OpenPNE3の設置

人気のオープンソースのSNSエンジン『OpenPNE3』の設置方法についてご説明します。

OpenPNE3のご利用にはSSHが必要です。 SSHは『スタンダードプラン』『エンタープライズプラン』でご利用いただけます。 『エコノミープラン』『ライトプラン』の方はプラン変更を行ってください。
OpenPNE2は『ライトプラン』でもご利用いただけます。
携帯からの日記投稿などの一部機能には対応しておりません。
【このマニュアルでの設定】
このマニュアルでは、お客様のURLをhttp://hoge.lolipop.jpとして、 OpenPNEの本体をhttp://hoge.lolipop.jp/OpenPNE3 で展開するものとしてご説明します。

データベース作成

データベース作成
ユーザー専用ページの『データベース』を開きます。
ユーザー専用ページへログインできない場合はこちらをご覧ください。
データベース作成

作成するサーバー

どのサーバーを選択されてもかまいません。

データベース名

お好みの名前でかまいません。

接続パスワード

任意のパスワードを入力します。パスワードは忘れないようにメモすることをおすすめします。


データベース作成が完了
作成が完了すると以下のような画面が表示されます。
データベース作成

OpenPNE本体を入手する

SSHでサーバーにログイン
SSHでサーバーにログインします。
SSHをご利用でない場合は、ユーザー専用ページの『SSH』から設定を行ってください。
SSHでログイン

OpenPNE本体を入手
SSHでサーバーにログインすると、ブラウザで閲覧できる『web』ディレクトリの一つ上のディレクトリに入ります。
まず、ブラウザで閲覧できる『web』ディレクトリに移動します。
次のコマンドを入力します。

cd web

OpenPNE本体をgitから入手します。
このマニュアルでは、『OpenPNE3.4.10』で進めていきます。最新版を入手されることをおすすめします。
次のコマンドを入力します。

git clone git://github.com/openpne/OpenPNE3.git

OpenPNE本体のコピーが始まります。終了するまでしばらく待ちます。
終了後にOpenPNE本体のディレクトリに移動して、チェックアウトを行います。

cd OpenPNE3
git checkout OpenPNE-3.8.11

設定ファイルの変更

OpenPNE設定ディレクトリに移動
OpenPNEの設定ディレクトリに移動します。
次のコマンドを入力します。

cd config


設定ファイルのファイル名を変更
設定ファイルの『OpenPNE.yml.sample』を『OpenPNE.yml』に、『ProjectConfiguration.class.php.sample』を『ProjectConfiguration.class.php』に名称変更します。
次のコマンドを入力します。

cp OpenPNE.yml.sample OpenPNE.yml
cp ProjectConfiguration.class.php.sample ProjectConfiguration.class.php

OpenPNEのインストール

OpenPNEディレクトリに移動
OpenPNEディレクトリに移動します。
次のコマンドを入力します。

cd ../


openpne:installの実行
OpenPNEのインストールを開始します。
インストール時に、データベースの設定、ディレクトリのパーミッション設定、標準プラグインのインストールが同時に行われます。
次のコマンドを入力します。

php symfony openpne:install --non-recreate-db


データベースの設定
インストール作業中にデータベースの設定を聞かれます。最初に作成したデータベースの情報を入力します。
Choose DBMS

使用するデータベースの種類

mysqlと入力します。

Type database username

使用するデータベースのユーザ名

お客様のデータベースのユーザー名を入力します。

Type database password

使用するデータベースのパスワード

お客様のデータベースのパスワードを入力します。

Type database hostname

使用するデータベースのホスト名

お客様のデータベースサーバーのアドレスを入力します。

Type database port number

使用するデータベースのポート番号

ここは未入力のままEnterキーを押します。

Type database name

使用するデータベースの名前

お客様のデータベース名を入力します。

最後に設定内容を確認します。間違いのない場合は、『y』を入力します。
Is it OK to start this task? (Y/n)
インストールが始まります、終了するまでそのまましばらく待ちましょう。
引き続き、公開ディレクトリの設定を行います。

