60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する60秒でWordPressが始められるレンタルサーバー まずは無料で体験する

一般人のブログ収入の平均は?|ブログ歴・作業時間別の収入データから約1万円稼ぐまでのイメージを抱こう

「ブログで月収100万円達成」

SNSなどで見かけることがある文言ですが、ブログで大きく稼いでいる人はほんの一握り。では、大多数の人はどの程度稼げているのかというと、平均月1万円です。

今回は、「1万円でも収入を増やしたい」人のために、ブログで収益を発生させる方法から、運用のコツを紹介します。ブログ歴・ブログにかける時間から見る収入の分布にも触れているので、今後の活動の目安にしてみてください。

ロリポwordpressバナー

一般人でもブログの収益化は可能?

一般人でもブログの収益化は可能?

結論からいうと、一般人でもブログで収益を得られます。今、ブログで月に100万円稼いでいる人も、元はただの一般人。彼らはブログ運用の仕組みとコツを把握し、根気よく記事を書き続けた結果、今の収入を手に入れています。そのため、今は一般人だとしても諦める必要はありません。先人に習って努力を重ねればブログで収益を上げられるでしょう。

ちなみにブログで月1万円の収益を得るのに、かかる期間は半年~1年程度です。記事数の目安としては50記事程度。ジャンルや内容によってはより少ない記事で月1万円を達成できます。月1万円を稼ぐためのプロセスは「アフィリエイト初心者が月に1万円の報酬を得るまでにやるべきこと」で解説しているので合わせて確認してみてください。

ブログで収益を発生させる方法

ブログで収益を発生させる方法

ブログで収益を発生させる代表的な方法は、広告です。

  • アフィリエイト
  • Googleアドセンス

アフィリエイトは、ブログ記事で商品の紹介を行い、利用者がブログを経由して商品を購入したら報酬が発生します。Googleアドセンスは、商品購入の有無は関係なく広告をクリックした回数や表示された回数により報酬が決まります。いずれにおいても大切なのがアクセス数(ブログへの訪問数)です。ブログのアクセス数が多ければ多いほど商品購入率やクリック率に期待が持てるので、報酬が発生しやすくなります。

アフィリエイト

アフィリエイトとはインターネット広告の一種です。ブログやメディアで商品を紹介してユーザーが購入してくれたら広告収入が発生する仕組みであるため、「成果報酬型広告」とも呼ばれます。アフィリエイトを行うには、広告主との仲介サービスであるASP(Application Service Provider)への登録が必要です。ASPで登録されている広告を自分のブログに貼り付け、その広告を経由してユーザーが商品を購入した場合に報酬が発生します。

報酬額は案件によって異なりますが、1件100円のものから数万円のものまでと価格の幅が広いのが特徴。後述しますが、Googleアドセンスより単価が高いので、ブログで大きく稼ぎたい人はアフィリエイトに挑戦するのがおすすめです。一般人がアフィリエイトで月1万円の収益を上げるためには、半年~1年程度かかると言われており、記事数の目安としては50記事ほど必要です。

Googleアドセンス

Googleアドセンスとは、Googleが提供する広告配信サービスです。コンテンツに連動して最適な広告が配信される仕組みになっており、1回のクリックに対して20~30円ほどの報酬が発生するため、「クリック報酬型広告」とも呼ばれています。1PV(ページビュー=閲覧数)あたりでは、0.1円~となっており、月に1万円稼ごうと思ったら、最低でも10万PV獲得しなければいけない計算になります。

記事数は最低でも100記事以上は用意しておいた方が良いでしょう。ブログをしたことがない人にとっては、途方もなく感じるかもしれませんが、Googleアドセンスは単価が低いので記事数が多い方が有利になると言えます。また、アドセンスは審査に通らないことには広告の設置ができないので、その点は注意しておきましょう。

 自分の商品を売る方法も

ハンドメイドやWebデザインなど、自分の商品・スキルがある場合は、それをブログで紹介して収益化させることができます。検索結果からの流入数に依存するアフィリエイトやGoogleアドセンスと違い、自分で商品を作って売るので、自分のブランドや商品にファンが付きやすい傾向にあります。ファンが付けば指名検索してもらいやすくなるので、Googleアップデートによる順位変動での影響を気にする必要もありません。

また、アフィリエイトやGoogleアドセンスは扱う商材や、1クリックあたりの単価が決まっていますが、自分の商品を売る場合、自分で価格を決められるので、先の2つよりも高い利益率を得られるでしょう。

