60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する

アフィリエイターとは?報酬を得る仕組みや年収、なり方を紹介

アフィリエイターとは簡単にいうと、ブログから広告収入を得る職業です。男性が多いイメージですが、女性でもトップアフィリエイターとして活躍している人も数多く存在します。

今回はアフィリエイターについて、ブロガーとの違いから報酬を得る仕組み、年収などを網羅的に紹介します。メリット・デメリットやアフィリエイターになる方法など、わかりやすく解説していきます。

ロリポwordpressバナー

アフィリエイターとは

アフィリエイターとは

アフィリエイターとはアフィリエイト広告を自分のブログやSNSに貼り、その広告経由で商品やサービスが売れたときに広告主から報酬(アフィリエイトフィー)を得ている人のことを言います。アフィリエイトではASPなどのサイト経由で広告主と提携して、成果が出たときに報酬を受け取ります。アフィリエイターのなかには月収100万円オーバーの人もおり、夢のある仕事だと言えるでしょう。

アフィリエイトとよく混同されるブロガーはまた別です。ブロガーは広告主と提携することなく、自身の知名度により企業から声がかかり、依頼された案件で収入を得ている人のことを言います。

アフィリエイターとブロガーの違い

アフィリエイターとブロガーの違いはブログの運営目的に表れます。

  • アフィリエイター:アフィリエイトを利用して報酬を得ることが目的
  • ブロガー:自分の好きなことを、ブログを通して発信することが目的。有名ブロガーになると、企業から案件の依頼が来ることもあり、それで収入を得ている人もいる

片方だけやっている人もいれば、アフィリエイター兼ブロガーの人もいます。

アフィリエイターが報酬を得る仕組み

アフィリエイトと聞くとほとんどの人は「広告主とアフィリエイターをつなぐASPを利用して報酬を得ている」というイメージを持っているのではないでしょうか。実は報酬形態はそれだけでなく、下記のような方法もあります。

手法特徴利用するサイト
ASP商品やサービスを売りたい広告主の代わりにアフィリエイターがブログで販促を行い、購入されたら報酬が発生。「購入されない=成果がない」ため、成果報酬型広告と呼ばれるA8.net、afb、バリューコマースなど
物販アフィリエイト楽天やアマゾンなど、ASPを通さずに自分の好きな商品からアフィリエイトをはじめられる。報酬金額はあまり高くない傾向にあるAmazon、楽天などのアフィリエイトサイト
クリック型報酬アフィリエイトブログやSNSに貼り付けた広告がクリックされたら報酬が発生する。ASPとは違い購入される必要はないので、初心者でも取り組みやすいGoogleアドセンス、忍者Admax、nendなど

今回は代表的な3つの手法を紹介していますが、アフィリエイトで報酬を得るためには他の手法もあることを付け加えておきます。

アフィリエイターの年収

alt_text

引用元:アフィリエイトマーケティング協会

アフィリエイトマーケティング協会が発表している上記の表から算出すると、2020年の“収入のある”アフィリエイターの平均年収は90~100万円前後に落ち着きます。なかには1,000万円以上稼いでいる人もいるようですが、同調査によると、月に1万円以上収入がある人は全体の33.7%程度に止まりです。SNSやインターネット広告でよく見る「アフィリエイトで年収1,000万円!」の実現はかなりハードルが高いことがわかります。

「初期費用があまりかからない」「文字を書いて物を売る」ことから、金銭的にも心理的にも参入のハードルが低いため、チャレンジする人は多くいます。しかしアフィリエイトは稼げない期間が3ヵ月から半年、長くて1年以上続くこともあるため、すぐに辞めてしまう人が多いのも事実です。稼ぐには抑えておきたいポイントやコツがありますが、それを知らずに諦めるのはもったいないことです。まずは月に1万円を稼ぐことを目標に、地道な努力を重ねていく必要があります。

初心者が月1万円を稼ぐためのコツについては「一般人のブログ収入の平均は?|ブログ歴・作業時間別の収入データから約1万円稼ぐまでのイメージを抱こう」で解説しているので合わせてご確認ください。

アフィリエイターのメリット

アフィリエイターのメリット

最近では副業する人が増加し、TVや書籍、ネット上でもさまざまな副業が紹介されています。数ある副業のなかから、アフィリエイターになるメリットは何なのかをみていきましょう。

  • 初期費用はほとんどかからない
    アフィリエイトはパソコンとブログ媒体があれば始められます。稼ぎたいのであればブログ媒体はWordPressがおすすめです。WordPress自体は無料で利用できますが、サーバー代、ドメイン取得代がかかります。しかしそれも3,000円程度なので、他の副業に比べると初期費用は安価な傾向にあります。
  • いつでもどこでも作業できる
    ブログの更新、アクセス数やCV(購入数)の分析など、アフィリエイターが行う作業はパソコンとWi-Fi環境があればいつでもどこでも可能です。場所にとらわれない働き方ができます。
  • 未経験でも始められる
    手間取るのはブログの初期設定程度。あとはブログに文章を書いて物を売れば良いので、未経験からでも始められます。商品を売るためにはセールスライティングやSEO(検索結果の上位に表示させる対策)の仕組みなどを知っておく必要がありますが、それはブログ運営をしながらでも身に付けられるので心配ありません。

アフィリエイターのデメリット

アフィリエイターのデメリット

次はアフィリエイターのデメリットについてみていきましょう。

  • 収益化まで時間がかかる
    先にも少し触れていますが、アフィリエイトで収益化するには3ヵ月~半年、長い場合は1年以上かかります。
  • 収益が安定しない
    毎月ブログに訪れる人数も違えば、購入まで至る人の割合も異なります。そのためアフィリエイターの月収は安定しにくい傾向にあります。
  • 成果を出すにはコツがいる
    アフィリエイトで成果を出すためには、ただ商品のスペックを紹介すれば良いわけではありません。言葉で購買行動を促すためのセールスライティングの技術や、検索流入数を増やす施策であるSEOなどの知識を持ち、それらを意識したうえで話の流れや文章の書き方を工夫する必要があります。

