[Windows]Outlook 2013の設定

Outlook 2013の設定方法をご説明します。

Outlook 2013を初めて起動させる場合

Outlook 2013の起動
Outlook 2013を起動します。
Outlook 2013の起動
アカウントの設定画面の表示
『次へ』をクリックします。
アカウントの設定画面の表示
アカウントの追加画面の表示
『はい』を選択し、『次へ』をクリックします。
引き続き、アカウントの追加へお進みください。
アカウントの追加画面の表示

Outlook 2013を起動させたことがある場合

Outlook 2013の起動
Outlook 2013を起動します。
Outlook 2013の起動
アカウント情報画面の表示
『ファイル』をクリックします。
アカウント情報画面の表示
アカウントの追加画面の表示
『アカウントの追加』をクリックします。
アカウントの追加画面の表示
アカウントの追加
『自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)』を選択し、『次へ』をクリックします。
アカウントの追加
サービスの選択
『POP または IMAP』を選択し、『次へ』をクリックします。
サービスの選択
POPとIMAPのアカウント設定
POPとIMAPのアカウント設定を行います。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの 『メール設定/ロリポップ!webメーラー』の『メール設定』よりご確認いただけます。
設定の後、『詳細設定』をクリックします。
POPとIMAPのアカウント設定

名前

送信するメールの差出人欄に表示されます。お好みの名前でかまいません。

電子メールアドレス

お客様の『メールアドレス』を入力します。

アカウントの種類

『POP3』を選択します。

受信メールサーバー

お客様の『メールサーバー(POP)』を入力します。

送信メールサーバー(SMTP)

お客様の『メールサーバー(SMTP)』を入力します。

アカウント名

お客様の『メールアカウント』を入力します。

パスワード

お客様の『メールパスワード』を入力します。

パスワードを保存する

チェックを入れます。

SMTP-AUTHの設定
ロリポップ!では、スパム防止のためにSMTP-AUTHという機構を取り入れていますので、以下の設定を行います。
『送信サーバー』を開き、設定します。
SMTP-AUTHの設定

送信サーバー(SMTP)は認証が必要

チェックを入れます。

受信メールサーバーと同じ設定を利用する

選択します。

SSLの設定
SSLを使用すると通信を暗号化してメールを送受信でき安心です。
『詳細設定』を開き、設定します。
設定の後、『OK』をクリックします。
SSLの設定

受信サーバー(POP3)

『995』を入力します。

このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要

チェックを入れます。

送信サーバー(SMTP)

『465』を入力します。

使用する暗号化接続の種類

『SSL』を選択します。

サーバーにメッセージのコピーを置く

任意です。複数のメールソフトで同じメールアドレスを受信する場合などは、設定をおすすめします。

サーバーから削除する

コピーを削除する日数を設定できます。お好みでかまいません。チェックを外すと、削除されません。

アカウント設定のテスト
『アカウント設定のテスト』をクリックします。
アカウント設定のテスト
テスト完了確認の後、『閉じる』をクリックします。エラーが出た場合は、設定を再確認してください。
アカウント設定のテスト
設定完了
『完了』をクリックします。
設定完了

メールの送信方法

メール作成画面の表示
『新しい電子メール』をクリックします。
メール作成画面の表示
メールの作成
宛先や件名、内容を入力します。
メールの作成
メールの送信
『送信』をクリックします。
メールの送信

メールの受信方法

メールの受信
『送受信』を開き、『すべてのフォルダーを送受信』をクリックします(メールの受信だけでなく、未送信メールの送信も行われます)。
メールの受信
受信したメールの確認
新着メールは、『受信トレイ』に受信されます。
受信したメールの確認

各種メールソフトの設定方法へ


マニュアルのトップへ