取る場合
  • (2) 上記の法律上の要請如何に拘らず、天災事変、その他の当社の過失に基づかない事由が発生し、もしくは発生するおそれがある場合
  • (3) 当社の過失に基づかない電気通信設備の保守上又は工事上やむを得ない事由が生じた場合
  • (4) 当社の過失に基づかない電気通信設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合
  • (5) 法令による規制、司法・行政命令等が適用された場合
  • (6) その他、当社の故意又は重過失に基づかず、当社がサービスの停止をやむを得ないと判断した場合

2.上記に基づき本サービスの運用の全部又は一部が中断・停止されたことによって生じたユーザーの損害については、当社は一切責任を負わないこととします。

第25条 (情報の削除)

1.以下の場合、当社の合理的な判断に基づきユーザーに事前に通知することなく、情報の削除をすることができるものとします。

  • (1) 掲載内容が、本規約第4章(禁止事項等)及び別途禁止事項のページに定める内容に該当すると当社が判断した場合
  • (2) ユーザーによって、登録された情報の容量が当社所定の容量を超過した場合
  • (3) 他の本サービスの利用者または第三者から、ユーザーが本サービスを通じオンライン上に掲載した情報により自己の権利等が侵害されたとして、当社に対し当該情報の全部または一部の送信防止措置申し出がなされた場合において、当社からユーザーに対して、回答期限を定めて意見を照会したにもかかわらず、回答期限を経過してもユーザーが当社に対し、当社が定める方法により何らの回答をも行わない場合
  • (4) 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成十三年十一月三十日法律第百三十七号)第3条の2第2号に定める申出が当社に対してなされた場合において、ユーザーが、公職選挙法第142条の3第3項に規定する「電子メールアドレス等」を、同項又は同法第142条の5第1項の定めに従って表示していないと当社が判断した場合
  • (5) 前2号により当社が削除した情報の全部または一部をユーザーが再度掲載した場合
  • (6) その他当社が、法律及び社会通念に従って当該情報を削除する必要があると判断した場合

2.ユーザー又は第三者が発信した全ての情報に関する責任は、ユーザー又は第三者が負うものとし、当社は本条に関する情報を監視・削除する義務を負うものではない為、当該情報、及び当社が情報を削除しなかったことによる、ユーザー又は第三者の被った損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

(附則)本規約は2001年11月5日から実施された規約(2004年1月26日一部改定)を改定したものであり、2010年2月24日から適用されます。

2013年 6月28日 改定・施行

2013年10月24日 改定・施行

2014年 4月 1日 改定・施行(商号変更)

2014年 9月10日 改定・施行

2014年 9月16日 改定・施行

独自SSLオプション特約

本特約は、GMOペパボ株式会社(以下「当社」といいます)が提供するデジタル証明書の取得代行サービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件について定めるものです。本サービスの申込みをするお客様(以下「契約者」といいます)は、本特約に同意したものとみなします。

第1条 (定義)

1.「ロリポップ!レンタルサーバー」とは、当社が「ロリポップ!」の名称で提供するレンタルサーバーサービスをいいます。

2.「証明書」とは、GMOグローバルサイン株式会社(所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号)が「クイック認証SSL」、「企業認証SSL」又は「EV SSL」で提供するデジタル証明書のうち、本サービスを利用して取得されるものをいいます。

3.「契約者」とは、「ロリポップ!レンタルサーバー利用規約」に基づき正当にロリポップ!レンタルサーバーを利用されている方(ただし、お試し期間中の契約者を除きます。)のうち、本サービスの利用申込をした方及び当社の承諾を得て利用をしている方をいいます。

第2条 (GMOグローバルサイン株式会社規約等への同意)

1.契約者は、証明書の発行・利用に関しGMOグローバルサイン株式会社が定め、同社のWebサイトにおいて公開される「GMOグローバルサイン株式会社 SSL サーバ証明書サービス利用約款」及び「GMOグローバルサイン株式会社 Certification Practice Statement(CPS/認証局運用規程)」「グローバルサイン電子証明書サービス利用約款」「グローバルサイン利用約款承諾書 」「CPS(認証業務運用規程)」「CP(Certificate Policies)」「依拠当事者規約」その他証明書に関してSSLサーバー証明書に関するポリシー、指示、指針、その他の取り決め(以下 総称して「GMOグローバルサイン株式会社規約等」といい、本特約及びロリポップ!レンタルサーバー利用規約と併せて「規約等」といいます。)に同意したうえで、本サービスを申し込むものとします。当該同意のない場合は、申し込むことができません。

2.契約者と証明書の申請者が異なる場合、契約者は、申請者に対しGMOグローバルサイン株式会社規約等に同意させるものとし、当該同意がなかったことによるトラブル等に関しては、当社は一切その責任を負わないものとします。

第3条(本特約の適用)

1.本サービスは、ロリポップ!レンタルサーバーの付加サービスです。本サービスを利用するときは、本特約のほか、ロリポップ!レンタルサーバー利用規約にも従うものとします。なお、当社が運営するWebサイト上で随時掲載する本サービスに関するルール・注意事項、諸規定等は本特約の一部を構成するものとします。

2.当社は、事前の告知や契約者の承諾を得ることなく、本特約を変更することができるものとします。この場合、当社は、当社の運営するWebサイトにおける表示、登録メールアドレスに対する電子メールの送信、書面の送付その他当社が適当と認める方法により、契約者に告知します。なお、当該告知の時点をもって、変更後の本特約は有効になるものとします。

3.本サービスに関する事項で、本特約に規定されていない事項については、全てロリポップ!レンタルサーバー利用規約が適用又は準用されるものとします。また、本特約の規定とロリポップ!レンタルサーバー利用規約の規定とが相反する場合には、本サービスの利用の範囲においては、本特約が優先して適用されるものとします。

第4条 (本サービスの利用条件)

1.本サービスは、証明書の取得代行サービスをいいます。当社は、各サービスの内容、その他具体的な条件等は、当社のWebサイトにおいて表示するものとします。

2.本サービスは、当社が別途指定する種類のドメイン名(以下「発行対象ドメイン名」といいます。)について、申し込むことができるものとし、本サービスの契約者は、発行対象ドメイン名の登録者とします。

3.本サービスにおける証明書に関する全ての手続は、ロリポップ!レンタルサーバー利用規約に従い正当にロリポップ!レンタルサーバーの利用を行う権限を付与された方のみがこれを行うことができるものとします。ただし、ロリポップ!レンタルサーバーのお試し利用期間中の契約者を除くものとします。

4.契約者は、本サービスの利用、発行対象ドメイン名を使用する権利の有無に関する第三者との紛争その他一切の紛争に関して、当社及びGMOグローバルサイン株式会社を関与させてはならず、契約者自身の費用と責任でこれを解決するものとします。

第5条(証明書の発行申請)

1.契約者は、当社が指定する申込専用ページにおいて、所定の情報(以下「登録情報」といいます。)を入力の上、当社に対し、証明書の発行を申請するものとします。また、契約者は、証明書のうち「EV SSL」の発行を申請する場合には、当社に対して、別途当社が指定する書類を提出するものとします。

2.当社は、前項に基づく申請があったときは、第8条所定の利用料金の支払いを確認したのち、登録情報に基づきGMOグローバルサイン株式会社に対し、証明書発行申請の手続き(以下「発行手続」といいます。)を開始します。

3.当社は、GMOグローバルサイン株式会社から、契約者又は証明書の申請者に関する追加情報の提出要求その他の連絡があった場合、当社はその旨を契約者に通知するものとし、契約者は直ちに当該連絡に応じるものとします。契約者は、GMOグローバルサイン株式会社が、契約者が第1項の定めに従い登録した連絡先に追加情報の提出要求その他の連絡をとることについて、予め同意するものとします。

4.発行手続は、本サービスの利用を承諾する旨の通知が契約者に到達したときに完了し、当該完了をもって、契約者と当社との間に、本サービスの利用に関する契約が成立するものとします。なお、証明書が廃止された場合は、廃止の理由を問わず、利用契約も終了するものとします。

5.証明書の発行手続の完了後、証明書の有効期間中は、発行対象ドメイン名に関し、下記の事項は行えないものとし、契約者は予めこれを承諾するものとします。

  • (1)発行対象ドメイン名の変更
  • (2)発行対象ドメイン名の移動・削除
  • (3)その他当社又はGMOグローバルサイン株式会社が定める事項

6.証明書は、ロリポップ!レンタルサーバーにおいて提供されるサーバ領域でのみ利用可能であり、その他のサーバ領域での利用はできません。

7.当社は、登録情報のうち、契約者の個人情報(生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。)を本サービスの提供に必要な範囲内においてのみGMOグローバルサイン株式会社に対し提供するものとし、契約者は、当社による当該個人情報の提供について承諾するものとします。

第6条 (証明書発行の権限等)

