共有SSLの利用法

お問合わせフォームなど、インターネット上での個人情報等のやり取りを行う場合、第三者に情報をのぞかれたり盗まれたりしないように通信の暗号化を行うのが『SSL』です。

『SSL』で暗号化を行うことで、より安全なサイト運営ができます。ここでは、共有SSLの利用法を説明してまいります。

共有SSLは『ライトプラン』『スタンダードプラン』『エンタープライズプラン』でご利用いただけます。
『エコノミープラン』の方はプラン変更を行ってください。
独自ドメインのアドレスで『SSL』を利用される場合は独自SSLをご利用ください。

共有SSLの利用法

【このマニュアルでの設定】
ロリポップ!のドメインを□□□、アカウント名を○○○として、
共有SSLのURLを https://□□□-○○○.ssl-lolipop.jp/
SSL対応させたいファイルを http://○○○.□□□.jp/hoge/ にアップロードするものとしてご説明いたします。
URLの確認
ユーザー専用ページの『アカウント情報/パスワード変更』を開きます。
『アカウント情報』の『共有SSL』の欄にURLが表示されてます。
共有SSLの欄を確認
ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。

ファイルのアップロード
SSL対応させたいページのファイルを、お客様のサーバー領域にアップロードします。
ここでは例として、『hoge』というディレクトリに『moge.html』というファイルをアップロードするものとして説明いたします。
ファイルのアップロード
ファイルのアップロード先は、いままでと同じお客様のサーバー領域で構いません。また、FTPアカウントも同じで構いません。

SSL対応ページにアクセス
共有SSLのURL / アップロードしたファイルまでのパス / アップロードしたファイル』を開きます。開いたページがSSLに対応したページになります。
ここでは『https://□□□-○○○.ssl-lolipop.jp/hoge/moge.html』を開くものとします。

ロリポップ!のドメインの場合

ロリポップ!のドメインでのSSL対応ページの表示
また、独自ドメインを設定されているユーザー様でサブドメインをご利用の場合は、『共有SSLのURL / サブドメインのフォルダ名 / アップロードしたファイル』を開きます。
ここでは、サブドメインのフォルダを『sub』として『https://□□□-○○○.ssl-lolipop.jp/sub/moge.html』を開くものとします。

サブドメインをご利用の場合

サブドメインでのSSL対応ページの表示
ブラウザでSSL対応になっているページを開くと、ウィンドウに鍵のアイコンなどが表示されます。開いたページがSSL対応になっていることを確認できます。
SSL表示時のブラウザ上のアイコンなど

マニュアルのトップへ