cron設定

cron設定について説明いたします。
cron設定を行うことで、定期的なホームページの自動更新などが可能になります。
一定期間ごとに自動でコマンドやプログラムを実行することがある場合、cron設定を利用すると大変便利です。

ロリポップ!レンタルサーバーのcronの仕様は以下のようになります。

  エコノミー ライト スタンダード エンタープライズ
cron登録数 1個 5個 10個 10個
最小実行
間隔
5分ごと 5分ごと 1分ごと 1分ごと
サーバーに高負荷をかけるプログラムなどは禁止事項に従い、プログラムの実行の停止や、設定解除をさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

cron設定方法

ユーザー専用ページへログイン
ユーザー専用ページの『WEBツール』>『cron設定』を開きます。
ユーザー専用ページへログインできない場合はこちらをご覧ください。

cronの設定
cronの設定名、実行スケジュール、実行プログラムのパスを設定して『設定』をクリックします。
cron設定

cronの設定名

任意の設定名を入力します。

日付または曜日と時間

cronを実行するスケジュールを設定します。
日付または曜日と時間を設定してください。

スケジュール

日付または曜日と時間を設定すると、実行するスケジュールが表示されます。

『10分毎』を選択した場合、0分、10分、20分、30分、40分、50分ごとに実行します。

実行ファイルパス

実行するプログラムファイルのパスを入力します。

実行ファイルパスはFTPのトップディレクトリからのパスを入力してください。
実行するプログラムファイル内に記述するパスは絶対パスで指定してください。
【cron設定の例】

毎日0時に10分毎のスケジュールで実行したい場合

以下のように設定し、スケジュール内容を確認してください。 cron設定の例

毎週月曜日 12時のスケジュールで実行したい場合

以下のように設定し、スケジュール内容を確認してください。 cron設定の例

毎月10日 0時30分のスケジュールで実行したい場合

以下のように設定し、スケジュール内容を確認してください。 cron設定の例


実行結果の通知設定
プログラムの実行時に出力が行われる場合、cronの実行結果をメールで通知することができます。
通知を希望される場合は、メールアドレスを設定します。
実行結果の通知設定
実行後に以下のような件名および差出人でメールが送信されます。

件名

Cron <lolipop.jp-アカウント名@users○○○> 実行ファイルパス

(メール件名の例)
Cron <lolipop.jp-アカウント名@users○○○> /home/users/2/lolipop.jp-アカウント名/web/cron.pl

users○○○はお客様のサーバー番号になります。

差出人

root@users○○○.phy.lolipop.jp (Cron Daemon)

【PHPをご利用される場合】
cronでPHPファイルを実行される場合、ロリポップ!ドメイン(アカウント名.lolipop.jpなど)のPHPバージョンを参照し実行します。
ロリポップ!ドメインのPHPバージョンはユーザー専用ページ - PHP設定にてご確認いただけます。
ロリポップ!ドメインのPHPバージョンに『モジュール版』を選択されている場合は、最新バージョンの『CGI版』を参照し実行します。

phpバージョン確認

【メールの受信設定】
ドメイン指定受信設定などを行われている場合は、登録前に『users○○○.phy.lolipop.jp』からのメールを受信できるように指定受信の設定を行ってください。
users○○○はお客様のサーバー番号になります。

cron設定の削除

ユーザー専用ページへログイン
ユーザー専用ページの『WEBツール』>『cron設定』を開きます。
ユーザー専用ページへログインできない場合はこちらをご覧ください。

cron設定の削除
『設定済みcron一覧』から削除したいcron設定の『削除』をクリックします。
cron設定削除

マニュアルのトップへ