1.証明書発行の可否、廃止等は、GMOグローバルサイン株式会社の独自の裁量により判断されます。当社は、証明書の発行申請の手続きを代行しますが、GMOグローバルサイン株式会社の証明書発行にかかる決定について何らの責任を負わないものとし、契約者は予めこれに同意するものとします。

2.本サービスは、GMOグローバルサイン株式会社の都合によりサービスの提供が中断、終了又はサービス仕様が変更される場合があります。GMOグローバルサイン株式会社からサービスの提供の中断、終了又は変更にかかる通知を受領した場合、当社は、速やかに契約者に通知するものとします。

3.当社は、前二項に関し契約者に発生した損害に対しては一切責任の負わないものとします。

第7条(証明書の有効期間)

1.証明書の最初の有効期間は、別途当社が定める有効期間のうち契約者が申し込み時に選択した期間とし、本サービスの利用契約日以降の当社が指定した日から起算するものとします。契約者が別途当社の定める日時までに所定の方法により更新拒絶の手続きを行わない場合には、利用契約は自動的に、最初の有効期間満了の日の翌日からさらに同一期間(以下「更新期間」とし、最初の期間と更新期間を併せて「有効期間」とし、「有効期間」の末日を「有効期限日」といいます。)更新され、以降も同様とします。有効期間は、当社が別途定める場合を除き、変更することができないものとします。

2.前項にもかかわらず、有効期限日の3日前までに利用料金の支払が確認できない場合には、当社は証明書の更新を拒絶し、本サービスの提供を停止することができるものとします。

第8条 (利用料金)

1.契約者は、当社が別途定めるところに従い、本サービスの利用料金(証明書発行費用を含む。)を当社の指定する期限及び方法により支払うものとします。

2.前項に従い当社に対し支払われた利用料金は、当社が特に必要と認めた場合又は当社の故意または重過失により本サービスの利用ができなかった場合を除き、いかなる理由があっても返還を行わないものとします。

第9条(証明書の使用制限)

契約者は、証明書を次の目的で利用してはならないものとします。

  • (1)証明書発行の申請に記載した以外のドメイン又は組織名に関わる秘密鍵又は公開鍵の操作に利用すること
  • (2)その他GMOグローバルサイン株式会社規約等により規定される目的での利用

第10条(証明書の廃止)

1.当社及び契約者は、証明書の有効期間中、以下の事由に該当する場合には、本サービスに基づき発行された証明書を失効させ、ロリポップ!レンタルサーバーの利用の全部又は一部を停止することができるものとします。

  • (1)契約者が、当社が定める廃止手続を行った場合
  • (2)契約者が証明書を再発行し、再発行前に使用していた証明書が不要になった場合
  • (3)証明書の発行申請が適切でないことが判明した場合
  • (4)秘密鍵に危殆化が発生した場合、又はそれを疑うべき事実があることを知った場合
  • (5)契約者による証明書、本サービスの利用が規約等に反する場合
  • (6)発行対象ドメイン名に対する契約者の権利が終了した場合
  • (7)証明書内の情報に変更があった場合
  • (8)その他GMOグローバルサイン株式会社が廃止を決定した場合

2.証明書の廃止に伴う利用料金の返還は、当社が特に必要であると認めた場合を除き、一切行わないものとします。また、当社は証明書の廃止によって契約者その他第三者に発生した損害につき、一切の責任を負わないものとします。

第11条(当社からの問い合わせ)

1.契約者は、本サービスの利用にあたり、当社から一定の事項について問い合わせを受けた場合、すみやかに応答を行うものとします。一定期間を経過しても必要な応答を行わず、当社が必要な手続又はその他の事務等を行うことができない場合は、当社は契約者に対し、本サービスの提供を中止することができるものとします。

2.前項の規定は、契約者が次条において定める変更の届出を行わないために前項の問い合わせが契約者に到達せず、当社が必要な手続又はその他の事務等を行うことができない場合もこれを準用します。

3.前二項に基づいて本サービスの提供を中止する旨を契約者に通知したときは、当社がその通知を発信した日から起算して5日目が経過した場合、当社は契約者との本サービスに関する利用契約を終了させることができるものとします。なお、当該通知が何らかの事情により契約者に到達しないときは、当社は、当該通知を発信した日から1週間経過した日をもって契約者との本サービスに関する利用契約を終了させることができるものとします。

4.前項の場合、当社は、利用料金の返還について、当社が特に必要であると認めた場合を除き、一切行わないものとします。また、当社は本サービスの提供の中止及び本サービスに関する利用契約の終了によって契約者に生じた損害につき、一切の責任を負わないものとします。

第12条(変更の届出)

1.本サービスの利用にあたり当社に対して届け出た各種登録情報について変更があったときは、契約者は、その旨及び変更の内容をすみやかに当社に届け出る必要があります。この変更の届出は、当社が別に定める方法により行うものとします。

2.当社は、前項の届出が当社に到達し、かつ、当社が変更の事実を確認するまでは、変更のないものとして本サービスの提供及び本サービスに関するその他の事務を行います。

3.前二項の規定は、本条により当社に届け出た事項についてさらに変更があった場合にこれを準用します。

第13条(代理人等による行為)

1.契約者が代行業者又は代理人(以下、これらを総称して「代理人等」とします)を通じて本サービスの利用に関する各種手続を行う場合、当社は、当該代理人等が完全なる権限があるものとして取り扱います。

2.当社は、代理人等が契約者の意思とは異なる行為を行ったことにより契約者に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

第14条(営業秘密等の漏洩等の禁止)

1.契約者は、当社、及びGMOグローバルサイン株式会社の事業に関する技術上又は営業上の情報であって公然と知られていないもの、又は当社、及びGMOグローバルサイン株式会社の顧客に関する情報を入手したときは、当社、及びGMOグローバルサイン株式会社がこれを秘密として管理しているかどうかに関わらず、その入手した情報の存在もしくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならないものとします。

2.前項の規定は、本サービスの終了後も、これを適用するものとします。

3.契約者は、本サービスの終了時までに、契約者の責任と負担において、保有する第1項に定めた各情報を完全に消去しなければならないものとします。完全に消去することのできないものであって返還することのできるものは当社、及びGMOグローバルサイン株式会社に返還するものとします。

第15条 (保証の排除)

1.本特約において当社は、第4条第1項に定める取得代行業務を受託し、これらを本特約に基づき遂行する責任のみを負うものとします。

2.証明書は、GMOグローバルサイン株式会社契約等に基づき契約者に提供されます。当社は、証明書の市場適格性、契約者の意図する使用目的への適合性、第三者の権利の不侵害などを含め、証明書について一切の保証をしません。

第16条(紛争処理及び損害賠償)

1.当社は、本サービスの利用に関して、当社の故意又は重大な過失により契約者に損害が発生した場合には、当該証明書に関し、損害が発生した日の属する月の利用料金に相当する金額を上限として、損害賠償の責任を負うものとします。なお、当社は、契約者に対し、当該損害に関して利用料金等の返金をした場合には、返金額に相当する範囲において損害を賠償する義務を免れるものとします。

2.契約者が、本特約に定める事項に違反したことにより、当社が損害を被った場合には、当社が当該契約者との利用契約を解除したか否かに関わらず、当該契約者は当社に対して当該損害を賠償する責任を負うものとします。なお、当社が、契約者と第三者との紛争、その他契約者の責めに帰すべき事由に起因して費用(弁護士費用、証人費用、証拠収集費用及びその他の訴訟遂行上の合理的費用を含む)を負担することとなる場合、当社は、その費用を、現実に負担が生じる前であっても、損害の一部として契約者に請求することができるものとします。

3.前項の規定は、法人又は団体が当該法人又は当該団体に所属する個人を契約者として登録した場合において、当該個人が本特約に定める事項に違反したことにより当社が損害を被った場合には、その時点で当該個人が法人又はその他の団体に所属しているか否かに関わらず、当該法人又は当該団体が当該損害を賠償する責任を負うものとします。

(附則)本特約は、2013年1月22日より施行するものとします。

2013年11月19日改定・施行

2014年4月1日改定・施行(商号変更)

2016年6月27日改定・施行

パソコン用ウイルス対策ソフトオプション特約

本特約は、GMOペパボ株式会社(以下「当社」といいます)が提供する「ロリポップ!パソコン用ウイルス対策ソフトオプション」(以下「本オプション」といいます)の利用条件について定めるものです。本オプションの申込みをするお客様(以下「ユーザー」といいます)は、本特約に同意したものとみなします。

第1条(定義)

1.「ロリポップ!レンタルサーバー」とは、当社が「ロリポップ!」の名称で提供するレンタルサーバーサービスをいいます。

2.「PCプロテクションプラス」とは、エフセキュア株式会社(所在地:東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館 6F)が提供する、WindowsOS向け統合セキュリティソフト「エフセキュアPCプロテクションプラス」(バージョンアップされたものを含む。)をいいます。

3.「PSB ワークステーションセキュリティfor MAC」とは、エフセキュア株式会社が提供するMacOS向け統合セキュリティソフト「エフセキュアPSB ワークステーションセキュリティfor MAC」(バージョンアップされたものを含む。)をいいます。

