Win FFFTP(FTPS対応版)の設定

FFFTPのFTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)設定方法をご説明します。

FTPESを利用すると、通信が暗号化された状態で行われ、データの送受信がより安全に行われます。ぜひご活用ください。

FFFTPは一度開発が終了されましたが、その後有志による開発が行われているFTPソフトです。 SourceForge.JPのFFFTPプロジェクトにてダウンロードできます。

バージョン1.98cから、FTPSにも対応しています。1.98c以前のバージョンはFTPS対応ではありません。

FFFTPの初期設定

FFFTPの起動
FFFTPを起動します。
FFFTPの起動

新規ホストの作成
『新規ホスト(N)...』をクリックします。
新規ホストの作成

アカウント情報の入力
アカウント情報を入力します。
アカウント情報の入力
お客様の『FTPSサーバー』、『FTP・WebDAVアカウント』、『FTP・WebDAVパスワード』は、ユーザー専用ページの『アカウント情報/パスワード変更』に記載されています。

ホストの設定名(T)

設定名を入力します(任意です。お好みのものでかまいません)。

ホスト名(アドレス)

お客様の『FTPSサーバー』を入力します。

『FTPサーバー』のアドレスではありません。入力間違いにご注意ください。『FTPSサーバー』のアドレスでない場合、暗号化されず安全ではありません。

ユーザ名(U)

お客様の『FTP・WebDAVアカウント』を入力します。

パスワード/パスフレーズ(P)

お客様の『FTP・WebDAVパスワード』を入力します。

ローカルの初期フォルダ(L)

お客様が作成されたホームページデータのあるディレクトリを指定します(任意です)。

ホストの初期フォルダ(R)

サーバー側にあるディレクトリを指定します。ここで指定したディレクトリがサーバー側のファイル一覧で最初に表示されます(任意です)。

入力後、『OK』をクリックします。

FTPESの設定
ホストの設定の『暗号化』のタブをクリックします。
FTPESの設定
初期状態では、『暗号化なしで接続を許可』『FTPS(Explicit)で接続』『FTPS(Implicit)で接続』の3つにチェックが入っています。
これを『FTPS(Explicit)で接続』のみにチェックが入っている状態にし、『OK』をクリックします。

FTPS接続設定

サーバーへの接続
設定したホストを選択し、『接続(S)』をクリックします。
サーバーへの接続
接続に成功すると、左枠に設定したローカルの初期フォルダ内のファイルが一覧表示されます。
右枠には、FTPSサーバー内のファイル一覧が表示されます(ホストの初期フォルダを指定してる場合は、そのディレクトリ内のファイル一覧が右枠に表示されます)。
サーバーへの接続
接続に失敗する場合はこちらをご覧ください。

ファイルの操作

ファイルのアップロード
左枠から転送したいファイルを選択し、右枠にドラッグ&ドロップするとアップロードできます。
ファイルのアップロード

ファイルのその他の操作
対象ファイルを右クリックすると各々の操作ができます。
ファイルのその他の操作

ダウンロード(D)

ファイルをダウンロードします。

削除(R)

ファイルを削除します。

属性変更(A)

パーミッションを変更できます。

各種FTPソフトの設定方法へ


マニュアルのトップへ