ロリポップ!レンタルサーバー
ご利用のブラウザ(Internet Explorer)のサポートは2021年8月31日で終了します。
早めのブラウザの切り替えをお願いいたします。詳しくはこちら

お知らせ

『ロリポップ!』からのお知らせです。

ウェブサイトのさらなる爆速化を実現する「LiteSpeed Cache」が利用できるようになりました!

LiteSpeed CacheでWordPress爆速化!

このたび、「LiteSpeed Cache」に対応し、より高速な環境でご利用いただけるようになりました!

「LiteSpeed Cache」はLiteSpeedのWebサーバーで利用できるキャッシュ機能で、WordPressプラグインを有効化することでサイトを高速化できます。
キャッシュを有効にすることにより、ページの読み込み時間を大幅に短縮することができます。

「LiteSpeed Cache」を利用するメリット

・SEOやCVR改善にポジティブな効果が期待できます。
・パフォーマンスの高いサイトはGoogle検索結果の順位に好影響を与えることができます。
・ユーザーが快適にサイトを閲覧できるようになるため、ブランディングや顧客の獲得などサイトの目的を達成しやすくなります。
Litespeedの公式サイトにて「LiteSpeed Cache」の利用によりGoogle PageSpeed Insightsのスコア改善が期待できるとも掲載されています。

月額550円〜のハイスピードプランから利用可能

ご利用可能なプランは、ハイスピードプラン・エンタープライズプランのご契約の方限定です。
※ハイスピードプラン(サーバー番号 spdxxx)、エンタープライズプラン(サーバー番号 entxxx)で利用できます。

以下はLiteSpeed Cacheを有効にしたハイスピードプランと国内のレンタルサーバーサービスで速度比較した結果です。従来のハイスピードプランに比べて約2倍の速さを実現しました。

国内レンタルサーバー速度比較。1位はロリポップのハイスピードプラン(月額550円)LiteSpeed Cache有効状態。従来のLiteSpeed Cacheなしのハイスピードプラントと比べると約2倍の速さ。2位はA社(月額900円帯プラン)。1位と比較し約40%の速度しかない。3位はB社(月額1,500円帯プラン)。1位と比較し約10%の速度しかない。※計測期間は2022年4月20日〜30日。WordPressに同一のテストデータをインポートしたサイトへ外部の同一環境から接続。各社、無料で利用できるCache機能を有効にした状態で計測。金額は、各社36ヶ月契約時の月額費用。比較対象はhostadvice.国内シェア上位3社での比較。


設定の手順

以下のマニュアルをご確認ください。
▼マニュアル
・LiteSpeed Cacheの利用方法

このエントリーをはてなブックマークに追加