4.「ユーザー」とは、「ロリポップ!レンタルサーバー利用規約」に基づき正当にロリポップ!レンタルサーバーを利用されている方(ただし、お試し利用期間中のユーザーのうち、ロリポップ!レンタルサーバーの利用料金を支払っていないユーザーを除くものとします。)のうち、本オプションの利用申込をした方及び当社の承諾を得て利用をしている方をいいます。

第2条(約款等への同意)

1.本オプションは、ロリポップ!レンタルサーバーの付加サービスです。本オプションを利用するときは、本特約のほか、ロリポップ!レンタルサーバー利用規約にも従うものとします。本オプションに関する事項で、本特約に規定されていない事項については、全てロリポップ!レンタルサーバー利用規約が適用又は準用されるものとします。また、本特約の規定とロリポップ!レンタルサーバー利用規約の規定が相反する場合には、本オプションの利用の範囲においては、本特約が優先して適用されるものとします。

2.ユーザーは、PCプロテクションプラス及びPSB ワークステーションセキュリティfor MAC(以下併せて「本ウイルス対策ソフト」といいます)の利用に関しエフセキュア株式会社が定める「F-SECURE(R)ライセンス約款」その他本ウイルス対策ソフトに関するマニュアル、ガイドラインその他の取り決め(以下総称して「エフセキュア約款等」といい、本特約及びロリポップ!レンタルサーバー利用規約と併せて「約款等」といいます。)に同意したうえで、本オプションを申し込むものとします。

3.当社及びエフセキュア株式会社は、事前の告知やユーザーの承諾を得ることなく、約款等を変更することができるものとし、ユーザーは予めこれに同意するものとします。

4.なお、理由の如何を問わずロリポップ!レンタルサーバーの利用契約が終了した場合であっても、第5条に定める本オプションの有効期間が満了するまでの間、本オプションの利用契約は継続するものとし、ユーザーは本約款等の定めに従うものとします。

第3条(本オプションの利用条件)

1.本オプションは、本特約に基づき本ウイルス対策ソフトをインストールして利用することのできるサービスです。なお、本オプションの詳細は、約款等及び当社がWebサイトにおいて別途定めるものとします。

「PCプロテクションプラス」

  • (1)リアルタイムスキャンウイルス機能
  • (2)ファイアウォール機能
  • (3)アプリケーション通信制御機能
  • (4)ブラウザ保護機能
  • (5)ペアレンタルコントロール機能

「PSB ワークステーションセキュリティfor MAC」

  • (1)リアルタイムスキャン機能
  • (2)ファイアウォール機能

2.本オプションに関する全ての手続は、ロリポップ!レンタルサーバー利用規約に従い正当にロリポップ!レンタルサーバーの利用を行う権限を付与された方(ただし、お試し利用期間中のユーザーのうち、ロリポップ!レンタルサーバーの利用料金を支払っていないユーザーを除くものとします。)のみがこれを行うことができるものとします。

3.本ウイルス対策ソフトの動作環境、インストール条件及び設定方法その他の利用条件はエフセキュア約款に定めるところに従うものとします。

4.当社は、登録情報のうち、ユーザーの個人情報(生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。)を本オプションの提供に必要な範囲内においてのみエフセキュア株式会社に対し提供することがあるものとし、ユーザーは、当社による当該個人情報の提供について承諾するものとします。

第4条(ライセンスキーの発行)

1.ユーザーは、当社が指定する申込専用ページにおいて、所定の情報(以下「登録情報」といいます。)を入力の上、当社に対し、本オプションの利用を申請するものとします。なお、お試し期間中の本オプションの利用を希望する場合には、ロリポップ!の申込と同時に本オプションの利用を申請しなければならないものとします。

2.当社は、前項に基づく申請に対し、本オプションの利用を承諾するときは、本ウイルス対策ソフトの使用許諾の証として、各ユーザーに固有の配列を有する半角英数字およびその他の所定の文字によって構成される記号(以下、「ライセンスキー」といいます。)を発行するものとし、ライセンスキーの発行をもって本オプションの利用契約が成立するものとします。

3.当社は、エフセキュア株式会社から、ユーザーに関する追加情報の提出要求その他の連絡があった場合、当社はその旨をユーザーに通知するものとし、ユーザーは直ちに当該連絡に応じるものとします。

4.ユーザーは、1ライセンスキーにつき、PCプロテクションプラス又はPSBワークステーションセキュリティfor MACのうちいずれか1つのみをPC端末にインストールすることができます。なお、インストール可能なPC端末は3台を上限とします。

第5条(本オプションの有効期間)

1.本オプションの有効期間は、ライセンスキー発行日から起算して、別途当社が定める有効期間のうち契約者が申し込み時に選択した期間とし、ユーザーが別途当社の定める日時までに所定の方法により更新拒絶の手続きを行わない場合には、利用契約は自動的に、最初の有効期間満了の日の次の日から、さらに同一期間(以下「更新期間」とし、最初の期間と更新期間を併せて「有効期間」とし、「有効期間」の末日を「有効期限日」といいます。)更新され、以降も同様とします。ただし、有効期限日以前において理由の如何を問わずロリポップ!レンタルサーバーの利用契約が終了した場合は、本オプションの利用契約は更新されず有効期限日をもって終了するものとします。なお、有効期間中における有効期間の変更は、別途当社が定める場合を除き、認められないものとします。

2.前項にもかかわらず、有効期限日の3日前までに利用料金の支払が確認できない場合には、当社は本オプションの利用契約の更新を拒絶し、ライセンスキーを失効させ、又は本オプションの提供を停止することができるものとします。

第6条(利用料金)

1.ユーザーは、本オプションの利用の対価として、別途当社が本サービスを提供するウェブサイト上にて定める利用料金を当社の指定する期限及び方法により支払うものとします。なお、月の途中において本オプションの利用を開始した場合といえども、月額利用料の日割り精算はせず、利用を開始した日の属する月1ヵ月分の月額利用料の支払が必要なものとします。

2.前項に従い当社に対し支払われた利用料金は、当社が特に必要と認めた場合又は当社の故意または重過失により本サービスの全ての利用ができなかった場合を除き、いかなる理由があっても返還を行わないものとします。

第7条(禁止事項)

ユーザーは、本ウイルス対策ソフトの利用にあたり以下の行為を行い又は行わせることはできないものとします。

  • (1)本ウイルス対策ソフトの全部または一部を複製すること
  • (2)当社又はエフセキュア株式会社の有する知的財産権表示や商標を削除すること
  • (3)本ウイルス対策ソフトを第三者に、リース、レンタル、譲渡、引用、再許諾、再販売その他の方法で使用させること、あるいは不特定多数を対象とした商業的目的の陳列開示等の行為をなすこと
  • (4)約款等に違反して本ウイルス対策ソフトをインストールし、使用すること
  • (5)第三者に本ウイルス対策ソフトの複製を配付し、第三者に帰属するコンピュータに本ウイルス対策ソフトを電子送信し、又は第三者が本ウイルス対策ソフトを複製することを許可すること
  • (6)本ウイルス対策ソフト又はその一部を変更、応用、翻訳、賃貸、リース、再販、配布したり、本ウイルス対策ソフトまたはその一部に基づいて派生的著作物を創作したりすること
  • (7)本ウイルス対策ソフト、またはデータベース、ニュース、解説、アプリケーション間の通信その他関連するファイルを逆コンパイル、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、その他人間が認知可能な形式への変換を実行すること
  • (8)本ウイルス対策ソフトのインストールに関連するライセンスキーや認証情報を第三者に開示すること
  • (9)自動更新エージェントコンポーネントを利用して、コンテンツを公開、配信、及び入手すること

第8条(ライセンスキーの管理)

1.ユーザーは、ライセンスキーの保管、使用についての全責任をもつものとし、ライセンスキーを利用して行われた行為は、当該ライセンスキーを割り当てられたユーザーの行為とみなされることに同意するものとします。ユーザーによるライセンスキーの紛失、失念、漏洩、開示又はこれらを起因とする第三者の不正使用等から生じた損害については、当社は一切その責任を負わないものとします。

2.ユーザーは、ライセンスキーの盗用、第三者による使用等の事実が判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

3.当社は、ユーザーに対し、ライセンスキーの使用等に関する確認のため、必要な資料の提出を求める場合があります。ユーザーは、当社から資料の提出を求められた場合には、速やかに指定された資料を提出するものとします。

第9条(本オプションの利用停止)

1.当社は、ユーザーが特約等に違反し、又はそのおそれがある場合、若しくはエフセキュア株式会社の判断により本ウイルス対策ソフトの使用許諾が取り消された場合には、当該ユーザーに対する本オプションの全部又は一部の利用を停止し、ライセンスキーを失効させ、又はロリポップ!レンタルサーバーの利用の全部又は一部を停止することができるものとします。

2.当社は、前項の措置の実施によってユーザー又は第三者に生じる結果及び損害について、利用料金の返金、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

