Smartyの設置

Smartyの設置方法についてご説明します。

SmartyはPHPのテンプレートエンジンです。コンテンツとロジックを分けて管理することができるため、プログラマーとWebデザイナーの作業を分割して行うことができます。

PHPの設定

PHP設定画面の表示
はじめに、PHPのsafe_modeの設定をします。
ユーザー専用ページの『PHP設定』を開きます。
ログインできない場合は、よくある質問をご覧ください。

PHPのsafe_modeの設定
『設定変更へ』をクリックします。
PHPのsafe_modeの設定
『safe_mode』を『Off』にします。
PHPのsafe_modeの設定
php5.3での設定です。php5.4をご利用の場合はこの設定は不要です。

Smartyクラスの読み込み
Smartyクラスを読み込みたいPHPファイルに、下の記述を入力します。
  1. /* Smarty クラスを読み込む場合は下記のように表記します */
  2. require_once("Smarty/Smarty.class.php");

Smartyの設置

サンプルコードのダウンロード
サンプルコードをダウンロード(smarty.zip-1.16KB)します。

サンプルコードのアップロード、パーミッションの変更
ダウンロードしたzipファイルを解凍し、『Smarty.php』、『templates』、『template_c』をwebフォルダにアップロードします。
サンプルコードのアップロード、パーミッションの変更
アップロードの後、各々のパーミッション(属性)を変更します。

Smarty.php

パーミッションを『644』に変更

templates

パーミッションを『755』に変更

template_c

パーミッションを『755』に変更


設置完了、確認
http://お客様のドメイン/Smarty.phpにアクセスし、『Hello World!』と表示されると設置完了です。
設置完了、確認

マニュアルのトップへ