お知らせ

ロリポップ!レンタルサーバーからの新着情報です。

新着情報

  • 技術評論社監修!Web制作サポートサイト「ロリポップ!テクニカルスクール」を公開しました
    • いつもロリポップ!をご利用いただき、誠にありがとうございます。

      この度、技術評論社の全面監修のもと、Webクリエイターの成長をサポートする「ロリポップ!テクニカルスクール」の公開を開始しました。

      コンテンツで使用するイラストは、初心者の方にも優しく、親しみを感じていただけるよう、音楽やインテリア、ファッションなど多様な領域で活動するデザインスタジオ「グルーヴィジョンズ」が手がけています。

      ■公開中のコンテンツ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      初めてのWordPress
      スマホ時代でも通用する!ホームページのしくみを知る

      ■今後の公開予定コンテンツについて
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ・よくわかるPHP(仮)
      ・よくわかるHTML/CSS(仮)

      その他、写真の撮影技法など、Web制作に役立つコンテンツを順次公開する予定です。
      「こんなコンテンツがみたい!」などのリクエストがありましたら、ぜひお知らせください。

      今後ともロリポップ!をよろしくお願いいたします。

  • ヒューマンアカデミーと業務提携を開始しました!
    • この度、Webクリエイター育成支援に向けて、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社と業務提携いたしました。

      ■提携開始日
      2017年2月14日(火)

      ■対象
      ヒューマンアカデミー全国29校舎で提供している、Webコースの受講生

      ■内容
      1. 「ロリポップ!」ライトプラン6ヶ月を優待価格で提供
      お申込み方法および優待価格については、ヒューマンアカデミーへお問合せください

      2. 「ロリポップ!」監修のオリジナル動画教材を提供
      Webコース受講生に向け新たに作成した、Webサーバーの解説動画となっています

      業務提携、優待についての詳細は下記ページをご覧ください。

      ▽プレスリリース|ニュース|GMOペパボ株式会社
      GMOペパボとヒューマンアカデミーがWebクリエイター育成支援に向け業務提携

      今後もインターネットで情報を発信したいと考えている方の力になれるよう、引き続き教育機関をはじめとするさまざまな企業との取り組みを推進してまいります。

      これからもロリポップ!をどうぞよろしくお願いいたします。

  • 『PHP7.1』に対応いたしました
    • この度、『PHP7.1』をご利用いただけるようになりました。(※1)

      『PHP7.1』ではPHP5系と比較して、PHPプログラムの処理速度が向上しております。
      当社ベンチマークテストにおいては、『PHP5.6(モジュール版)』と比べて『PHP7.1(モジュール版)』は、レスポンスタイムが5.5倍高速化(※2)いたしました。

      現在『PHP7.1』以外のバージョンのご利用中のお客様で、『PHP7.1』に切り替えをご希望の場合、ユーザー専用ページの『PHP設定』の項目でバージョンの変更を行ってください。(※3)
      なお、本日以降の新規お申込みのお客様は標準で『7.1』が設定されております。

      ■PHP7.1の対応プラン
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ・エコノミープラン    CGI版のみ
      ・ライトプラン      CGI版のみ
      ・スタンダードプラン   CGI版/モジュール版(※4)
      ・エンタープライズプラン CGI版/モジュール版(※4)

      ■PHPの切り替えについて
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ご利用のプログラムによっては正常に動作しない可能性があります。
      導入後はホームページの表示・動作確認をおすすめいたします。
      ・ユーザー専用ページでのバージョン切替方法はPHP設定をご覧ください。
      ・PHP7.1の詳しい変更点はPHPの公式マニュアルをご確認ください。

      今後ともロリポップ!をよろしくお願いいたします。



      ※1 2017年2月9日(木)時点で最新バージョンの7.1.1に対応。ポイントリリースには随時対応して参ります。
      ※2 WordPresss4.7.2を使用し、特定のPHPスクリプトに対して同時接続数100でアクセスを行い、WordPressのindex.phpがレスポンスするまでの時間を計測した結果。
      ※3 既存のお客様でバージョンの切り替えを行わない場合は、ご利用中のバージョンを引き続きご利用いただけます。また、『PHP5.5』をご利用中のお客様は「PHPをご利用のお客様へ」も合わせてご確認ください。
      ※4 2017年2月9日(木)以前にお申し込みのお客様はCGI版のみのご提供となります。既存のお客様へは、今後PHP7.1モジュール版への切り替え機能を提供予定ですが、早期利用をご希望の方は「ユーザー専用ページ」よりお問合せください。



