エラーページ変更

ユーザー専用ページでのエラーページの変更方法をご説明します。

エラーページは、通常、.htaccessファイルを作成し設置しなければなりませんが、ロリポップ!では、ユーザー専用ページにて簡単に設置(変更)できます。

初期設定で設置されているエラーページの変更、自作のエラーページへの変更がユーザー専用ページで行えます。

エラーページを変更すると、既存の.htaccessファイルは上書きされます。

ロリポップ!ドメインでの変更方法

エラーページ変更画面の表示
ユーザー専用ページにログインし、「エラーページ変更」を開きます。

ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。

エラーページの設定変更画面の表示
「エラーページ変更」をクリックします。
エラーページの設定変更画面の表示
エラーページの設定(変更)
必要項目を選択、入力します。
自作のエラーページを設置する場合は、「自作エラーページ」を選択します。
エラーページの設定(変更)
自作エラーページを選択すると入力フォームが開きます。自作のエラーページを設置したURL、もしくは、パスを入力します。
エラーページの設定(変更)
設定の後、「変更」をクリックします。
エラーページの設定(変更)

独自ドメインでの変更方法

エラーページ変更画面の表示
ユーザー専用ページにログインし、「エラーページ変更」を開きます。

ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。

エラーページの設定変更画面の表示
「エラーページ変更」をクリックします。
エラーページの設定変更画面の表示
エラーページの設定(変更)
必要項目を選択、入力します。
設定しているドメインのディレクトリを指定する場合は、「設定したドメインのディレクトリから入力できます。」をクリックします。
エラーページの設定(変更)
設定するドメインを選択します。
エラーページの設定(変更)
サブドメインのページにエラーページを設定する場合は、サブドメイン設定を行っているディレクトリを指定します。
例)「http://abc.◯◯◯.com」を「http://◯◯◯.com/abc」に設定している場合、ディレクトリ入力欄に「abc」を入力します。
自作のエラーページを設置する場合は、「自作エラーページ」を選択します。
エラーページの設定(変更)
自作エラーページを選択すると入力フォームが開きます。自作のエラーページを設置したURL、もしくは、パスを入力します。
エラーページの設定(変更)
設定の後、「変更」をクリックします。
エラーページの設定(変更)

設定ディレクトリの変更方法

エラーページ変更画面の表示
ユーザー専用ページにログインし、「エラーページ変更」を開きます。

ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。

エラーページの設定変更画面の表示
「設定変更」をクリックします。
エラーページの設定変更画面の表示
設定内容の変更
変更の後、「変更」をクリックします。
設定内容の変更

マニュアルのトップへ

お申込みへすすむ

ご利用実績200万サイト以上!
ロリポップ!なら目的に応じてさまざまなホームページを作成できます。

  • ライト

    月額 250円〜

    WordPressが利用可能!
    ホームページ趣味利用者向け。

    容量
    50GB
    WordPress
    利用可能
    独自SSL
    無料
    転送量
    60GB/日
    電話サポート
    なし
  • 一番人気

    スタンダード

    月額 500円〜

    コストパフォーマンスが最高のプラン!
    WordPressの高速動作が可能に。

    容量
    120GB
    WordPress
    高速利用可能
    独自SSL
    無料
    転送量
    100GB/日
    電話サポート
    あり
  • エコノミー

    月額 100

    シンプルなホームページや
    メールのみの利用など、学生さん向け。

    容量
    10GB
    WordPress
    不可
    独自SSL
    無料
    転送量
    40GB/日
    電話サポート
    なし
  • エンタープライズ

    月額 2,000円〜

    大規模ビジネスサイトや、
    法人サイトの制作案件向け。

    容量
    400GB
    WordPress
    高速利用可能
    独自SSL
    無料
    転送量
    無制限
    電話サポート
    あり
  • ※ 表示価格は税抜・初期費用別。