WordPress ワードプレス の使い方・アクセス解析・Webサイト分析の開始方法

サイトやブログを作った後の分析もWordPressなら簡単です。 ロリポップ!の簡単インストールに同封される、ヒートマップ付アクセス解析プラグイン『Ptengine』を使えば、面倒なタグ設置作業をせずに解析することができます。『Ptengine』はパソコンをはじめスマホやタブレット等、様々なデバイスからのサイトアクセスを解析できるアナリティクスツールです。ユーザーが何に興味をもっているのかを分析できるヒートマップ機能や、現在のサイトの状況を確認できるリアルタイム機能などを備え、サイト改善に必要な分析を行うことができます。 導入のための操作についてご説明いたします。


Ptengineのセッティングを行い分析できる環境を作る

インストール済みプラグイン一覧画面へ
ダッシュボードの『プラグイン』の『インストール済みプラグイン』をクリックします。
Ptengineのセッティング

Ptengineを有効化
一覧の中にある『Ptengine』の『有効化』をクリックします。
一覧に『Ptengine』がない場合は、こちらからプラグインのデータをダウンロードし、ダッシュボードの『プラグイン』の『新規追加』でプラグインを追加した後に有効化してください。
Ptengineのセッティング

Ptengineのセッティング画面へ
Ptengineのプラグインを有効化するとダッシュボードに『Ptengine』の項目が表示されます。『Ptengine』の中の『Setting』をクリックします。
Ptengineのセッティング

Ptengineに無料登録
Ptengineの機能を利用するため、Ptengineアカウントを作成します。アカウントとして登録したいメールアドレスとお好みのパスワードを入力し『無料登録』をクリックします。
すでにPtengineのアカウントをお持ちの方は『既にPtengineをご利用の方はこちらへ』からお進みください。
Ptengineのセッティング

プロファイルを作成
登録したメールアドレスと、解析するサイトのURLが表示されます。『プロファイル名』にサイト名などお好みの名前を入力し、『保存』をクリックします。
プロファイル名は、デフォルトでサイトのURLが入力してあります。
Ptengineのセッティング

追加ボーナスの有無の設定
『バッジ』をサイトにつけるかつけないかを選択します。バッジをつけると、計測可能PV数(アクセス数)の上限値にボーナスが付与され、月間25,000PVから月間35,000PVへアップします。
選択したら『今すぐ利用開始』をクリックします。
Ptengineのセッティング

設定完了
『WordPress版を使う』をクリックし、完了です。
Ptengineのセッティング
ここまでの作業が完了した後にアクセス数などのデータが取得され始めますので、それ以前のデータを解析することはできません。

『Ptengine』では様々な分析を行うことができます。詳しい使い方は、配布元のサポートサイトをご確認ください。


WordPress ワードプレス の使い方トップへ

マニュアルのトップへ