アフィリエイターに向いている人

alt_text

紹介したメリット・デメリットを踏まえたうえで、下記のような人はアフィリエイターに向いていると言えます。

  • コツコツ作業ができる人
    たとえばアフィリエイトで月1万円を稼ごうと思ったら、50記事は必要です。しかもただ50記事作るのではなく、分析も必要となります。不労所得のイメージが強いブログですが、実際は1日数時間向き合っている人がほとんどです。
  • 文章を書くことが苦にならない人
    先にも触れていますが、アフィリエイトは文章で物を売る仕事です。文章を書かなければ報酬も発生しようがありません。しかも記事を書き続ける必要があるので、文章を書くことが苦手な人はアフィリエイターには向きません。
  • 知的好奇心が高い人
    アフィリエイトで稼ぐにはセールスライティングとSEOの知識が不可欠です。これらに加えてマーケティングや世の中の情勢に詳しいとウィットに富んだ文章を書けるでしょう。

アフィリエイターになるには

アフィリエイターになるには

アフィリエイターになるには、アフィリエイターの相棒ともいえるブログを立ち上げる必要があります。それもただ立ち上げるのではなく発信するテーマ決めから、商材の選定、ブログサービスの選定など、ブログ立ち上げ前に稼ぐための戦略を練ることも重要です。

発信する内容を決める

ブログで何をテーマにするかはアフィリエイトにおいて非常に重要です。テーマの選定が稼げるかどうかの最初の分かれ道とも言えるでしょう。基本的には「自分の好きなこと(興味のあること)×アフィリエイト商材が多い」テーマで大丈夫です。しかし、それだけでは不十分な面もあります。「ブログテーマの決め方|初心者でも稼げる!失敗しない選び方のコツ」でより詳しく解説しているので、こちらもご参考にしてください。

特化型ブログと雑記ブログ

ブログは取り扱うテーマの数によって特化ブログか雑記ブログかに分かれます。

  • 特化ブログ:1つのテーマに絞って情報発信を行う。専門性が生まれやすく、ユーザーとの間に信頼関係を築きやすいので収益も発生しやすい。生活できる程度の報酬を得たいのであれば特化ブログがおすすめ
  • 雑記ブログ:複数のテーマを取り扱う。「これ」というテーマはないけどアフィリエイトやブログを始めてみたい人におすすめ。できればテーマ同士に親和性がある方が、ユーザー層が絞れて良い。収益は発生しにくい

特化ブログと雑記ブログの違いについては、「雑記ブログと特化ブログの違い、特徴とは?メリットとデメリットを解説」でより詳しく解説しています。合わせてご参考にしてください。

サイトを準備する

ブログで取り扱うテーマが決まったらブログを書くサイトを構築しましょう。ブログサービスには無料と有料があり、無料ブログの場合は「広告を貼る位置を自由に決められない」「SEOに弱い」「サービスが終わる可能性がある」などの制限があるため、あまりおすすめできません。収益の発生が望めないわけではありませんが大きく稼ぐことは難しいと言えるでしょう。

ただし無料で利用できるブログのなかでもWordPressは「SEOに強い」「デザイン・カスタマイズ性が高く独自性を出しやすい」「独自ドメインを取得できる」といった理由からアフィリエイトにおすすめです。レンタルサーバー代とドメイン代で初期費用3,000円程度、月の維持費で2,000円程度かかりますが高い収益性を望むのであれば、WordPressにしておきましょう。

アフィリエイターとして報酬を得るまでにやること

アフィリエイターとして報酬を得るまでにやること

アフィリエイターとしてブログから報酬を得るためには、下記のようなことを行いましょう。

  • ペルソナの設定(年齢・性別・解決したい悩みなど)
  • 検索結果の上位に表示させるための知識を勉強する(SEO、キーワード選定、Webライティングなど)
  • ブログで収益を生むための手法や知識を得る(集客記事と収益記事の違い、書き方など)

アフィリエイトの戦場はブログです。しかしブログとはいえ一般人が書くような日記とは違い、収益を得るためのツールなので収益化に向けた戦略や、その戦略を練るための知識が必要不可欠です。まずは月1万円の報酬を得るためにやることを「アフィリエイト初心者が月に1万円の報酬を得るまでにやるべきこと」で解説しているので、ぜひ目を通してみてください。

まとめ

アフィリエイターは広告主と提携して商品・サービスをブログで売る職業です。月に1万円を稼げない人も多くいますが、ブログへアクセス数を集められる、売れる文章を書ける人であれば年収300~500、もしくは1,000万円も夢ではありません。

またアフィリエイトは過去に書いた記事からも収益を発生させられます。つまり、ある程度記事数が貯まったら何もしなくても収入を得られることを意味します。将来的には不労所得で生活できる可能性もあるので、1度チャレンジしてみる価値があるでしょう。

ロリポップのハイスピードプランなら、お申込みだけでWordPressのセットアップ、WordPressのテーマのインストールが完了する「ブログ収益化・副業スタートパック(ベータ版)」が使えます。

詳細はロリポップのインフォメーションをご覧ください。

>ブログをはじめるならロリポップ!

ブログをはじめるならロリポップ!

「ロリポップ!レンタルサーバー」なら、WordPressを60秒でインストール。12ヶ月以上契約すると45種類以上のドメインがずっと無料でご利用いただけます。