      [2017/06/16 16:00 更新]

      既存のお客様のモジュール版PHPへの切り替えのご案内につきまして、2017年中としておりましたが、開発スケジュールの都合上、当初の予定よりお時間を頂戴する可能性がございます。
      そのため、下記の通り修正させていただきました。

      ■修正前
      ※4 2017年2月9日(木)以前にお申し込みのお客様はCGI版のみのご提供となります。既存のお客様は2017年内にご利用が可能となる予定ですが、早期利用をご希望の方は「ユーザー専用ページ」よりお問合せください。

      ■修正後
      ※4 2017年2月9日(木)以前にお申し込みのお客様はCGI版のみのご提供となります。既存のお客様へは、今後PHP7.1モジュール版への切り替え機能を提供予定ですが、早期利用をご希望の方は「ユーザー専用ページ」よりお問合せください。

  • PHPをご利用のお客様へ
    • 平素はロリポップ!をご利用いただき、ありがとうございます。

      この度、PHP7.1の提供開始とあわせまして、ロリポップ!では『PHP5.5』を新規に設定することができなくなりました。

      現在『PHP5.5』を設定されているドメインは、引き続き『PHP5.5』をご利用いただくことができますが、現在『PHP5.5』を設定されていないドメインは、PHPバージョンを『PHP5.5』に設定いただくことができません。

      なお、『PHP5.5』はPHP自体のサポート提供が既に終了しておりますので、脆弱性を突かれた改ざん防止、およびセキュリティ面を考慮し、今後ロリポップ!で提供自体を終了する可能性がございます。

      『PHP5.5』をご利用の場合は、お早めに最新バージョンへの変更を行っていただきますようお願いいたします。

      ※PHPのバージョン変更方法はマニュアル『PHP設定』をご確認ください。

      ※PHPのバージョンを変更いたしますと、該当バージョンに対応していないプログラムをご利用の場合、サイトが正常に表示されなくなる可能性がございます。PHPのバージョン変更を行う場合は、事前に該当バージョンに対応したプログラムへの改修、および動作確認をお願いいたします。

  • WordPress4.7および4.7.1の脆弱性への対応について
    • 平素よりロリポップ!をご利用いただき、誠にありがとうございます。

      先日ご案内いたしましたWordPress4.7および4.7.1の脆弱性に対し、サーバー側でも対応を行いました。

      ■対応内容
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      1.不正アクセスの可能性があるIPアドレスからのアクセス拒否設定
       同脆弱性を狙った不正なアクセスを行うアクセス元IPアドレスから、ロリポップ!のwebサーバーへのアクセスを拒否するよう設定しました。
       ※新たなIPアドレスからの不正アクセスを確認した場合、随時拒否設定を行います。

      2.WAF設定の強化
       同脆弱性への攻撃を検知・遮断するよう、WAFのシステムを調整しました。

      ■お客様へご対応をお願いしたいこと
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      1.WAF設定が無効になっているドメインは、有効へ切り替えてください。

      2.WordPressの最新版へのアップグレードがお済みでない場合は、WordPressの更新(マニュアル)をご参照の上、同脆弱性に対応したバージョン「4.7.2」へ更新をお願いいたします。

      お客様に安心してサイトの運営をいただけるよう、今後もセキュリティー強化に努めてまいります。
      今後とも、ロリポップ!をよろしくお願いいたします。

  • 【注意喚起】WordPress4.7および4.7.1の脆弱性について
    • 平素よりレンタルサーバー『ロリポップ!』をご利用いただき、誠にありがとうございます。

      WordPressのバージョン4.7および4.7.1でコンテンツの改ざんが行える脆弱性が報告されております。
      ロリポップ!でもWordPressをご利用のお客様が多くいらっしゃるためご案内いたします。1月26日に同脆弱性に対応した4.7.2がリリースされておりますので、最新版へのアップグレードがお済みでない場合は、早急にWordPressのダッシュボードにてご対応ください。