一般人のブログ収入の平均

一般人のブログ収入の平均

引用元:日本アフィリエイト協議会

日本アフィリエイト協議会が発表した2020年の月額アフィリエイト収入によると、月に1万円以上の収入を得ているアフィリエイトサイトは、全体の13.3%に上ると言われています。また、アフィリエイトサイトを運営している約6割で1,000円以上の報酬を得ています。

これらの数値を大まかに計算すると、平均月収は約1万円。また、同サイトの調査によれば、月に3万円以上を稼ぐ人の割合は、下記のように年々増えているそうです。

アフィリエイト市場調査2018:月3万円以上が5.8%、月1,000円未満が73.1%
アフィリエイト市場調査2019:月3万円以上が6.6%、月1,000円未満が70.2%
アフィリエイト市場調査2020:月3万円以上が8.3%、月1,000円未満が70.5%

4割程度はブログ収入を得られていないのも実情ですが、過半数は稼げていることを鑑みれば、ブログにアフィリエイトやGoogleアドセンスを設置することで、一般人でも収入を得ることは充分可能です。

ブログ・アフィリエイト歴別収益分布

次に、ブログ・アフィリエイト歴と収入の関係をみていきましょう。アフィリエイトマーケティング協会の資料によると、収入の額が上がるにつれて、歴が長い人の割合が大きくなってきているのが分かります。

ブログ・アフィリエイト歴別収益分布

引用元:アフィリエイトマーケティング協会

先述したとおり、ブログで1万円を稼ぐためには半年~1年程度かかります。つまり、同期間はブログからの収入はほぼゼロ。その間も、どうすれば収益が発生するのかを考えながら、書き方や上位表示させるための仕組みの勉強、コンスタントな記事作成といった努力が欠かせません。そのため、ブログで収益を得るためには忍耐が必要です。その苦しい時期を乗り超えた人だけ、高収入を得られるようになります。

ブログ・アフィリエイトにかける時間別収入分布

次に、ブログ・アフィリエイトにかける時間と収入の関係を紹介します。アフィリエイトマーケティング協会の資料でもわかるとおり、時間をかける人ほど、収入が高くなる傾向にあります。

ブログ・アフィリエイトにかける時間別収入分布

引用元:アフィリエイトマーケティング協会

ただし、作業時間が30分未満の層が3~5万円と、100万円以上で増えていることから、「作業量=収益」とは言いがたい面もあります。ブログ・アフィリエイトは不労収入的な側面もあり、コツを掴めば少ない労力で稼げる点はメリットと言えるでしょう。

一般人がブログで収益を出すためのコツ

一般人がブログで収益を出すためのコツ

一般人がブログで収益を出すためには、以下のようなことを意識しましょう。

  • WordPressを利用する
  • Webライティングスキルを学ぶ
  • SEOの知識を学ぶ
  • 特化型のジャンルにする
  • SNSと併用してアクセス数を増やす
  • 量だけにこだわらず質の高い記事を積み上げる

ブログで収益を上げるには、見に来てくれる人が必要不可欠です。閲覧者がいてこそ、購入やクリックが発生します。そのため、まずは閲覧者の母数を増やすことが大切。次項から紹介するコツを実践して閲覧者数=アクセス数を増やしましょう。

WordPressを利用する

WordPressは、下記のような点からSEO(検索エンジン最適化)に強いプラットフォームだと言われています。SEOについては後述の「SEOの知識を学ぶ」で解説しているので、このまま読み進めてください。

  • Googleが提唱する内部対策(SEO対策の1つ)を自動的に行う仕様になっている
  • SEO対策強化用のプラグインが豊富にある

また、WordPressでは「テーマ」によってサイトの着せ替えができます。そのテーマは種類が豊富にあるため、サイトの独自性を出しやすく、ユーザーに親しみを持ってもらいやすくなります。

ロリポップを使えば、お申込みと同時にWordPressをインストールすることができます。ロリポップで申込と同時にWordPressを始める方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

Webライティングスキルを学ぶ

ブログで収益を得たいのであれば、ブログに訪問してきたユーザーが「その商品を買いたくなるような」文章を書く必要があります。そのためには、Webでのライティングスキルが必須です。意識したいのは以下の4つ。

  • ユーザーが悩みを解決できる記事を書く・テーマを選ぶ
  • PREP法(「結論」→「理由」→「例」→「結論」の順)で論理的に話を展開する
  • 執筆前にユーザーが「知りたい」と思う順番にトピックを並べる
  • 画像を使って視認性を上げる

