OpenPNEの設置

人気のオープンソースのSNSエンジン『OpenPNE2』の設置方法についてご説明します(前ページからの続き)。

【このマニュアルでの設定】
このマニュアルでは、お客様のURLをhttp://hoge.lolipop.jpとして、 OpenPNEのアドレスをhttp://hoge.lolipop.jp/sns、 OpenPNEの本体をhttp://hoge.lolipop.jp/openpne で展開するものとしてご説明します。
ファイル構成

config.php.sampleを修正する

設定ファイル(config.php.sample)の修正
『config.php.sample』ファイルをテキストエディタで開いて修正します。

【OpenPNEのアドレス設定】(7行目付近)

修正前

define('OPENPNE_URL', 'http://sns.example.com/');

修正後

define('OPENPNE_URL', 'http://hoge.lolipop.jp/sns/');

アドレス(http://hoge.lolipop.jp/sns/)の最後にスラッシュ『/』を必ず付けてください。
アドレス(http://hoge.lolipop.jp/sns/)の部分は各自異なります。お客様のものに合わせてください。

【データベース設定】(12~17行目付近)

修正前

’phptype’ => ’mysql’‚
’username’ => ’’‚
’password ’ => ’’‚
’hostspec’ => ’’‚
’database’ => ’’‚
’new_link’ => false‚

修正後

’phptype’ => ’mysql’‚
’username’ => ’お客様のデータベースのユーザー名’‚
’password’ => ’お客様のデータベースのパスワード’‚
’hostspec’ => ’お客様のデータベースのサーバー’‚
’database’ => ’お客様のデータベース名’‚
’new_link’ => false‚

必要なお客様の情報はユーザー専用ページの『データベース』からご確認いただけます。
データベースの設定

【DB暗号化キー】(22行目付近)

修正前

define(’ENCRYPT_KEY’‚ ’’);

修正後

define(’ENCRYPT_KEY’‚ ’半角英数の文字列’);

設定できる文字列は半角英数で56文字以内です。

【デバッグ設定】(35行目付近)

修正前

define(’OPENPNE_DEBUGGING’, 1);

修正後

define(’OPENPNE_DEBUGGING’, 0);

【パス設定】(218行目付近)

修正前

define(’OPENPNE_PUBLIC_HTML_DIR’, OPENPNE_DIR . ’/public_html’);

修正後

define(’OPENPNE_PUBLIC_HTML_DIR’, OPENPNE_DIR . ’/sns’);


config.php.sampleのファイル名変更
『config.php.sample』を『config.php』にファイル名を変更します。
ファイル名を変更

ファイルのアップロード

FTPソフトを利用してOpenPNEのファイルをサーバーにアップロードします(このマニュアルでは『FFFTP』を利用しています)。
FTPソフトの設定については各種FTPソフトの設定方法をご覧ください。


フォルダの作成
サーバーに接続し、『sns』フォルダ、『openpne』フォルダを作成します。
『フォルダ作成』から『sns』フォルダを作成します。
フォルダ作成
フォルダ作成
同様に『 openpne 』フォルダを作成します。
フォルダ作成

ファイルをサーバにアップロード
OpenPNEの『bin』『lib』『var』『webapp』『webapp_biz』『webapp_ext』『config.php』 をサーバーに作成した『openpne』フォルダにアップロードします。
アップロード

転送モード

FTPソフトの設定で、『PASVモード』を指定してください。

アップロードに関して

一度にすべてのファイル、フォルダをアップロードすると途中で止まることがあります。ファイル、フォルダごとにアップロードすることをおすすめします。


config.inc.phpを修正
public_html』の中の『config.inc.php』を修正します。

【本体パス設定】(7、8行目付近)

修正前

define(’OPENPNE_DIR’ realpath(’../’));
require_once OPENPNE_DIR . ’/config.php’;

修正後

define(’OPENPNE_DIR’ realpath(’../openpne’));
require_once OPENPNE_DIR . ’/config.php’;


