PuTTYのSSH設定について

PuTTYでのSSH(secure shell)設定について説明いたします。
PuTTYの操作にはコマンドの入力が必要となりますので、コマンドに詳しい方はお使いください。それ以外の方は、WinSCPをご利用いただくと便利です。


PuTTYのダウンロード

『PuTTY』をダウンロード
PuTTY Download Pageから『PuTTY』のダウンロード(無料)をします。
『A Windows installer for everything except PuTTYtel』の項目にある、最新バージョンの『.exe』形式のファイルをダウンロードします。ここでは『putty-0.60-installer.exe』で説明いたします。
PuTTYのダウンロード

インストール
ダウンロードした『.exe』形式のファイルをダブルクリックして、実行します。
セットアップウィザードに従って、インストールを行ってください。

PuTTYの設定方法・接続方法

PuTTYを起動
PuTTYを起動

SSHアカウント情報を入力
起動するとアカウント情報入力ウィンドウが表示されます。
お客様のSSHアカウントの情報を入力し、『Save』をクリックします。
SSHアカウント情報を入力

Host Name

お客様のSSHサーバーとなります。

Port

2222

Connection Type

SSHを選択します。

Save Sessions

この接続情報の名前になります。お好きなものを入力ください。


セッションを選択
セッションを選択し、『Open』をクリックします。
セッションを選択

known hostsリストにホストを追加
セキュリティ警告のウィンドウが表示されます。『はい』をクリックします。
セッションを選択

SSHアカウントを入力
お客様のSSHアカウントを入力し、『Enter』キーを押してください。
お客様のSSHアカウントは、お客様のFTPアカウントと同じです。ユーザー専用ページよりご確認ください。
SSHアカウントを入力

SSHパスワードを入力
お客様のSSHパスワードを入力し、『Enter』キーを押してください。
お客様のSSHパスワードは、ユーザー専用ページの『SSH』よりご確認ください。
SSHパスワードを入力
SSHパスワードは、入力した文字が画面表示されません。

SSH接続完了
SSHの接続が完了しました。
scpコマンドを使用し、操作を行ってください。
SSH接続完了

マニュアルのトップへ