第10条(解約)

1.ユーザーは、いつでも当社の定める方法に従い本オプションの利用契約を解約の申し入れを行うことができます。

2.前項に基づきユーザーが解約を申し入れた場合においても、解約を申し入れた時点における本オプションの有効期限日までの間、利用契約は継続し、当該月の利用料金が発生するものとします。

第11条(著作権等の権利の帰属)

1.本ウイルス対策ソフトに関する一切の著作権その他の知的財産権は、エフセキュア株式会社に帰属するものとします。

2.本契約に基づくユーザーに対する本ウイルス対策ソフトの提供は、ユーザーに本ウイルス対策ソフトの著作権および著作隣接権を含む知的財産権、その他一切の権利を譲渡するものではない。

第12条(保証の排除)

当社は、本ウイルス対策ソフトの内容のほか、エラーやバグ、論理的誤り、不具合、中断その他の瑕疵がないこと、信頼性、正確性、完全性、有効性について一切保証しないものとします。本ウイルス対策ソフトは、エフセキュア株式会社がその提供時において保有する状態でユーザーに提供するものであり、当社は、特定の目的への適合性、有用性(有益性)、権原および非侵害性について一切保証しません。

第13条(免責)

1.本オプションは、エフセキュア株式会社の都合によりサービスの提供が中断、終了又はサービス仕様が変更される場合があります。エフセキュア株式会社からサービスの提供の中断、終了又は変更にかかる通知を受領した場合、当社は、速やかにユーザーに通知するものとします。

2.当社は、前項に関しユーザーに発生した損害に対しては一切責任の負わないものとします。

第14条(紛争処理及び損害賠償)

1.当社は、本オプションの利用に関して、当社の故意又は重大な過失によりユーザーに損害が発生した場合には、当該ユーザーに対し、損害が発生した日の属する月の利用料金に相当する金額を上限として、損害賠償の責任を負うものとします。なお、当社は、ユーザーに対し、当該損害に関して利用料金等の返金をした場合には、返金額に相当する範囲において損害を賠償する義務を免れるものとします。

2.ユーザーが、本特約に定める事項に違反したことにより、当社が損害を被った場合には、当社が当該ユーザーとの利用契約を解除したか否かに関わらず、当該ユーザーは当社に対して当該損害を賠償する責任を負うものとします。なお、当社が、ユーザーと第三者との紛争、その他ユーザーの責めに帰すべき事由に起因して費用(弁護士費用、証人費用、証拠収集費用及びその他の訴訟遂行上の合理的費用を含む)を負担することとなる場合、当社は、その費用を、現実に負担が生じる前であっても、損害の一部としてユーザーに請求することができるものとします。

(附則)本特約は、2013年5月30日より施行するものとします。

2013年11月19日改定

2014年4月1日改定(商号変更)

2014年6月17日改定

2015年3月13日改定

2016年6月23日改定

バックアップオプション特約

本特約は、GMOペパボ株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するロリポップ!のバックアップデータの取得・閲覧オプション(以下「本オプション」といいます。)の利用条件について定めるものです。本オプションの利用の申込みをするお客様は、本特約に同意したものとみなします。

なお、本特約に定めのない事項は、全てロリポップ!利用規約(第1条に定義します。以下同じ。)の定めが適用されるものとし、本特約にロリポップ!利用規約と矛盾する事項があるときは、本特約が優先して適用されるものとします。

第1条(定義)

本特約又はロリポップ!利用規約において別段の定めがある場合を除いて、本特約における用語は、以下の各号に定める意義を有するものとします。

  • (1)「ロリポップ!」とは、当社が「ロリポップ!レンタルサーバー」の名称で提供するレンタルサーバーサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)をいいます。
  • (2)「ロリポップ!利用規約」とは、別途当社が定めるロリポップ!の利用に関する利用規約をいいます。
  • (3)「契約者」とは、ロリポップ!利用規約に基づき正当にロリポップ!を利用されている方のうち、第3条に基づき本オプションの利用申込をし、当社の承諾を得て利用をしている方をいいます。
  • (4)「契約者データ」とは、契約者が自己の責任において、ロリポップ!を利用してサーバー内に保存するデータ、ファイル、プログラム、アプリケーション、ソフトウェア、システム等をいいます。
  • (5)「バックアップデータ」とは、契約者データのうち、契約者が本オプションを利用して、バックアップサーバー(次号に定義します。)内に複製及び保管するものをいいます。ただし、バックアップデータの範囲、種類、形式等については当社所定のものに限られます。
  • (6)「バックアップサーバー」とは、当社所定の電気通信設備等の収容施設内に設置された、バックアップデータの収集対象サーバーをいいます。

第2条(本オプションの内容)

1.本オプションは、契約者データのバックアップデータをバックアップサーバー内に複製及び保管するサービスです。

2.契約者は、バックアップサーバーに保管された自己のバックアップデータを、HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure:データ通信プロトコル)を利用して閲覧・取得することができます。

3.前二項に定める本オプションの詳細は、別途当社が定めるものとします。なお、次の各号の項目その他の事項の設定及び変更については、契約者は、当社が定めるところに従うものとします。

  • (1)バックアップデータの作成頻度
  • (2)バックアップデータの作成回数・各保存期間
  • (3)バックアップデータの作成時刻
  • (4)契約者によるバックアップデータの取得を可能とする期間
  • (5)バックアップデータの保存容量

4.バックアップデータを利用した契約者データの復元、復旧は、契約者が行うものとします。

第3条(本オプションの利用開始)

1.本オプションの利用を希望する方(以下、「利用希望者」といいます。)は、本特約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下、「利用情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本オプションの利用を申込むものとします。

2.前項の申込みは、ロリポップ!利用規約に基づき正当にロリポップ!を利用している方(ロリポップ!利用規約に基づくお試し期間中、又はロリポップ!の利用料金を支払っていない方を除きます。ただし、別途当社が本サービスサイトに定める「エンタープライズプラン」(以下、「エンタープライズプラン」といいます。)を利用されている方及び、ロリポップ!の申込みと同時に前項の申込みを行う方は、お試し期間中であっても含めます。 )のみ行うことができます。なお、本オプションの利用契約期間中、ロリポップ!の利用契約が解除、解約もしくはその他の事由により終了した場合には、本オプションの利用も同時に自動的に解除されるものとします。

3.当社は、当社が利用を認める場合にはその旨を当社所定の方法により利用希望者に通知するものとし、当該通知が利用希望者に到達した時点をもって、利用希望者の利用申込み手続きが完了したものとします。

4.前項に定める利用申込み手続きの完了時に、本特約の諸規定に従った本オプションの利用契約が利用希望者と当社の間に成立し、契約者は本オプションを当社の定める方法で利用することができるようになります。

5.当社は、第1 項に基づき利用を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、申込みに対する承諾を取り消し、利用を拒否することがあります。

  • (1) 当社に提供された利用情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
  • (2) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
  • (3) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
  • (4) その他、当社が利用を適当でないと判断した場合

第4条(本オプションの有効期間)

1.本オプションの最初の有効期間は、利用開始日(前条第3項に定める利用申込み手続きの完了した日をいいます。以下同じ。)から起算して、別途当社が定める日までとします。ただし、契約者が最初の有効期間中、別途当社の定める日時までに所定の方法により更新拒絶の手続きを行わない場合には、利用契約は自動的に、最初の有効期間満了の日の次の日から、暦月に従い1カ月間更新されるものとし、以降も同様とします。有効期間は、当社が別途定める場合を除き、変更することができないものとします。

2.前項にもかかわらず、有効期間のうち当社が別途定める日時までに利用料金の支払が確認できない場合には、当社は本オプションの利用契約の更新を拒絶し、本オプションの提供を停止することができるものとします。

第5条(利用料金)

1.契約者は、本オプションの利用の対価として、別途当社が本サービスサイトに定める本オプションの利用料金を当社の指定する期限及び方法により支払うものとします。

2.前項に従い当社に対し支払われた利用料金は、当社が特に必要と認めた場合を除き、いかなる理由があっても返還を行わないものとします。

第6条(契約者による本オプションの解約)

1.契約者は、当社所定の方法によりロリポップ!のユーザー専用ページにおいて本オプションの解約の申し入れるものとします。

2.前項の場合において、解約の申し入れが本オプションの有効期間の途中でなされた場合においても、有効期間満了の日までの利用料金は発生するものとし、当社は利用料金の返金を行いません。

第7条(本オプションの利用停止)

1.当社は、契約者が本特約又はロリポップ!利用規約に違反し、若しくはそのおそれがあると当社が判断した場合、当該契約者に対する本オプションの全部又は一部の提供を停止し、バックアップデータを削除し、又は当該契約者によるロリポップ!の利用の全部又は一部を停止することができるものとします。

2.当社は、前項の措置の実施によって契約者又は第三者に生じる結果及び損害について、利用料金の返金、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

第8条(バックアップデータ等の非保証)