      ■脆弱性の影響
      第三者にコンテンツの改ざんを行われる。

      ■対応方法
      WordPressバージョン4.7.2 へのアップグレード
      WordPressの更新

      ■参考サイト
      WordPress 4.7.2 セキュリティリリース
      SUCURI Blog(セキュリティ関連企業による脆弱性報告/英語)
      WordPress の脆弱性に関する注意喚起(JPCERT/CC)
      WordPress の脆弱性対策について(IPA/情報処理推進機構)

      脆弱性によるサイトの改ざんを防ぐため、CMSツールやプラグインをご利用の際は常に最新のバージョンをご利用ください。
      また、その他のサイト改ざんへの具体的な対策方法をこちらのページにてご紹介しております。お客様の大切なサイトを守るために、ぜひご参照の上対策を行なってください。
      今後とも、ロリポップ!レンタルサーバーをよろしくお願いいたします。




      [2017/02/08 17:06 追記]

      サーバー側でも脆弱性への対応を実施いたしました。

  • 簡単インストール機能がWordPress 4.7.2に対応しました
    • 『WordPress簡単インストール』機能がWordPress 4.7.2に対応いたしました。
      WordPress 4.7.2では、以前のすべてのバージョンのためのセキュリティリスクの対応が行われています。
      詳細はWordPress 4.7.2 セキュリティリリースをご覧ください。

      ■既にWordPressをご利用の方へ

      自動アップグレード機能を有効にしている場合は、アップグレードが自動的に行われます。

      自動アップグレードを無効にしている場合は、ロリポップ!のマニュアルまたはWordPress Codexのマニュアルをご参照の上、
      アップグレードを行われることをお勧めします。

      ※アップグレードを行う際は、ご利用中のプラグインやテーマが新バージョンに対応しているか必ずご確認ください。
      ※脆弱性を悪用したサイト改ざんなどの被害を未然に防ぐため、
      既に利用していないWordPressがある場合は、WordPressの削除方法をご参照の上、サーバーから削除してください。



      WordPressで作成したサイトのバックアップには、申込むだけで簡単に自動バックアップができる『バックアップオプション』がおすすめです。

      WordPressのアクセス解析なら、『Ptengine』がおすすめです。面倒なタグ設置作業をせずに、
      ユーザーが何に興味をもっているのかを分析できるヒートマップ機能や、現在のサイトの状況を確認できるリアルタイム機能などを利用できます。

      WordPressを設置したのはいいけれど、素敵なテーマを見つけられない...とお悩みの方へ!Minimal WPのテーマなら、
      誰でも簡単におしゃれなWordPressサイトを作成できます。ビジネス向けのサイトには、クラウドナインのテーマがおすすめです。

      今後も随時、機能追加やバージョンアップを行ってまいります。
      これからもロリポップ!をよろしくお願いいたします。

  • 簡単インストール機能がWordPress 4.7.1に対応しました
    • 『WordPress簡単インストール』機能がWordPress 4.7.1に対応いたしました。
      WordPress 4.7.1では、以前のすべてのバージョンに存在するセキュリティリスクの修正が行われています。
      詳細はWordPress 4.7.1 メンテナンス・セキュリティリリースをご覧ください。

      ■既にWordPressをご利用の方へ

      自動アップグレード機能を有効にしている場合は、アップグレードが自動的に行われます。

      自動アップグレードを無効にしている場合は、ロリポップ!のマニュアルまたはWordPress Codexのマニュアルをご参照の上、
      アップグレードを行われることをお勧めします。

      ※アップグレードを行う際は、ご利用中のプラグインやテーマが新バージョンに対応しているか必ずご確認ください。
      ※脆弱性を悪用したサイト改ざんなどの被害を未然に防ぐため、
      既に利用していないWordPressがある場合は、WordPressの削除方法をご参照の上、サーバーから削除してください。