ファイルをサーバーにアップロード
public_html』にある全ファイルを『sns』フォルダにアップロードします。
アップロード

OpenPNEセットアップ

ブラウザでアクセス
http://hoge.lolipop.jp/sns/をwebブラウザで開きます。
hoge.lolipop.jpの部分は、お客様のアドレスを入力してください。
OpenPNEセットアップ』画面が開きますので、各項目に必要な情報を入力してください。
OpenPNE セットアップ

セットアップ完了
セットアップが完了すると、下記のような画面が表示されます。
セットアップ時完了

管理画面とユーザー画面を確認
先ほど設定した『管理者のアカウント』と『管理者パスワード』でログインします。
管理者ログイン画面
先ほど設定した『初期メンバーのメールアドレス』と『初期メンバーのパスワード』でログインします。
メンバーログイン画面
【管理画面のアドレス】
管理画面のアドレスは、http://hoge.lolipop.jp/sns/?m=admin&a=page_loginとなります。
hoge.lolipop.jpの部分は、お客様のアドレスを入力してください。
詳しいユーザーマニュアルはこちら

cronの設定

定期的に実行する処理をcronに設定すると、デイリーニュースの配信などOpenPNEを運用する上で、より便利になる機能をご利用いただけるようになります。
ここでは例として、以下の内容をcronで設定する方法をご説明します。

  • 『デイリーニュース』…登録ユーザーの様々な情報を載せたメール
  • 『お誕生日メール』…マイフレンドの誕生日を通知するメール
  • 『スケジュールメール』…カレンダー登録したスケジュールを通知するメール
【このマニュアルでの設定】
お客様のURLをhttp://hoge.lolipop.jpとして、 OpenPNEの本体をhttp://hoge.lolipop.jp/openpne/ で設置しているものとしてご説明いたします。
『safe_mode』が『On』の場合はcronが正常に動作しません。
php.iniの設定から『safe_mode』を『Off』に変更してください。

実行用プログラムの作成
cronから定期的に実行するためのプログラムを作成します。メモ帳などに下記のプログラムを張り付けて、赤字部分をお客様の設定に合わせて変更してください。
お客様のフルパスはユーザー専用ページの『アカウント情報/パスワード変更』でご確認いただけます。

<?php
/* お客様のフルパスをご記入ください */
$userPath = 'お客様のフルパス';
/* FTPのトップディレクトリからOpenPNE本体までのパス */
$appPath ='/openpne';
$cmd = getenv('_').' '.$userPath.$appPath.'/bin/';
/* 実行したいファイル名を追加してください */
exec ($cmd.'tool_send_daily_news.php');
exec ($cmd.'tool_send_birthday_mail.php');
exec ($cmd.'tool_send_schedule_mail.php');
?>

青字部分はcronで実行するファイルとなります。他の機能をご利用になる場合は、『openpne』の『bin』内にあるファイルを指定してください。
入力が完了したら、ファイル拡張子を『.php』として保存します。
ここでは『openpne-job.php』とします。

ファイルのアップロード
作成したプログラムをアップロードします。
今回はOpenPNE本体を設置したディレクトリにアップロードすることにします。
作成したプログラムをアップロー

cronの設定
ユーザー専用ページの『cron設定』を開き、cronの設定を行います。
cronの設定

cronの設定名

任意の設定名を入力します。

日付または曜日と時間

処理を実行するスケジュールを設定します。
ここでは例として毎日朝6時に実行するように設定します。

処理を頻繁に行うと、サーバー全体に高負荷がかかることがあります。負荷状況によりましては、実行の停止や設定解除をさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スケジュール

処理を実行するスケジュールが表示されます。

実行ファイルパス

FTPのトップディレクトリからアップロードしたプログラムまでのパス。
ここではopenpne/openpne-job.phpとします。

設定項目を入力したら、『設定』ボタンをクリックします。

処理の実行確認
ユーザー専用ページの『cron設定』よりメールアドレスを登録することで実行結果をメールで受け取ることができます。
設定方法はcron設定マニュアルをご覧ください。
もどる

マニュアルのトップへ