1.当社は、バックアップデータの作成、保管がなされず、又はバックアップデータの全部又は一部が滅失又は毀損(改ざんを含む。以下同じ。)した場合において、その原因が次の各号のいずれかに該当するときは、これにより契約者又は第三者に生じる結果及び損害について、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

  • (1)第三者の故意又は過失による場合
  • (2)電気通信事業者が電気通信役務の提供を中止したことによる場合
  • (3)天災地変その他の不可抗力による場合
  • (4)その他当社の責に帰すべかざる事由による場合
  • (5)契約者のハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク等の不良や利用制限等、当社の責めに帰すべからざる事由が発生した場合
  • (6)バックアップデータにより、ロリポップ!、本オプション又はこれらを利用する他のユーザーに著しい支障若しくは損害が生じ、又はそのおそれがあるため、当社が必要な範囲においてバックアップデータを削除する場合
  • (7)契約者が本オプション又はロリポップ!の利用を終了した場合
  • (8)バックアップデータの保存期間が経過した場合

2.当社は、理由の如何を問わずバックアップデータが滅失又は毀損した場合に、これを復元する義務を負わないものとします。

3.当社は、バックアップデータについて、契約者が閲覧・取得作業を開始する時点においてバックアップサーバー内に保管される状態で契約者に提供するものであり、その内容のほか、エラーやバグ、論理的誤り、不具合、中断その他の瑕疵がないこと、信頼性、正確性、完全性、有効性について一切保証しないものとします。

第9条(本オプションの利用上の注意)

契約者は、本オプションの利用にあたり、以下の各号の定めに予め同意するものとします。

  • (1)契約者は、本オプションを利用して、バックアップデータの作成及びバックアップサーバーへの保管を行う時刻を、当社に対して指定することはできないものとします。
  • (2)契約者は、当社が別途定める所定期間においてのみバックアップデータの閲覧・取得を行うことができるものとし、当該期間の経過後は、バックアップデータの閲覧・取得は行えません。当該期間の経過と同時にバックアップデータは自動的にバックアップサーバー内から削除されます。
  • (3)本契約終了後、当社は、バックアップデータを削除します。本契約終了後においても引き続き保存する必要があると契約者が判断したサーバデータに関しては、契約者は自らの責任で保存のために必要な一切の措置を講ずるものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • (4)当社は、バックアップデータから契約者データを復元する作業を行わないものとし、当該作業が必要な場合には契約者は自らの責任と費用により行う必要があります。
  • (5)当社は、バックアップデータの保存容量の上限を定めるものとし、契約者のバックアップデータが当該上限を超えた場合には、バックアップデータの作成・保管ができないことがあります。
  • (6)バックアップデータの作成及びバックアップサーバーへの保管作業の実行中に、契約者が、バックアップデータの元となる契約者データの追加、変更、削除等を行った場合、当該バックアップデータの作成及びバックアップサーバーへの保管作業が正常に行われないことがあります。
  • (7)本オプションによるバックアップデータの作成及びバックアップ装置への保管について、対象となる契約者データが当社所定の容量を超えた場合において、当該バックアップデータの作成及びバックアップ装置への保管の完了が、別途当社の定める日時の翌日以降となることがあります。

第10条(本オプションの停止等)

当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、契約者に通知のうえ、本件サービスの全部又は一部を一時的に停止することができるものとします。ただし、緊急かつやむを得ないと乙が判断した場合は、事前に甲に通知することなく、本オプションの全部又は一部を一時的に停止することができるものとします。

  • (1)本オプションの提供に必要な設備等に対し保守、工事、障害の対策等の実施が必要な場合
  • (2)電気通信事業者が電気通信役務の提供を中止する場合
  • (3)テロ行為、破壊行為、火災、台風、洪水、地震、不可避的事故、戦争、労働争議、及び法令の変更又は制定その他不可抗力により本オプションの運営が出来なくなった場合
  • (4)契約者のハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、ライセンスソフトウェアに不良や利用制限など、当社の責めに帰すべからざる事由が発生した場合
  • (5)本オプションを実施するために必要な契約者の設備環境に障害が発生した場合
  • (6)ロリポップ!の提供の全部又は一部の提供が停止された場合
  • (7)その他当社が必要と判断した場合

2.前項の定めに基づき、当社が本オプションの全部又は一部を一時的に停止した場合において、当社は、これにより契約者又は第三者に生じる結果及び損害について、損害賠償責任その他一切の責任を負わないものとします。

第11条(契約者データに関する禁止事項)

1.契約者は、以下の各号に定める電子データ(以下、「禁止データ」といいます。)のバックアップデータの作成を目的として、本オプションを利用することはできないものとします。

  • (1)契約者が正当に利用する権利を保持しない電子データ
  • (2)特許権、著作権、商標権等の知的財産権、プライバシー権等の第三者の権利を侵害する電子データ
  • (3)法令において犯罪とされる行為又は公序良俗に反する行為の用に供する電子データ
  • (4)個人情報保護法等の各種の法令に抵触する電子データ
  • (5)コンピューターウィルスその他の当社又は他の契約者に有害な影響を与えるコンピューター・プログラムを含むデータ

2.契約者データが禁止データに該当し、又はそのおそれがあることが判明した場合には、当社は、第7条の定めが準用されるものとします。

第12条(損害賠償)

1.当社の責に帰すべき事由により、契約者がバックアップサーバーに接続し、バックアップデータの閲覧が一切できない状態が生じた場合において、当社が当該状態の生じたことを知った時から連続して24時間(以下「利用不能時間」といいます。)以上、当該状態が継続したときは、当社は、契約者に対し、その請求に基づいて、契約者に生じた損害を賠償するものとします。ただし、契約者が当該請求をし得ることとなった日から3カ月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、契約者は、その権利を失うものとします。

2.前項の規定、又はその他の事由により当社が損害を賠償する場合において、当社は、債務不履行、不法行為、その他請求原因の如何を問わず、当該損害発生の原因となった事故発生時の直前の月における当該契約者の本オプション利用料金1ヶ月相当額(ただし、エンタープライズプランを利用している契約者でお試し期間中でない契約者に対しては、エンタープライズプラン以外のプランを利用している契約者に適用される本オプション利用料金1ヶ月相当額とします。) を限度として、その損害を賠償するものとします。但し、当社の故意又は重過失により、法人その他団体の契約者、及び事業のため又は事業として本オプションを利用する個人の契約者(以下、総称して「事業者契約者」といいます。)以外の契約者に生じた損害を当社が賠償する場合においては、当該契約者に現実に生じた損害のうち通常の損害を賠償するものとします。なお、当社は、契約者に対し、当該損害に関して利用料金等の返金をした場合には、返金額に相当する範囲において損害を賠償する義務を免れるものとします。

3.契約者が、本特約に定める事項に違反したことにより、当社が損害を被った場合には、当社が当該契約者との利用契約を解除したか否かに関わらず、当該契約者は当社に対して当該損害を賠償する責任を負うものとします。なお、当社が、契約者と第三者との紛争、その他契約者の責めに帰すべき事由に起因して費用(弁護士費用、証人費用、証拠収集費用及びその他の訴訟遂行上の合理的費用を含む)を負担することとなる場合、当社は、その費用を、現実に負担が生じる前であっても、損害の一部として契約者に請求することができるものとします。

(附則)本特約は、2014年4月21日より施行するものとします。

2015年6月23日 改定

ロリポップ!スタジオオプション特約

この特約(以下「本特約」といいます。)には、GMOペパボ株式会社(以下「当社」といいます。)の提供するホームページ作成ASPサービス「ロリポップ!スタジオ」(以下「本サービス」といいます。)のご利用にあたり、ユーザーの皆様に遵守していただかなければならない事項及び当社とユーザーの皆様との間の権利義務関係が定められております。当該サービスをユーザーとしてご利用になる方は、本特約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。

第1章 総 則

第1条(定義)

本特約において別段の定めがある場合を除いて、本特約において使用する用語の意義は、次の各号に定める通りとします。

  • (1)「当社」とは、GMOペパボ株式会社をいいます。
  • (2)「ユーザー」とは、当社が別途定める申込手続きを行い、当社により本サービスの利用を認められた方をいいます。
  • (3)「ロリポップ!」とは、当社が「ロリポップ!」の名称で提供するサービスであり、初心者向けレンタルサーバー及びASPサービスをいいます。
  • (4)「利用者設備」とは、本サービスの提供を受けるためユーザーが設置するコンピュータ、電気通信設備その他の機器及びソフトウェアをいいます。
  • (5)「本サービス用設備等」とは、本サービスを提供するにあたり、当社が設置するコンピュータ、電気通信設備その他の機器及びソフトウェア及び本サービスを提供するために当社が電気通信事業者より借り受ける電気通信回線をいいます。

第2条 (本特約の適用)

1.本サービスは、ロリポップ!の付加サービスです。本サービスを利用するときは、本特約のほか、「ロリポップ!レンタルサーバー利用規約」にも従うものとします。なお、当社が運営するWebサイト上で随時掲載する本サービスに関するルール・注意事項、諸規定等は本特約の一部を構成するものとします。