      WordPressで作成したサイトのバックアップには、申込むだけで簡単に自動バックアップができる『バックアップオプション』がおすすめです。

      WordPressのアクセス解析なら、『Ptengine』がおすすめです。面倒なタグ設置作業をせずに、
      ユーザーが何に興味をもっているのかを分析できるヒートマップ機能や、現在のサイトの状況を確認できるリアルタイム機能などを利用できます。

      WordPressを設置したのはいいけれど、素敵なテーマを見つけられない...とお悩みの方へ!Minimal WPのテーマなら、
      誰でも簡単におしゃれなWordPressサイトを作成できます。ビジネス向けのサイトには、クラウドナインのテーマがおすすめです。

      今後も随時、機能追加やバージョンアップを行ってまいります。
      これからもロリポップ!をよろしくお願いいたします。

  • ロリポップ!のサイトをリニューアルしました!
    • いつもロリポップ!をご利用いただき、誠にありがとうございます。

      このたび、2001年のサービス開始より皆様にご愛顧いただいてまいりましたロリポップ!は、リブランディングを実施し、本日より新しいサイトデザインを公開いたしました。

      このたびのリブランディングでは、「すぐに使える、ずっと使える」をキャッチコピーに、ロリポップ!のブランドロゴ、サービスサイトを大幅に刷新いたしました。
      これにより、既存のお客様はもちろん、新たに利用を検討されている初心者から法人や企業のお客様まで、様々な用途でご利用できるサービスとして生まれ変わりました。

      リブランディングの詳細や今後の展開については、下記ページをご覧ください。

      ▽プレスリリース | ニュース | GMOペパボ株式会社
      レンタルサーバー「ロリポップ!」がリブランディング~「すぐに使える、ずっと使える」ホスティングサービスへ~

      今後も親しみやすいホスティングサービスを提供し続け、皆様がより快適に、楽しくご利用いただけますよう機能追加やサービス向上に努めてまいります。
      これからもロリポップ!をどうぞよろしくお願いいたします。

  • 【注意喚起】WordPressなどのソフトウェアおよび「PHPMailer」を使用したプログラムをご利用のお客様へ
    • [2016/12/28 16:09 掲載]

      平素よりロリポップ!をご利用いただきありがとうございます。

      この度、WordPressなどのソフトウェアでメール送信プログラムに利用される「PHPMailer」において、悪意のあるプログラムをサーバーに設置可能となる脆弱性(CVE-2016-10033)が確認されました。

      ■脆弱性の影響を受ける可能性のあるもの
      1:下記のようなソフトウェア
       ・WordPress
       ・Drupal
       ・1CRM
       ・SugarCRM
       ・Yii
       ・Joomla!
      2:上記のようなソフトウェア向けに提供されているメール送信系のプラグイン
      3:その他「PHPMailer」を使用したプログラム

      該当するソフトウェア、プラグイン、プログラムをご利用のお客様は、下記の対策を行っていただけますようお願いいたします。

      ■対策
      <ソフトウェア/プラグイン/プログラムのバージョンアップ>
      各ソフトウェアやプラグイン、プログラムの提供元より、脆弱性に対応した最新バージョンが公開されるかと存じますので、公開され次第バージョンアップを行ってください。

      ※WordPressについては、脆弱性に対応したバージョンが公開されましたら、ロリポップ!の『新着情報』でもお知らせいたします。

      <メール送信プラグイン/プログラムの停止>
      各ソフトウェアやプラグイン、プログラムの最新バージョンが公開されるまでの間は、一時的にメール送信を行うプラグインやプログラムのご利用を停止していただくことをご検討ください。

      <WAFの有効化>
      ユーザー専用ページの〔WEBツール〕→〔WAF設定〕からWAFの設定状況をご確認いただき、WAF設定が無効になっているドメインがありましたら有効化してください。

      <利用していないプラグインやCMS自体の削除>
      各種ソフトウェアを設置していて、利用していないプラグインがある場合は削除してください。また、サイト自体を利用していない場合はサーバーから削除してください。


      なお、ロリポップ!で提供している「WordPress簡単インストール機能」につきましては、近日中に脆弱性へ対応したバージョンをインストールしていただけるよう修正いたします。

      安全なサーバー利用のため、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。