紙媒体ではなく、Web上で文章を読むユーザーの背景まで想像して、記事を作成しましょう。

SEOの知識を学ぶ

先にも少し触れているSEOですが、日本語では検索エンジン最適化と訳され、検索結果で上位表示させる対策のこと指します。たとえば「ブログ 初心者」とGoogleで検索したときに、1位に表示される記事と10位に表示される記事ではページクリック率が10倍以上も変わってきます。つまり、報酬発生率も10倍以上変わる、といっても過言ではありません。

11位以下ともなると検索結果の2ページ目以降に表示されるため、ページへの訪問数はほぼない状態になります。当然ですが、報酬発生もゼロに近いでしょう。閲覧者がいないことには収益も発生しないので、まずは閲覧者数=アクセス数を増やす対策、つまりSEO対策をする必要があり、対策を講じるためにSEOの知識を学ぶ必要があるのです。

特化型のジャンルにする

あれもこれも手を出すより1つのことを極めている人の方が「専門性が高い=信頼性が高い」と感じるのは自明の理。そのため、複数ジャンルを掲載する雑記ブログよりも1つのジャンルに絞って掲載する特化ブログの方がユーザーから信頼を集めやすい傾向にあります。

また、1つのジャンルに絞ることによって、ブログ内の別記事を読んでもらえる可能性も高くなります。たとえばキャンプブログに訪問するユーザーは少なからずキャンプに興味を持っていると予想されます。そこでキャンプのお役立ち情報を記事にして発信すれば、「このブログ(だけ)を見れば自分の疑問が解決できる」とユーザーに思って貰えます。

ユーザーがサイト内を回遊(同じサイト内で次々とページの遷移を行うこと)すれば、各ページのPV数も上がるし、サイトの評価もUP。SEOにも良い影響を及ぼします。

SNSと併用してアクセス数を増やす

これまで散々、訪問者数を増やすならSEOと言ってきましたが、ブログの訪問者数を増やす方法はSEO対策だけではありません。SNSでブログを始めたことを公表するのも、訪問者数を増加させるには有効な手段です。

むしろ即効性を期待するのであれば、SNSの方が良いでしょう。SEO対策は対策をはじめてから結果が出るまでに最短3ヵ月~半年はかかると言われています。一方、SNSで公表すれば、興味を持ったフォロワーがブログに訪問してくれるのですぐにアクセス数を増やせるでしょう。そのままリピーターになることもあるので、SNSのプロフィール欄にはブログのURLを貼っておくのがおすすめ。定期的に「ブログを更新した」ことをお知らせしましょう。

量だけにこだわらず質の高い記事を積み上げる

「1万円の収益を発生させるためには、50~100記事程度は必要」だと先に紹介していますが、ただ記事数を増やせば良いわけではありません。SEO対策の一環となりますが、Googleは「ユーザーの利便性を優先している」ことを公表しています。つまり、ユーザーにとって何のメリットもない利便性の低い記事は、SEOで評価されないことを意味しています。

そのため、記事は数も大切ですが、それよりもさらに大切なのが記事の中身(コンテンツ)です。ユーザーの悩みを解決できるかどうか、を意識して質の高い記事を作成していけば、上位表示を狙えるでしょう。

実際にブログ運営に成功され、月に500万の収入をゲットされている方の記事もおすすめです。生の声を知ることで、モチベーションにも繋がりますのでこちらも合わせてご覧ください。

「ブログでの広告収入」の仕組みや収益化のためのステップを解説!

まとめ

ブログで収益を上げるのは、簡単なことではありません。ただし、ブログ運営者の6割が大なり小なり稼いでいることを考えると、チャレンジしてみる価値はあると言えます。収益化されるまでは苦しい戦いになることが予想されますが、続けることが何より大切。運営のコツが分かってくれば、月1万円以上も実現可能なので、地道にコツコツ頑張っていきましょう。

ロリポップレンタルサーバーはスマートフォンからのお申込みも可能です。とにかくまずはブログ作成をしてみたい!といった方は10日間の無料お試しをご利用ください。スマートフォンからであってもお申込みと同時にWordPressをインストールすることができます!

月額220円からWordPressが利用可能で、60秒でインストールできます。
まずは、10日間無料でお試しください!

>ブログをはじめるならロリポップ!

ブログをはじめるならロリポップ!

「ロリポップ!レンタルサーバー」なら、WordPressを60秒でインストール。12ヶ月以上契約すると45種類以上のドメインがずっと無料でご利用いただけます。