EC-CUBE簡単インストール

EC-CUBE簡単インストール機能に関してご説明いたします。
『EC-CUBE』は、日本発のオープンソースECサイト構築システムです。携帯・スマホにも標準対応。簡単に本格的なショッピングサイトを作ることが可能です。

EC-CUBEのご利用にはデータベース(MySQL)が必要となります。
データベースは『ライトプラン』『スタンダードプラン』『エンタープライズプラン』でご利用いただけます。
『エコノミープラン』の方はプラン変更を行ってください。


EC-CUBE簡単インストールについて

ユーザー専用ページへログイン
ユーザー専用ページの『EC-CUBE』を開きます。
ユーザー専用ページへログインできない場合はこちらをご覧ください。

インストール先の設定
複数の独自ドメインを設定している場合は、ドメインを選択します。
インストールするディレクトリを入力し、データベースを選択しましたら、次に店名やメールアドレスなどのECサイトの設定情報を入力します。
入力が完了しましたら、『入力内容確認』をクリックします。
EC-CUBEのインストール先の設定

インストール先URL

EC-CUBEをインストールするディレクトリを入力してください。
複数の独自ドメインを設定している場合は、ドメインも選択します。

利用データベース

インストールするEC-CUBEで利用するデータベースを選択します。
『新規自動作成』を選んだ場合は、ランダムな半角英数字で『データベース名』と『データベースパスワード』が作成されます。

店名

お客様の店名を入力してください。

メールアドレス

管理者のメールアドレスを入力してください。
受注メールなどの宛先となります。

ログインID

EC-CUBE管理画面にログインする際に必要なIDです。

パスワード

EC-CUBE管理画面にログインする際に必要なパスワードです。半角英数・記号などを組み合わせた文字列にしてください。

管理画面のURL

管理画面のURLを入力してください。

【php.ini設定の変更が必要な場合】

EC-CUBEのご利用にあたり、『php.ini』の設定変更が必要な場合、設定を変更する項目が表示されます。
『php.iniの設定へ』をクリックしてください。

php.iniの設定

文字の背景が黄色になっている設定項目を変更してください。
変更後『php.iniを設定する』をクリックしてください。

php.iniの設定

mbstring.internal_encoding

UTF-8

magic_quotes_gpc (php5.3のみ)

Off

safe_mode (php5.3のみ)

Off

『safe_mode』『magic_quotes_gpc』の設定は、php5.3にてご利用いただけます。
php5.4をご利用の場合は、『mbstring.internal_encoding』のみ設定を行ってください。

『簡単インストールに戻る』をクリックしてください。

php.iniの設定


インストール先の確認
インストール先の設定を確認します。 説明内容を確認して『承諾する』にチェックを入れ、『インストール』をクリックします。 EC-CUBEのインストールが開始されます。
インストール先の確認
インストール先のディレクトリに同じ名前のファイルが存在する場合は、上書きされます。

インストール完了
インストール完了画面の『サイトURL』をクリックし、引き続きEC-CUBEの設定作業を行います。
インストール完了

【POINT】

『管理者ページURL』をお気に入りに追加しておくと便利です。

【ログファイルでアプリケーションの状態を確認する】
EC-CUBEインストール後に『システムエラーが発生しました。』などのエラーが発生した場合、 ログを確認することでエラーの原因を特定できることがあります。

管理画面の『設定』の『システム情報設定』内の『EC-CUBE ログ表示』から確認できます。

ログファイルの確認

ログファイルは、EC-CUBEをインストールしたディレクトリを『huga』とした場合、サーバー上の『huga/app/log/』ディレクトリに出力されます。



マニュアルのトップへ