Drupalの設置

高機能なオープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)であるDrupalの設置方法をご説明します。Drupalは機能拡張できるモジュールを追加し、ブログやSNS、ECサイトなどを構築することができます。

Drupalのご利用には、MySQL5のデータベースが必要です。 MySQL4をご利用の場合は、MySQL5への移行を行ってください。

MySQLは、ライトプラン、スタンダードプラン、エンタープライズプランで利用できます。 エコノミープランの方は、プラン変更を行ってください。

このマニュアルでの設定
お客様のアドレスを「http://hoge.lolipop.jp」、
Drupalを「http://hoge.lolipop.jp/drupal/」に設置するものとしてご説明します。

データベースの作成

データベース画面の表示
ユーザー専用ページにログインし、「データベース」を開きます。

ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。

データベース作成画面の表示
「データベース作成」をクリックします。
データベース作成画面の表示
データベース作成
必要事項を入力し、「作成」をクリックします。
データベース作成
作成するサーバー
どのサーバーを選択されてもかまいません。
データベース名
お好みの名前でかまいません。
接続パスワード
任意のパスワードを入力します。
データベース作成完了
作成が完了するとデータベースの情報が表示されます。
データベース作成完了

Drupalの入手

Drupalのダウンロード
Drupal日本公式サイトにて、最新安定版をダウンロードします。
ここでは、「Drupal Japan 日本語ディストリビューション(推奨)」を使ってご説明します。
Drupalのダウンロード
Drupalのダウンロード
ダウンロードしたファイルの解凍
ダウンロードしたファイルを解凍します。
ダウンロードしたファイルは拡張子が「.tgz」形式ですので、解凍後に拡張子が「.tar」の形式のファイルになります。 さらに解凍してできた「.tar」ファイルを解凍します。
ダウンロードしたファイルの解凍

ファイルのアップロード

ファイルのアップロード
お客様のサーバー領域に「drupal」フォルダを作成し、先ほど解凍してできたファイルやフォルダを全てを「drupal」フォルダにアップロードします。
ファイルのアップロード

Drupalのインストール

.htaccessの編集
ロリポップ!FTPにログインし、.htaccessを編集します。
「drupal」フォルダに移動し、「.htaccess」をクリックします。
ロリポップ!FTPへは、ユーザー専用ページの「ロリポップ!FTP」からもログインできます。
.htaccessの編集
13行目付近を下記のように編集し、「保存する」をクリックします。
.htaccessの編集
編集前の記述
Options +FollowSymLinks
編集後の記述
Options +SymLinksIfOwnerMatch
php.iniの設定
ユーザー専用ページにログインし、「PHP設定」>「php.ini設定」を開きます。
下記の内容を設定し、「php.iniを設定する」をクリックします。
php.iniの設定
mbstring.language
「neutral」を選択します。
mbstring.internal_encoding
「UTF-8」を選択します。
mbstring.encoding_translation
「off」を選択します。
mbstring.func_overload
「0」を選択します。
mbstring.http_input
「pass」を選択します。
mbstring.http_output
「pass」を選択します。
Drupalのインストール
「http://hoge.lolipop.jp/drupal/」にアクセスすると、インストールが開始されます。
インストールに使用するプロフィールを選択します。ここでは「日本語プロフィール」を選択しご説明します。
Drupalのインストール
データベースの設定(基本オプション)
データベースの設定を行います。
「基本オプション」を入力後に「高度なオプション」をクリックします。
データベースの設定(基本オプション)
データベースのタイプ
mysqlを選択します。
データベース名
お客様のデータベースの名を入力します。
データベースのユーザー名
お客様のデータベースのユーザー名を入力します。
データベースのパスワード
お客様のデータベースのパスワードを入力します。
データベースの設定(高度なオプション)
引き続きデータベースの設定を行います。
「データベースサーバーのホスト名」を入力し、「保存して次へ」をクリックします。
データベースの設定(高度なオプション)
データベースサーバーのホスト名
お客様のデータベースのサーバーを入力します。
データベースサーバーのポート番号
空欄のままでかまいません。
テーブルのプレフィックス
空欄のままでかまいません。
「日本語プロフィールのインストール」と「インターフェイス翻訳文字列のインポート」が行われます。
サイトの環境設定(サイト情報)
「サイト情報」を設定します。
サイトの環境設定(サイト情報)
サイト名
お好みのものでかまいません。
サイトのメールアドレス
このサイトで利用するメールアドレスを入力します。
このメールアドレスは、自動返信メールやパスワード再発行時の送信元メールアドレスとなります。
サイトの環境設定(管理者アカウント)
「サイトの環境設定」の「管理者アカウント」の設定を行います。
サイトの環境設定(管理者アカウント)
ユーザ名
お好みのものでかまいません。
メールアドレス
ご利用のメールアドレスを入力します。
パスワード
Drupalにログインするときのパスワードです。お好みのものでかまいません。
パスワードの確認
確認のため再度パスワードを入力します。
サイトの環境設定(サーバーの設定)
「サイトの環境設定」の「サーバーの設定」を行います。
設定の後、「保存して次に」をクリックします。
サイトの環境設定(サーバーの設定)
デフォルトのタイムゾーン
特に変更する必要はありません。ご利用に応じて、お好みのものを選択してください。
クリーンURL
特に変更する必要はありません。ご利用に応じて、お好みのものを選択してください。
アップデート通知
チェックを入れます。
「日本語プロフィールのインストール」が開始されます。
サイトへのアクセス
インストールが完了すると、インストール完了画面が表示されます。
完了画面のリンクをクリックすると設置したDrupalに管理者としてログインした状態でアクセスできます。
サイトへのアクセス