2.当社は、事前の告知やユーザーの承諾を得ることなく、本特約を変更することができるものとします。この場合、当社は、当社の運営するWebサイトにおける表示、登録メールアドレスに対する電子メールの送信、書面の送付その他当社が適当と認める方法により、ユーザーに告知します。なお、当該告知の時点をもって、変更後の本特約は有効になるものとします。

3.本サービスに関する事項で、本特約に規定されていない事項については、全て「ロリポップ!レンタルサーバー利用規約」が適用又は準用されるものとします。また、本特約の規定と「ロリポップ!レンタルサーバー利用規約」の規定とが相反する場合には、本サービスの利用の範囲においては、本特約が優先して適用されるものとします。

第2章 本サービスの内容等

第3条(本サービスの内容等)

1.本サービスは、当社が販売事業者として「ロリポップ!スタジオ」の名称で提供するサービスでありホームページを制作することを目的とした機能等を提供するサービスであり、その詳細は当社が別途本サービスに関するウェブサイト上に定めるところによります。

2.本サービスは本特約に基づく利用契約(以下単に「利用契約」といいます。)を締結した者以外は利用することができません。

3.当社はユーザーに対し、本サービスのサポートについて電子メール又は電話のうち、当社が適当と判断する方法によるサポート(以下単に「サポート」といいます。)を行うものとします。

4.サポートは、利用契約が終了となった時点で終了します。また、何らかの事由によりサポートが継続不可能となった場合には、当社はいつでもこれらのサービスを終了することができるものとします。

5.当社は本サービスにより提供する機能及び情報の正確性、最新性、有用性、完全性等について何らの保証もしないものとします。

6.ユーザーは次の各号の事項について同意の上、本サービスを利用するものとします。

  • (1)第20条第1項(免責)各号に掲げる場合を含め、本サービスに当社に帰責性のない不具合が生じる場合があり、当社はこれに関して一切責任を負わないこと
  • (2)本サービスに使用されているプログラム、画像、文章、及びその他あらゆる形態の著作物並びに本サービスにより使用可能な ウェブフォントサービス(CSS(Cascading Style Sheet)の仕様で、ページ中のテキストの表示に利用するフォントデータを指定した場所からダウンロードして適用できるようにするものをいいます。以下 「ウェブフォントサービス」といいます。)にかかるプログラム、フォント及びデータ等は、当社又は当社が契約するライセンスホルダーがその著作権等の権利を有し、ユーザーに本サービスにおいて使用することのみを許諾するものであること
  • (3)ユーザーが本サービスを用いて作成したサイトデータやその他のコンテンツにかかる著作権は、当社が提供する素材を除いてコンテンツを作成したユーザーに帰属するが、それ以外の本サービスに関する知的財産権その他の権利は帰属しないこと。
  • (4)次の事項は、本サービスの内容には含まれず、当社は対応する義務を負わないこと。 ア ユーザーの利用するソフトウェア及びハ-ドウェアに関する問い合わせ及び障害対応等 イ 本サービスにかかるデータの内容及び変更等に関する問い合わせ

7.当社は、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの内容の全部または一部の変更を行うことができるものとします。この場合、当社は変更によりユーザーに生じた損害、結果について一切責任を負いません。

第3章 利用申込み等

第4条(利用申込等)

1.本サービスの利用を希望する者(以下「申込者」といいます。)は、本特約に同意の上当社所定の申込ページにおいて当社が別途指定する事項(以下「登録情報」といいます。)を入力及び選択の上、利用の申込みを行うものとします。

2.当社は、前項に基づく利用の申込みを承諾するときは、申込者に対して、本サービスの申し込みが完了した旨を登録メールアドレス宛に通知するものとします。当該通知が到達した時点で、当該申込者との間で利用契約が成立するものとします。

3.当社は、次の各号の場合には、本サービスの利用の申込みを承諾せず、または承諾を取り消すことができるものとします。

  • (1)登録情報の全部または一部に虚偽、不正確または誤りがあった場合
  • (2)申込者が過去に当社が運営するサービスの利用について停止等の処分を受けている場合
  • (3)暴力団、反政府組織、その他反社会的組織であるか、もしくはそれらの構成員・関係者となったとき、またはこれらの者と何らかの関係があることが明らかとなったとき
  • (4)その他当社が当該申込者の利用を不適切と判断した場合

4.前項にもかかわらず当社が本サービスの提供をした場合であっても、申込者またはユーザーは本特約に基づくいかなる義務も免れないものとします。

5.当社は、申込者またはユーザーに対し、登録情報に関する確認等のため必要な資料の提出を求める場合があります。ユーザーは、当社から資料の提出を求められた場合には、速やかに指定された資料を提出するものとします。

第4章 利用上の責務

第5条(利用料金)

1.ユーザーは、当社が別途定めるところに従い、本サービスの利用料金を当社の指定する期限及び方法により支払うものとします。支払いに要する費用はユーザーが負担するものとします

2.前項に従い当社に対し支払われた利用料金は、当社が特に必要と認めた場合又は当社の故意または重過失により本サービスの利用ができなかった場合を除き、いかなる理由があっても返還を行わないものとします

第6条(本サービス用設備等に蓄積される情報)

1.当社及び当社との契約により本サービスを運用する事業者(以下「運用事業者」という。)は、本サービス用設備等に蓄積される以下の各号に示す情報(以下総称して「本件収集情報」という。)を収集し保存することができるものとします。

  • (1)ユーザーの「コントロールパネル」上の操作をはじめとする本サービスを利用する際の操作履歴を表すログデータ。例えば、IPアドレス、ブラウザの種類、閲覧したサイト、サイトで入力した情報、ブラウザの言語設定、ブラウザを通じた取引に関する日時のスタンプ、システム構成情報及びメタデータ等が含まれます。
  • (2)ユーザーに送信されるクッキー。クッキーとは、サイトの利用者の端末に送信される小さなデータファイルのことで、ID等を保存して、本サービスの「コントロールパネル」等に常時ログインできるようにするため等に使用します。当社は本サービスの全体的な利用状況とWeb トラフィックのルーティング(最適な経路探索の状況)をモニタリングするために、クッキーを収集し使用することがあります。
  • (3)ユーザーが本サービスを利用して作成したサイト(以下「作成サイト」といいます。)の閲覧者(以下「閲覧者」といいます。)の操作履歴を表すログデータ。
  • (4)第1号乃至第3号のいずれかに該当する各情報を2つ以上組み合わせた情報および2つ以上組み合わせて解析を行った結果得られた情報。

2.当社及び運用事業者は、本件収集情報を以下の各号の目的にのみ使用することができるものとします。

  • (1)ユーザーによる本サービスの利用に関する管理
  • (2)本サービスの提供とその改善
  • (3)本サービスにかかるソフトウェアアップデートの提供と通知
  • (4)本サービスの商業上の問題点の把握とその改善
  • (5)本サービスの障害発生時の原因究明とその障害の復旧
  • (6)本サービス及び作成サイトの利便性向上の目的
  • (7)ユーザー及び閲覧者のニーズと関心に関する正確な把握
  • (8)ユーザー及び閲覧者の体験のパーソナライズと向上
  • (9)本サービス及び作成サイトを通じた当社の広報及び広告
  • (10)本サービス及び作成サイトのSEO
  • (11)作成サイトの選手権、表彰及びコンペ等のイベント開催

3.当社及び運用事業者は、前項の目的についての分析、調査および助言等を専門的に行う第三者に、本件収集情報を開示することができるものとします。ただし、その場合、個人情報については、個人を特定できない形式に加工、抽象化し、非個人情報とした上で開示するものとします。

4.当社及び運用事業者は、本件収集情報のうち法令の定めに基づきまたは権限ある官公署からの要求により開示すべき情報を、当該法令の定めに基づく開示先または当該官公署に対し開示することができるものとします。

第7条(作成サイトの責任)

作成サイトについて閲覧者から苦情、問合せ、請求等をされた場合にはユーザーが対応するものとし、当社は一切責任を負わないものとする。

第8条(利用環境の整備)

1.ユーザーは、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、通信回線等のすべてを自己の責任と費用をもって準備し、本サービスを利用するために必要となる全ての環境の整備および維持管理を行うものとします。

2.当社は、ユーザーの使用する本サービスの利用に供する装置、ソフトウェアまたは通信網の瑕疵、障害、動作不良、もしくは不具合により、ユーザーに損害が生じたときであってもその一切の責任を負いません。

第9条(アカウントおよびパスワードの管理責任)

1.ユーザーが本サービスに登録するアカウントおよびパスワード(以下、「アカウント等」といいます。)は、ユーザー本人のみが使用するものとし、第三者(本サービスの他のユーザーを含みます。)に使用をさせ、または譲渡することは一切できないものとします。

