concrete5の設置

web上で直接サイトの編集ができるオープンソースCMSツールconcrete5日本語版の設置方法をご説明します。

concrete5のご利用には、MySQL5のデータベースが必要です。 MySQL4をご利用の場合は、MySQL5への移行を行ってください。

MySQLは、ライトプラン、スタンダードプラン、エンタープライズプランで利用できます。 エコノミープランの方は、プラン変更を行ってください。

concrete5の設置には、空のデータベーステーブルが必要です。

操作、設定に関しては、concrete5日本語公式サイトなどをご覧ください。

このマニュアルでの設定
お客様のアドレスを「http://hoge.lolipop.jp」、
concrete5を「http://hoge.lolipop.jp/concrete5/」に設置するものとしてご説明します。

データベース作成

データベース作成
ユーザー専用ページにログインし、「データベース」を開きます。

ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。

データベース作成
作成するサーバー
どのサーバーを選択されてもかまいません。
データベース名
お好みの名前でかまいません。
接続パスワード
任意のパスワードを入力します。パスワードは忘れないようにメモすることをおすすめします。
データベース作成完了
作成が完了すると以下のような画面が表示されます。
「サーバー」、「データベース名」、「ユーザー名」、「パスワード」はconcrete5インストール時に必要になります。
データベース作成完了

concrete5の入手

concrete5のダウンロード
concrete5公式日本語サイトにてダウンロードします。
最新バージョンのダウンロードをおすすめします。
concrete5のダウンロード
ダウンロードしたファイルの解凍
ダウンロードしたファイルを解凍ソフトなどを利用し解凍します。

ファイルのアップロード

サーバーへの接続
お手持ちのFTPソフト等で、サーバーに接続します。
転送モード
FTPソフトの設定で、「PASVモード」を指定します。
concrete5を設置するフォルダの作成
ここでは、concrete5本体を「http://hoge.lolipop.jp/concrete5/」に置くことにして説明していきますので、サーバースペース内に「concrete5」フォルダを作ります。
concrete5を設置するフォルダの作成
ファイルのアップロード
アーカイブファイルを解凍してできたファイルやフォルダを全て、サーバー内の「concrete5」フォルダにアップロードします。
この作業には少し時間がかかります。一服しましょう。
ファイルのアップロード

concrete5のインストール

php.iniの設定
ユーザー専用ページの「PHP設定」>「php.ini設定」を開きます。
下記の内容を設定し、「php.iniを設定する」をクリックします。
php.iniの設定
mbstring.language
「neutral」を選択します。
mbstring.internal_encoding
「UTF-8」を選択します。
default_charset
「UTF-8」を選択します。
safe_mode
「Off」を選択します。

「safe_mode」はphp5.3で利用できます。php5.4では「safe_mode」の設定変更は不要です。

言語設定
「http://hoge.lolipop/concret5/」にアクセスし、言語設定をします。
「language」で「日本語(日本)」を選択し、「choose language」をクリックします。
言語設定
必須機能の確認
必須機能の確認が行われます。
「インストールを続ける」をクリックします。
必須機能の確認
設定情報の入力
設定情報を入力し、「concrete5をインストール」をクリックします。
「データベース情報」には、先ほど「ユーザー専用ページ」で作成したデータベースの情報を入力します。
入力の後、「concrete5をインストール」をクリックします。
設定情報の入力
サイト名を入力
サイトの名前を入力します。
メールアドレス
サイトの管理に使用するメールアドレスを入力します。
パスワード
サイトの管理に使用するパスワードを入力します。
パスワード確認
上と同じパスワードを入力します。
サーバー
先ほど作成したデータベースの「サーバー」を入力します。
MySQLユーザー名
先ほど作成したデータベースの「ユーザー名」を入力します。
MySQLパスワード
先ほどデータベース作成の際に入力した「パスワード」を入力します。
データベース名
先ほど作成したデータベースの「データベース名」を入力します。
サンプルコンテンツ
「ブログ付きサンプルコンテンツ」を選ぶとブログがついたウェブサイトを作成できます。
動作確認
「http://hoge.lolipop.jp/concrete5/」にアクセスし、正常に動作するか確認します。
管理画面のアドレスは、「http://hoge.lolipop.jp/concrete5/index.php/login/」です。
ログインの際に必要なユーザーIDは、初期設定で「Admin」となっており、「Admin」と入力しなければログインできません。
ユーザーID
「Admin」と入力します。
パスワード
インストール時に設定したパスワードを入力します。

操作、設定に関しては、concrete5日本語公式サイトなどをご覧ください。


マニュアルのトップへ