.htaccessの編集
ロリポップ!FTPにログインし、.htaccessを編集します。
OpenPNEディレクトリに移動し、『web』ディレクトリをクリックします。
ロリポップ!FTPへは、ユーザー専用ページの『ロリポップ!FTP』からもログイン可能です。
.htaccessの編集
『.htaccess』をクリックします。
.htaccessの編集
1行目付近を下記のように編集し、『保存する』ボタンをクリックします。
.htaccessの編集

編集前の記述

Options +FollowSymLinks +ExecCGI

編集後の記述

Options +SymLinksIfOwnerMatch +ExecCGI

【公開ディレクトリを変更しない場合】
以上で、OpenPNEは利用可能です。
公開ディレクトリは、 http://hoge.lolipop.jp/OpenPNE3/web/となります。メールアドレス『sns@example.com』、パスワード『password』でログインできます。
管理画面は、 http://hoge.lolipop.jp/OpenPNE3/web/pc_backend.phpとなります。アカウント名『admin』、パスワード『password』でログインできます。
ログイン確認後、メールアドレス、アカウント名、パスワードは変更してください。

公開ディレクトリの設定

公開ディレクトリのURLを指定したアドレスに変更することができます。


シンボリックリンクを利用する場合

お客様のURLをhttp://hoge.lolipop.jp、OpenPNEの公開ディレクトリをhttp://hoge.lolipop.jp/sns/とする場合についてご説明します。

SSHでサーバーにログイン
SSHでサーバーにログインします。
すでにSSHにログインしている場合は、一度ログアウトを行い、再度ログインを行ってください。
SSHでログイン

webディレクトリに移動
まず、ブラウザで閲覧できる『web』ディレクトリに移動します。
次のコマンドを入力します。

cd web


シンボリックリンクの設定
シンボリックを設定します。
次のコマンドを入力します。

ln -s OpenPNE3/web sns


php.iniの設定
ユーザー専用ページの『php設定』から、設定するドメインのphp.iniの項目にある『設定変更』ボタンをクリックします。
php.iniの設定
php.iniの『safe_mode』の設定を『off』に設定変更します。
php.iniの設定
この設定はphp5.3にてご利用いただけます。
php5.4をご利用の場合は、この設定は不要です。

ログイン画面の確認
http://hoge.lolipop.jp/sns/にアクセスして、 ログイン画面の確認が表示されていることを確認します。
ログイン画面の確認
以下の初期アカウントでログインできることを確認します。

メールアドレス

sns@example.com

パスワード

password

ログイン確認後、メールアドレスとパスワードは変更してください。

管理画面の確認
http://hoge.lolipop.jp/sns/pc_backend.phpにアクセスして、 管理画面が表示されることを確認します。
管理画面の確認
以下の初期アカウントでログインできることを確認します。

アカウント名

admin

パスワード

password

ログイン確認後、アカウント名とパスワードは変更してください。

サブドメインを利用する場合

独自ドメインをご利用の場合は、サブドメインを設定することで公開ディレクトリのURLを変更することができます。
お客様のURLをhttp://hogemoge.com、OpenPNEの公開ディレクトリをhttp://sns.hogemoge.comとする場合についてご説明します。

サブドメインを設定
ユーザー専用ページの『サブドメイン設定』からサブドメインを設定してください。
サブドメインを設定

サブドメイン

ご利用になりたいで公開ディレクトリのサブドメイン名。
ここではsnsとします。

フォルダ名

OpenPNE3/web/


php.iniの設定
ユーザー専用ページの『php設定』から、設定するドメインのphp.iniの項目にある『設定変更』ボタンをクリックします。
php.iniの設定
php.iniの『safe_mode』の設定を『off』に設定変更します。
php.iniの設定
この設定はphp5.3にてご利用いただけます。
php5.4をご利用の場合は、この設定は不要です。

ログイン画面の確認
http://sns.hogemoge.com/にアクセスして、 ログイン画面の確認が表示されていることを確認します。
ログイン画面の確認
以下の初期アカウントでログインできることを確認します。

メールアドレス

sns@example.com

パスワード

password

ログイン確認後、メールアドレスとパスワードは変更してください。

管理画面の確認
http://sns.hogemoge.com/pc_backend.phpにアクセスして、 管理画面が表示されることを確認します。
管理画面の確認
以下の初期アカウントでログインできることを確認します。

アカウント名

admin

パスワード

password

ログイン確認後、アカウント名とパスワードは変更してください。

マニュアルのトップへ