エラーページ変更

ユーザー専用ページでのエラーページの変更方法をご説明します。

エラーページは、通常、.htaccessファイルを作成し設置しなければなりませんが、ロリポップ!では、ユーザー専用ページにて簡単に設置(変更)できます。

初期設定で設置されているエラーページの変更、自作のエラーページへの変更がユーザー専用ページで行えます。

エラーページを変更すると、既存の.htaccessファイルは上書きされます。

ロリポップ!ドメインでの変更方法

エラーページ変更画面の表示
ユーザー専用ページにログインし、『エラーページ変更』を開きます。
ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。
エラーページの設定変更画面の表示
『エラーページ変更』をクリックします。
エラーページの設定変更画面の表示
エラーページの設定(変更)
必要項目を選択、入力します。
自作のエラーページを設置する場合は、『自作エラーページ』を選択します。
エラーページの設定(変更)
自作エラーページを選択すると入力フォームが開きます。自作のエラーページを設置したURL、もしくは、パスを入力します。
エラーページの設定(変更)
設定の後、『変更』をクリックします。
エラーページの設定(変更)

独自ドメインでの変更方法

エラーページ変更画面の表示
ユーザー専用ページにログインし、『エラーページ変更』を開きます。
ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。
エラーページの設定変更画面の表示
『エラーページ変更』をクリックします。
エラーページの設定変更画面の表示
エラーページの設定(変更)
必要項目を選択、入力します。
設定しているドメインのディレクトリを指定する場合は、『設定したドメインのディレクトリから入力できます。』をクリックします。
エラーページの設定(変更)
設定するドメインを選択します。
エラーページの設定(変更)
サブドメインのページにエラーページを設定する

サブドメインのページにエラーページを設定する場合は、サブドメイン設定を行っているディレクトリを指定します。

(例)『http://abc.□□□.com』を『http://□□□.com/abc』に設定している場合、ディレクトリ入力欄に『abc』を入力します。

自作のエラーページを設置する場合は、『自作エラーページ』を選択します。
エラーページの設定(変更)
自作エラーページを選択すると入力フォームが開きます。自作のエラーページを設置したURL、もしくは、パスを入力します。
エラーページの設定(変更)
設定の後、『変更』をクリックします。
エラーページの設定(変更)

設定ディレクトリの変更方法

エラーページ変更画面の表示
ユーザー専用ページにログインし、『エラーページ変更』を開きます。
ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。
エラーページの設定変更画面の表示
『設定変更』をクリックします。
エラーページの設定変更画面の表示
設定内容の変更
変更の後、『変更』をクリックします。
設定内容の変更

マニュアルのトップへ