XOOPSの設置

コミュニティサイト構築用ソフト『XOOPS』の設置方法についてご説明します。

XOOPSのご利用にはMySQLのデータベースが必要です。 MySQLは『ライトプラン』『スタンダードプラン』『エンタープライズプラン』でご利用いただけます。 『エコノミープラン』の方はプラン変更を行ってください。
『XOOPS』は、最新バージョンのご利用をおすすめします。

データベース作成

データベースを開きます
ユーザー専用ページの『データベース』を開きます。
ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。
データベース作成

作成するサーバー

どのサーバーを選択されてもかまいません。

データベース名

お好みの名前でかまいません。

接続パスワード

任意のパスワードを入力します。パスワードは忘れないようにメモすることをおすすめします。


作成完了
作成が完了すると以下のような画面が表示されます。
データベース作成

アーカイブの入手

XOOPSをダウンロードします
XOOPS日本公式サイトからダウンロードページに進みます。
公式サイト
『公式パッケージのダウンロード』ページへ進みます。
ダウンロードページ
最新バージョンの『.zip』形式のファイルをダウンロードし、解凍します。
アーカイブの入手
『Beta』と付くバージョンは、正式版ではなく試用版です。

ダウンロードファイルの確認
解凍したものの中には『docs』『extras』『html』『xoops_trust_path』フォルダが入っています。
ダウンロードファイルの確認

ファイルのアップロード

このマニュアルでの設定
このマニュアルでは、お客様のアドレスをhttp://○○○.lolipop.jp/として、 XOOPSのブログのアドレスをhttp://○○○.lolipop.jp/xoops/にするものとしてご説明します。
サーバーに接続
お手持ちのFTPソフト等で、サーバーに接続します。

転送モード

FTPソフトの設定で、『PASVモード』を指定してください。


XOOPSを設置するフォルダを作成
ここでは、XOOPSをhttp://○○○.lolipop.jp/xoops/に置くことにして説明していきますので、サーバースペース内に『xoops』フォルダを作ります。
Xoopsを設置するフォルダを作成

システムファイルのアップロード
『html』フォルダの中にある、すべてのファイルやフォルダを、お客様のサーバースペース『xoops』フォルダへアップロードします。
ファイルのアップロード

XOOPS_TRUST_PATHのアップロード
『xoops_trust_path』フォルダをお客様のサーバースペース『xoops』フォルダへアップロードします。
XOOPS_TRUST_PATHのアップロード

XOOPS_TRUST_PATHのフォルダ名変更
『xoops_trust_path』フォルダ名を類推されにくい任意の名前に変更します。
XOOPS_TRUST_PATHのフォルダ名変更

言語ファイルのアップロード
『extras』>『extra_languages』>『ja_utf8』フォルダの中にある、『install』『language』『modules』フォルダをお客様のサーバースペース『xoops』フォルダへアップロードします。
言語ファイルのアップロード

インストール

言語選択
ファイルをアップロードしたURL(http://○○○.lolipop.jp/xoops/)にアクセスするとインストールウィザードが開きます。
リストから『ja_utf8』を選択し、『→』ボタンをクリックします。
言語選択

ファイルのアクセス権のチェック
ウィザードに従って進めると、『ファイルのアクセス権のチェック』画面が表示されます。
問題なければ『→』ボタンをクリックします。
ファイルのアクセス権のチェック
問題がある場合、画面の指示に従ってフォルダ、ファイルのパーミッションを変更します。

データベース、パス、URLの設定
各設定情報を入力する画面が表示されます。
データベースについては作成いただいたデータベースの情報を入力します。
データベース、パス、URLの設定

データベースサーバ

『mysql』を選択します。

データベースサーバのホスト名

作成したデータベースの『サーバー』を入力します。

データベースユーザ名

作成したデータベースの『ユーザー名』を入力します。

データベースパスワード

作成したデータベースの『パスワード』を入力します。

データベース名

作成したデータベースの『データベース名』を入力します。

テーブル接頭語

自動的に入力されています。そのままでかまいません。

SALT

自動的に入力されています。そのままでかまいません。

データベースへ持続的接続

『いいえ』を選択します。

XOOPS Cubeへのパス

自動的に入力されています。そのままでかまいません。

XOOPS_TRUST_PATH へのパス

アップロード時に名前を変更したフォルダのフルパスを入力します。
フルパスは『XOOPS Cubeへのパス』の文字列をコピー&ペーストし、その後ろに『/フォルダ名』を付け加えてください。

XOOPS CubeへのURL

自動的に入力されています。そのままでかまいません。

入力後『→』ボタンをクリックします。

サイト管理者情報の入力
さらにウィザードに従い進めると、サイト管理者情報の入力画面が表示されます。
サイト管理者情報の入力

管理者ユーザ名

任意の文字列を入力してください。

管理者メールアドレス

お客様のメールアドレスを入力します。

管理者パスワード

任意のパスワードを入力します。

タイムゾーン

『(GMT+9:00)東京、ソウル、パラオ、平壌』を選択します。


インストール第1ステップ完了
ウィザードに従い進めて問題がなければ第1ステップのインストール完了画面が表示されます。引き続き第2ステップに進みます。
インストール第1ステップ完了

管理者ページへログイン
先ほど作成した『管理者ユーザ名』『管理者パスワード』でログインします。
管理者ページへログイン

必要なモジュールをインストール
『インストール』ボタンをクリックします。
必要なモジュールをインストール
インストールされると完了画面が表示されます。
必要なモジュールをインストール

インストール用ファイル削除
最後に『install』フォルダを削除します。
インストール用ファイル削除

設定ファイルのパーミッション変更
『mainfile.php』のパーミッションを『400』に変更します。
設定ファイルのパーミッション変更
インストールしたURL(http://○○○.lolipop.jp/xoops/)にアクセスし正常に動作するか確認します。
インストール
以上で『XOOPS』の設置完了です。

マニュアルのトップへ