Mac FireFTPの設定

FireFTPのFTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)設定方法をご説明します。

FTPESを利用すると、通信が暗号化された状態で行われ、データの送受信がより安全に行われます。ぜひご活用ください。

FireFTPはFireFoxアドオン紹介にてダウンロードできます。

FireFTPの初期設定

FireFTPの起動
Firefoxを起動します。
FireFTPの起動
メニューの『ツール』から『Web 開発』の『FireFTP』を選択します。
FireFTPアドオンの設定が必要です。
FireFTPの起動
新規アカウントの作成
『アカウントの作成...』をクリックします。
新規アカウントの作成
お客様のアカウント情報を入力します。
新規アカウントの作成
お客様の『FTPSサーバー』、『FTP・WebDAVアカウント』、『FTP・WebDAVパスワード』は、ユーザー専用ページの『アカウント情報/パスワード変更』に記載されています。
表示名
設定名を入力します(お好みのものでかまいません)。
ホスト
お客様の『FTPSサーバー』名を入力します。
ユーザー名
お客様の『FTP・WebDAVアカウント』名を入力します。
パスワード
お客様の『FTP・WebDAVパスワード』を入力します。
入力後、『接続』をクリックします。
引き続き下記のように入力します。
新規アカウントの作成
セキュリティ
『Auth TLS(Best)』を選択します。
ポート
『21』を入力します。
入力の後、『OK』をクリックします。

FTPES接続

サーバーへの接続
プルダウンメニューにて、設定したアカウントを選択し『接続』をクリックします。
サーバーへの接続
接続に成功すると、右枠にサーバー内のファイルが一覧表示されます。
サーバーへの接続
接続に失敗する場合はこちらをご覧ください。

ファイルの操作

ファイルのアップロード
左枠から転送したいファイルを選択し『→』をクリックすると、アップロードできます。
ファイルのアップロード
ファイルのその他の操作
対象ファイルを右クリックすると各々の操作ができます。
ファイルのその他の操作
ダウンロード
ファイルをダウンロードします。
削除
ファイルを削除します。
プロパティ
パーミッションの変更ができます。

各種FTPソフトの設定方法へ


マニュアルのトップへ