2.ユーザーは、アカウント等の保管、使用等の管理についての全責任をもつものとします。アカウント等を利用して行われた行為の責任はアカウント等を登録したユーザーの責任とみなします。ユーザーによるアカウント等の紛失、失念、漏洩、開示またはこれらを起因とする第三者のパスワードの不正使用等から生じた損害については、当社は一切その責任を負わないものとします。

3.当社は、ユーザーに対し、アカウント等の使用等に関する確認のため、必要な資料の提出を求める場合があります。ユーザーは、当社から資料の提出を求められた場合には、速やかに指定された資料を提出するものとします。

第10条 (自己責任の原則)

1.ユーザーは、当社に対し、ユーザーデータまたはその表示、公開、ユーザーの指定したドメイン名(その一部を含みます。以下同じ。)により、第三者の著作権等一切の権利を侵害していないことを保証するものとします。ユーザーデータの内容、権利、表示方法等又は、ユーザーの指定したドメイン名に関して、第三者によりクレーム、トラブル、請求、紛争等(以下「クレーム等」といいます。)が発生した場合には、ユーザーの責任と費用においてクレーム等を解決するものとし、当社に対して何らの損害を与えないものとします。

2.ユーザーは、ユーザーデータの中に自己または第三者の個人情報等が含まれる場合には、自らの責任においてこれを表示するものとします。本サービスを利用して、ユーザーの間でなされる情報の授受、およびそれに付随して行われる行為及び損害について当社は一切責任を負わないものとします。

3.ユーザーは、自己の責任において、ユーザーデータのバックアップ等保存を行うものとし、当社は、本サービスの提供の中止、中断、または解約後のユーザーデータの毀滅に関して一切その責任を負わないものとします。

4.ユーザーは、本サービスにおいて、当社がサーバー設備の故障又は停止等の復旧に対応するため、サーバー内のデータを複写することに同意します。

第11条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用において、以下の各号のいずれかに該当する行為またはそのおそれがある行為をしてはならないものとします。

  • (1)第三者(本サービスの他のユーザーを含みます。)または当社の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、工業所有権等)およびその他の権利を侵害する行為
  • (2)第三者または当社の財産、信用、名誉、プライバシー、肖像権を侵害する行為
  • (3)第三者または当社の生命、身体、自由、名誉または財産等に対して害悪を加える旨の情報等を掲載し、または告知する行為
  • (4)第三者を不当に差別もしくは誹謗中傷する行為
  • (5)第三者の個人情報の売買または譲受にあたる行為、またはそれらのおそれのある行為
  • (6)公序良俗に反する行為やそのおそれのある行為、またはそれを助長する行為
  • (7)児童ポルノもしくは児童虐待に相当する画像、情報等を送信または表示する行為、またはこれらを収録した媒体を販売する行為
  • (8)人または動物の死体、死骸、または人または動物を殺傷する現場等の残虐な画像を掲載する行為
  • (9)法令に違反する行為や犯罪行為、もしくはそのおそれのある行為、またはそれを教唆し、または幇助・勧誘する行為
  • (10)本サービスまたはその他当社が提供する適正なサービスの運営を妨げる行為
  • (11)他人になりすまして情報を送信または表示する行為
  • (12)第三者(他のユーザーを含みます。)もしくは当社が入力した情報を不正に改ざんする行為、または当社のサーバその他コンピュータに不正にアクセスする行為
  • (13)サーバーまたはネットワークへ著しく負荷をかけ本サービスの提供に影響を与える行為
  • (14)他人の商号、商標、ブランド名又は著名な標章に該当し、またはそれに類似すると当社が判断するドメイン名を指定する行為
  • (15)前各号の他、当社が不適切と判断する行為

第12条(情報の削除等)

1.次の各号に定める場合、当社は、事前に通知、催告することなく、直ちに、該当する行為に関連するユーザーデータの全部または一部の公開を停止し、または削除、ユーザーが指定したドメイン名の変更または削除する措置をとることができるものとします。当社は、これらの措置によりユーザーに生じる損害、結果について、何らの責任を負わないものとします。

  • (1)ユーザーが、本特約のいずれかの条項に違反し、または第11条(禁止事項)のいずれかに該当し、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
  • (2)本サービスの他の利用者または第三者から、ユーザーが本サービスを利用して掲載した情報により自己の権利等が侵害されたとして、当社に対し当該情報の全部または一部の送信防止措置申し出がなされた場合において、当社からユーザーに対して、回答期限を定めて意見を照会したにもかかわらず、回答期限を経過してもユーザーが当社に対し、当社が定める方法により何らの回答をも行わない場合
  • (3)特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成十三年十一月三十日法律第百三十七号)第3条の2第2号に定める申出が当社に対してなされた場合において、ユーザーが、公職選挙法第142条の3第3項に規定する「電子メールアドレス等」を、同項又は同法第142条の5第1項の定めに従って表示していないと当社が判断した場合
  • (4)前3号により甲が削除した情報の全部または一部を乙が再度掲載した場合

2.前項の規定は、当社に、ユーザーの行為またはユーザーデータの内容、ユーザーの指定したドメイン名を監視する義務またはユーザーデータの公開の停止または削除、ユーザーが指定したドメイン名の変更または削除をする義務を課すものではありません。当社が前項に定める措置の実施または不実施によりユーザーまたは第三者が被った損害、結果について、当社は一切その責任を負わないものとします。

第13条(利用の制限)

1.ユーザーが、以下の各号のいずれかに該当し、または該当するおそれがあるときは、当社は、事前に通知、催告することなく、直ちに、当該ユーザーに対する本サービスの全部または一部の提供を停止し、利用契約を解除することができるものとします。

  • (1)登録情報に、虚偽、不正確または誤りがあった場合
  • (2)支払停止又は支払不能となった場合
  • (3)手形又は小切手が不渡りとなった場合
  • (4)差押え、仮差押え、仮処分若しくは競売の申立があった場合又は公租公課滞納処分を受けた場合
  • (5)破産手続開始、特定調停手続開始、会社更生手続開始若しくは民事再生手続開始の申立があったとき又は信用状態に重大な不安が生じた場合
  • (6)監督官庁から営業許可の取消、停止等の処分を受けた場合
  • (7)解散又は事業の全部若しくは重要な一部の譲渡等の決議をした場合
  • (8)ユーザーが過去に本サービスを含む当社が運営するサービスの利用について停止等の処分を受けていることが判明したとき
  • (9)本特約第10条(自己責任の原則)第1項に定めるクレーム等があったとき
  • (10)本特約第11条(禁止事項)その他本特約のいずれかの条項に違反し、または当社の本特約に基づく指示に従わないとき
  • (11)暴力団、反政府組織、その他反社会的組織であるか、もしくはそれらの構成員・関係者となったとき、またはこれらの者と何らかの関係があることが明らかとなったとき
  • (12)その他本サービスを提供することが不適当であると当社が判断したとき

2.当社は、本条に基づき、本サービスの提供を停止、利用契約の解除その他第1項に定める措置を実施したことによりユーザーまたは第三者に生じる損害・結果について、何ら責任を負わないものとします。

3.本条による本サービスの提供の停止、解除は、当社のユーザーに対する損害賠償請求を何ら妨げないものとします。

4.本条の規定は、当社に、ユーザーの行為を監視する義務、および本サービスの利用の停止その他の措置を講ずべき義務を課すものではありません。当社が前項に定める措置を講じなかったことによりユーザーまたは第三者が被った損害について、当社は一切その責任を負わないものとします。

第5章 本サービスの中断・廃止等

第14条(サービスの中断)

1.当社は、安定した運営に最善を尽くすものとしますが、以下の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく一時的に本サービスの全部または一部を中断することができるものとします。

  • (1)サーバ、通信回線若しくはその他の設備の故障、障害の発生またはその他の事由により本サービスの提供ができなくなった場合
  • (2)システム(サーバ、通信回線や電源、それらを収容する建築物などを含む)の保守、点検、修理、変更を定期的にまたは緊急に行う場合
  • (3)火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなった場合
  • (4)地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供ができなくなった場合
  • (5)戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議、疫病の蔓延等その他不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
  • (6)法令による規制、司法命令等の適用により本サービスの提供ができなくなった場合
  • (7)その他、運用上、技術上当社が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合

2.当社は、いつでも任意の理由により、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部を廃止することができるものとします。

3.当社は、本サービスの一時中断、および廃止によりユーザーに生じた損害について、一切その責任を負わないものとします。

4.当社は本サービスを提供するにあたり、当社の責に帰すべき理由により、ユーザーに対し本サービスを提供しなかったときは、ユーザーが本サービスを全く使用できない状態にあることを当社が知った時刻(以下「障害発生時刻」といいます。)から起算して、連続して24時間以上、本サービスが全く使用できなかったときに限り、使用できなかった日数(1日未満については切り捨て)について利用料金を日割りで計算した金額について損害賠償をします。なお、障害発生時刻が無料期間にあたる場合は、損害が発生していないものとみなします。

