エラーページの変更

.htaccessを使用したエラーページの変更をご説明します。

ロリポップ!ユーザーの方はユーザー専用ページにて簡単に変更することができます。


エラーページの変更について

検索エンジンを利用して、見たいページを開いた時にこのような画面が出たことはありませんか?
エラーページ
左の画像は一般的に表示されるエラーページです(OSやブラウザのバージョンによって画面は変わります)。
右の画像はロリポップ!内で表示されるエラーページです。
.htaccessを使用すると、オリジナルのエラーページを作成することもできますのでご説明します。

設置方法

エラーページファイルの作成
まず、エラー時に表示されるファイル(HTMLなど)を作成します。代表的なエラーとして以下のようなものがあります。それぞれエラー内容に合わせてファイルを作成しましょう。
すべてのエラーファイルが必要ということはありません。作成したいエラーページのみで結構です。401と404のエラーページのみでも構いません。
エラーページファイルの作成

401 Unauthorized

パスワード制限など認証が必要なときに、正しく認証されなかった場合に表示されるエラーページ

403 Forbidden

パーミッションの設定が正しくない、または『.htaccess』で特定のホスト、IPの許可/制限を行っていて弾かれた場合のエラーページ

404 Not Found

リクエストされたページが無い場合に表示されるエラーページ

500 Internal Server Error

CGIのエラーや『.htaccess』の設定ミスの場合に表示されるエラーページ

【エラーページの作成に関する注意事項】
ErrorDocumentは、エラー発生時のページを基点にエラーページ表示を行ないますので、画像のパスを『http://から始まるURL』で指定していない場合、画像のリンクが切れることがあります。
エラーページに画像を使用する場合、画像のURLは『http://から始まるURL』にしてください。
【404エラーページに関する注意事項】
404エラーページに限り、エラーページのサイズが小さすぎると表示されない場合があります。 ページの容量が1Kバイト以上になるようにファイルを作成してください。

.htaccessファイルの作成
適当なファイル名(htaccess.txtなど)で、以下の内容のファイルを作成します。
作成したエラーページに対応するエラーコードのみ記述してください。

ErrorDocument 401 『相対パス』

ErrorDocument 403 『相対パス』もしくは『http://から始まる作成した403エラーページのURL』

ErrorDocument 404 『相対パス』もしくは『http://から始まる作成した404エラーページのURL』

ErrorDocument 500 『相対パス』もしくは『http://から始まる作成した500エラーページのURL』

ErrorDocument 401は、『相対パス』でのみ設定可能です。『http://から始まる作成した401エラーページのURL』では、設定できません。
htaccessファイルの内容は下記の例ようになります。エラーページをアップロードするディレクトリに合わせて設定してください。

(例)/error/ディレクトリの中に『401.html』、『403.html』、『404.html』、『500.html』を作成した。


もしくは、

(例)ルートディレクトリ(FTPソフトで接続して最初に表示されるディレクトリ)の中に『401.html』、『403.html』、『404.html』、『500.html』を作成した。


もしくは、

入力が終わったら保存します。

保存したファイルのアップロード
作成した『エラーページファイル』『htaccess.txt』を、FTPで指定したディレクトリにアップロードします。アップロード後、『htaccess.txt』のファイル名を『.htaccess』に変更します。
ファイルのパーミッションは『604』にしてください。

ブラウザでの確認
以上で完了です。ブラウザで、お客様のホームページ内に存在しないURLを入力し、作成された404エラーページが表示されるか確認してください。

改行は入っていますか?
『.htaccess』のファイルの最後の行の末端に改行は入っていますか? 改行が入ってない場合エラーになります。
パスは正しく記入されていますか?
『.htaccess』で指定したパスは正しく記入されていますか? もう一度ご確認ください。
パーミッションは『604』になっていますか?
『.htaccess』のパーミッションは『604』になっていますか? 変更されていない場合正常に動作しないことがあります。
ファイルの記述に誤りはありませんか?
『.htaccess』の記述に間違いがあると、そのディレクトリ以下にアクセスした時に必ず『500 Internal Error』が表示されます。『.htaccess』ファイルの記述をもう一度確認してください。

.htaccess利用法のトップへ


マニュアルのトップへ