Drupalの使い方などの詳細は、Drupal日本公式サイトのマニュアルをご覧ください。

cronメンテナンスタスクの設定

Drupalの「cronメンテナンスタスクの設定」を設定すると、定期的に不要なログファイルの削除やバックアップなど定期的なメンテナンスを行うことができます。ここではcronメンテナンスタスクの設定方法をご説明します。

cronの設定
ユーザー専用ページにログインし、「cron設定」を開きます。
各項目を入力の後、「設定」をクリックします。
cronの設定
cronの設定名
お好みのものでかまいません。
日付または曜日と時間
メンテナンスタスクを実行するスケジュールを設定します。ここでは、毎日午前0時に実行するように設定します。

メンテナンスタスクを頻繁に行うと、サーバー全体に高負荷がかかることがあります。負荷状況によっては、実行の停止や設定解除をさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スケジュール
メンテナンスタスクを実行するスケジュールが表示されます。
実行ファイルパス
drupal/cron.php

drupalの部分は、drupalを設置したディレクトリ名を入力してください。

cronの実行確認
「cronメンテナンスタスク」が定期的に実行されているかDrupalの管理画面より確認することができます。
「管理セクション」>「リポート」>「最近のログ項目」よりcronの実行結果を確認できます。
cronの実行確認
ロリポップ!では、ユーザー専用ページの「cron設定」にてメールアドレスを登録し実行結果をメールで受け取ることができます。
設定方法はcron設定マニュアルをご覧ください。

モジュールの追加方法

Drupalはモジュールを追加し機能拡張、機能追加を行うことができます。 ここでは、ページごとにメタタグを指定できるNodewordsを例にモジュールの追加方法をご説明します。

モジュールファイルのダウンロード
ご利用のバージョンに応じたモジュールファイルをダウンロードします。
モジュールファイルのダウンロード
ダウンロードしたファイルの解凍
ダウンロードしたファイルを解凍します。
ダウンロードしたファイルの解凍
ファイルのアップロード
Drupalを設置したディレクトの中の「modules」フォルダに、先ほど解凍してできたフォルダをアップロードします。
ファイルのアップロード
モジュールのアクティベート
Drupalにログインします。
「管理セクション」>「サイトの構築」>「モジュール」にインストールしたモジュールが表示されていればインストール成功です。
モジュールの「有効」にチェックを入れて、「設定の保存」をクリックします。
モジュールのアップロード
設定完了
設定が完了すると、下記のようなメッセージが表示されます。
以上でモジュールの設定は完了です。
設定完了

マニュアルのトップへ