5.前項の場合において、当社は、障害発生時刻における直近1か月の本サービスの月額利用料を限度として損害の賠償をします。

第15条(本サービス用設備等の障害等)

本サービスに不具合が発生したことを認識したときは、ユーザーは遅滞なく当社に通知をするものとします。

第6章 情報等の取扱い

第16条(個人情報等の取扱い)

当社は、本サービスの利用に関連して、ユーザーの個人情報(生存する個人に関する情報であって、当該情報により特定の個人を識別することができるものをいいます。)を取得した場合には、個人情報の保護に関する法律、電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン等を遵守し、当社が別途定める「プライバシーポリシー(個人情報保護方針)」(https://pepabo.com/company/privacy/)に従って取り扱うものとします。

第17条(情報の開示)

当社は、次の各号に該当するときは、必要な範囲において、本サービスの運営にかかるサーバ上の全てのテキスト、画像その他の情報を閲覧し、保存し、またはユーザーもしくは第三者に開示することができるものとします。それによって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものとします。

  • (1)本特約に違反する事実の有無を確認する必要があるとき
  • (2)人の生命、身体および財産等に差し迫った危険があり、緊急の必要性があるとき
  • (3)刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)その他法令に基づく裁判所の命令もしくは強制の処分が行われたとき
  • (4)特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第4条に基づく開示請求の要件が充足されたとき、または開示を認める決定もしくは判決等の裁判があったとき
  • (5)警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から照会を受けた場合、または緊急避難若しくは正当防衛に該当すると当社が判断するとき
  • (6)本サービスの技術的不具合を解消するために必要あるとき
  • (7)ユーザーが開示等に同意したとき
  • (8)その他本サービスを適切に運営するために必要が生じたとき

第18条(利用記録の集計等)

当社は本サービスの開発、販売計画の作成等のために、ユーザーの利用状況、利用料金等の情報を集計し、分析を行うことができるものとします。

第7章 損害賠償等

第19条(損害賠償)

1.債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因の如何を問わず、本サービス又は利用契約に関して、当社がユーザー に対して負う損害賠償責任の範囲は、当社の責に帰すべき事由により又は当社が本利用契約に違反したことが直接の原因でユーザーに現実に発生した通常の損害に限定され、損害賠償の額は損害発生時の直近1か月の本サービスの月額利用料を超えないものとします。ただし、ユーザーの当社に対する損 害賠償請求は、ユーザーによる対応措置が必要な場合にはユーザーが第6条(本サービス用設備等の障害等)に従い対応措置を実施したときに限り行えるものとします。なお、当社の責に帰すことができない事由から生じた損害、当社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益について当社は賠償責任を負わないものとします。

2.本サービス又は本特約に関して、当社の責に帰すべき事由により又は当社が本特約に違反したことにより閲覧者に損害が発生した場合について、当社は前項所定のユーザーに対する責任を負うことによって閲覧者に対する一切の責任を免れるものとし、閲覧者に対する対応はユーザーが責任をもって行うものとします。

3.ユーザーが、本特約に定める事項に違反したことにより、当社が損害を被った場合には、当社が当該ユーザーとの利用契約を解除したか否かに関わらず、当該ユーザーは当社に対して当該損害を賠償する責任を負うものとします。なお、当社が、ユーザーと第三者との紛争、その他ユーザーの責に帰すべき事由に起因して費用(弁護士費用、証人費用、証拠収集費用及びその他の訴訟遂行上の合理的費用を含む)を負担することとなる場合、当社は、その費用を、現実に負担が生じる前であっても、損害の一部としてユーザーに請求することができるものとします。

4.前項の規定は、法人またはその他の団体が当該法人またはその他の団体に所属する個人をユーザーとして登録した場合において、当該個人が本特約に定める事項に違反したことにより当社が損害を被った場合には、その時点で当該個人が法人またはその他の団体に所属しているか否かに関わらず、当該法人または当該団体が当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第20条(免責事項)

1.本サービス又は本利用契約に関して当社が負う責任は、理由の如何を問わず前条の範囲に限られるものとし、当社は、以下の事由によりユーザー又は第三者に発生した損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものと します。

  • (1)天災地変、騒乱、暴動等の不可抗力
  • (2)利用者設備の障害又は本サービス用設備等までのインターネット接続サービスの不具合等ユーザーの接続環境の障害
  • (3)本サービス用設備等からの応答時間等インターネット接続サービスの性能値に起因する損害
  • (4)当社が第三者から導入しているコンピュータウィルス対策ソフトについて当該第三者からウィルスパターン、ウィルス定義ファイル等を提供されていない種類のコンピュータウィルスの本サービス用設備等への侵入
  • (5)善良なる管理者の注意をもってしても防御し得ない本サービス用設備等への第三者による不正アクセス又はアタック、通信経路上での傍受
  • (6)当社が定める手順・セキュリティ手段等をユーザーが遵守しないことに起因して発生した損害
  • (7)本サービス用設備等のうち当社の製造に係らないソフトウェア(OS、ミドルウェア、DBMS)及びデータベースに起因して発生した損害
  • (8)本サービス用設備等のうち当社の製造に係らないハードウェアに起因して発生した損害
  • (9)電気通信事業者の提供する電気通信役務の不具合に起因して発生した損害
  • (10)刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)、犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の定めに基づく強制の処分その他裁判所の命令若しくは法令に基づく強制的な処分
  • (11)その他当社又は運用事業者もしくは当社の再委託先の故意又は重過失に起因する損害以外の損害

2.当社及び運用事業者は、ユーザーが本サービスを利用することによりユーザーと第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。

3.本利用契約が消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合、本特約のうち、当社の債務不履行又は不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償責任の全部を免責する規定は適用されないものとします。

第8章 雑 則

第21条(ユーザーによる解約)

1.ユーザーは、いつでも当社の定める方法に従い本サービスの利用契約を解約の申し入れを行うことができます。

2.前項に基づきユーザーが解約を申し入れた場合においても、解約を申し入れた時点における本サービスの有効期限日までの間、利用契約は継続し、当該月の利用料金が発生するものとします。

3.前項に基づき解約の申し入れがなされた場合、本サービスの有効期限日以降、当社は本サービス上のユーザーが保有するデータ(以下「ユーザーデータ」という。)を削除するものとし、解約後のユーザーデータの保存または復元は全てユーザーの責任において行うものとします。

第22条(再委託)

当社は、ユーザーに対する本サービスの提供に関して必要となる業務の全部又は一部を当社の判断にて第三者に再委託することができ ます。

第23条(有効期間)

1.本サービスの有効期間は、利用開始日(第4条第2項に定める利用契約が成立した日をいいます。)から起算して、別途当社が定める日までとします。ただし、契約者が最初の有効期間中、別途当社の定める日時までに所定の方法により更新拒絶の手続きを行わない場合には、利用契約は自動的に、最初の有効期間満了の日の次の日から、暦月に従い1カ月間更新されるものとし、以降も同様とします。有効期間は、当社が別途定める場合を除き、変更することができないものとします。

2.前項にもかかわらず、有効期間のうち当社が別途定める日時までに利用料金の支払が確認できない場合には、当社は利用契約の更新を拒絶し、本サービスの提供を停止することができるものとします。

第24条(契約終了後の処理)

1.ユーザーは、本利用契約が終了した場合、本サービスの利用にあたって当社から提供を受けた機器、ソフトウェア並びにそれに係わる全てのデータ及び資料等(本サービスにかかるソフトウェア及び資料等の全部又は一部の複製物を含みます。以下同じとします。)を本利用契約終了後直ちに当社に返還、消去、裁断若しくは消却し、利用者設備などに格納されたソフトウェア並びにデータ及び資料等については、ユーザーの責任で消去するものとします。

2.当社は、本利用契約が終了した場合、本サービスの利用にあたってユーザーから提供を受けたデータ及び資料等(資料等の全部又は一部の複製物を含みます。以下同じとします。)については、当社の責任で消去するものとします。

3.当社は、本利用契約が終了後、ユーザーの情報が入力されたサーバーから、当該情報の一部又は全部を削除できるものとします。当社は当該情報の削除によりユーザーに生じた損害につき、賠償の責を負いません。

第25条(利用権譲渡等の禁止)

ユーザーは、当社の承諾なしに、本サービスのユーザーとしての地位並びに権利及び義務を第三者に譲渡または貸与等の処分をできないものとします。

第26条(作成サイトの利用)

ユーザーは、当社に対し、本サービスの運営、宣伝告知等のため、本サービスに関するウェブサイト上で利用する目的(以下「本目的」といいます。)に限り、作成サイト及びユーザーデータ(以下「作成サイト等」といいます。)の全部または一部を複製・公衆送信等利用すること、並びに本目的のための利用に必要な範囲において、ユーザーページ等のリサイズ等の加工、改変等が行われることをあらかじめ無償で許諾するものとし、この場合において、ユーザーは、当社に対して、著作者人格権を行使しないものとします。

(附則)本特約は2016年11月21日から施行します。



Mobile Analytics