Win NextFTPの設定

NextFTPのFTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)設定方法をご説明します。

FTPESを利用すると、通信が暗号化された状態で行われ、データの送受信がより安全に行われます。ぜひご活用ください。

NextFTPの初期設定

NextFTPの起動
NextFTPを起動します。
NextFTPの起動
ホストの作成
「個人用」を選択し、「新規ホスト」をクリックします。
ホストの作成
アカウント情報の入力
アカウント情報を入力します。
入力に必要な情報は、ユーザー専用ページの「アカウント情報/パスワード変更」にて確認できます。
入力の後、「OK」をクリックします。
アカウント情報の入力
ホスト名
お好みのものでかまいません。
ホストアドレス
「ftp.lolipop.jp」を入力します。
ユーザーID
お客様の「FTP・WebDAVアカウント」を入力します。
パスワード
お客様の「FTP・WebDAVパスワード」を入力します。
ホスト開始フォルダ
必ず空白にします。
ローカル開始フォルダ
お客様が作成したホームページデータのあるディレクトリを指定します(任意です)。
SSL暗号化の設定
「高度な設定」を開き、「SSL暗号化」の「Explicit(SSL)」を選択し、「OK」をクリックします。
SSL暗号化の設定

FTPES接続

サーバーへの接続
設定したホストを選択し、「接続」をクリックします。
サーバーへの接続
接続に成功すると、ローカルの枠に、設定した「ローカル開始フォルダ」内のファイルが一覧表示されます。
ホストの枠には、FTPサーバー内のファイルが一覧表示されます。
サーバーへの接続

接続に失敗する場合はこちらをご覧ください。

ファイルの操作

ファイルのアップロード
ローカルの枠にて転送するファイルを選択し、ホストの枠にドラッグ&ドロップします。
ファイルのアップロード
ファイルのその他の操作
対象ファイルを右クリックすると各々の操作ができます。
ファイルのその他の操作
ダウンロード
ファイルをダウンロードします。
削除
ファイルを削除します。
パーミッションの変更
パーミッションの変更ができます。

各種FTPソフトの設定方法へ


マニュアルのトップへ

10日間無料でお試し

ご利用実績200万サイト以上!
ロリポップ!なら目的に応じてさまざまなホームページを作成できます。

  • エコノミー

    月額 100

    専用メールアドレスの利用

    容量
    20GB
    WordPress
    不可
    Webサーバー
    Apache
    ストレージ
    SSD
    転送量
    50GB/日
    電話サポート
    なし
  • ライト

    月額 250円〜

    趣味のホームページなどを
    新規作成

    容量
    100GB
    WordPress
    利用可能
    Webサーバー
    Apache
    ストレージ
    SSD
    転送量
    100GB/日
    電話サポート
    なし
  • スタンダード

    月額 500円〜

    趣味からビジネス用途まで
    サーバー利用全般

    容量
    150GB
    WordPress
    高速
    Webサーバー
    Apache
    ストレージ
    SSD
    転送量
    150GB/日
    電話サポート
    あり
  • おすすめ

    ハイスピード

    月額 500円〜

    大量アクセスでも
    高速表示したいサーバー利用
    詳しくはこちら

    容量
    250GB
    WordPress
    最高速
    Webサーバー
    LiteSpeed
    ストレージ
    SSD
    転送量
    200GB/日
    電話サポート
    あり
  • エンタープライズ

    月額 2,000円〜

    高速表示かつ大容量の
    ビジネス用途
    詳しくはこちら

    容量
    1TB
    WordPress
    最高速
    Webサーバー
    LiteSpeed
    ストレージ
    SSD
    転送量
    400GB/日
    電話サポート
    あり
  • ※ 初期費用別。